このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】スクランブルエッグのカロリーと栄養素|栄養図鑑

【管理栄養士監修】スクランブルエッグのカロリーと栄養素|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささき ともみ)

2020年1月27日

この記事では、朝食の定番たまご料理であるスクランブルエッグのカロリーや栄養について解説していく。体重が気になり始めた人や、糖質制限が必要な人はチェックしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スクランブルエッグのカロリーは?

目安として、下記の食材でスクランブルエッグ1人分を作るとする。

スクランブルエッグ1人分の材料

・卵1個
・牛乳大さじ3/4
・有塩バター大さじ1/2
・塩1g

この場合、カロリーは大まかに125kcalとなる。食材の量を守れば、スクランブルエッグのカロリーは高くないといえる。注意すべきはバターの量だ。美味しく作ろうとすればするほどバターの量が多くなりやすく、それに伴ってカロリーも増える。慣れないうちは、はかりなどを使って適量を量るようにしよう。また、スクランブルエッグと組み合わせる食材にも注意したい。サラダなどの軽い料理に合わせるのがおすすめだ。

2. スクランブルエッグの栄養は?

上記の食材から作ったスクランブルエッグ1人分について、おおまかな栄養成分を見ていこう。

スクランブルエッグ1人分の栄養素

・たんぱく質:6.5g
・脂質:10.3g
・炭水化物:0.3g
・食物繊維:0.0g
・カリウム:73mg
・カルシウム:30mg
・鉄:0.9mg
・食塩相当量:1.3g

スクランブルエッグは主に卵と牛乳を使っているため、それらに由来する栄養も含まれるのが嬉しい。たんぱく質やカルシウム、鉄分など、栄養が多めだ。スクランブルエッグ自体は副菜に分類できそうだが、それにしては栄養が豊富なのが嬉しい。ただし、バターに由来する脂質も多めだ。気になる人は注意したい。また、食塩相当量も低くはない。味付けによってはさらに増える可能性もある。栄養豊富ならたくさん食べたいと思うかもしれないが、その場合は味付けを薄くするなど、塩分過多にならないようひと工夫したい。

3. スクランブルエッグの糖質は?

上記の食材から作ったスクランブルエッグ1人分についての糖質量は約0.3gだ。実質無視できる値だといってよい。スクランブルエッグはパンなどの主食に合わせても、糖質をほとんど増やさずに済むのが嬉しいところだ。副菜が足りない場合などにも、手軽に加えられる一品だといえる。

4. スクランブルエッグをカロリーオフする食べ方とは?

スクランブルエッグの食材の中で、高カロリーなのはバターだ。大さじ1/2の場合、約45kcalのカロリーを含む。

カロリーオフするならバターの量を減らす

ほかにも卵や牛乳のカロリーも無視できないが、メインの食材であるためなかなか減らしにくい。したがって、バターを減らしてカロリーオフを狙うのが妥当だといえる。とはいえ、バターを減らすとスクランブルエッグが美味しく仕上がりにくい。

電子レンジで作る方法もおすすめ

そこでおすすめなのは、スクランブルエッグを電子レンジで作る方法だ。卵と牛乳を混ぜて味を付け、少しずつ電子レンジで加熱すれば、スクランブルエッグをふんわりと仕上げられる。バターを入れるほうが食感や香りがよいのだが、多少減らしても構わない。少なくとも炒めて作るよりは、失敗が少ないだろう。バターを減らすと美味しさとのトレードオフになってしまうが、それでもカロリーオフをしたいという人は試してみる価値がある。

結論

スクランブルエッグは、それ自体のカロリーも糖質も高くはない。しかし、組み合わせる食材や調味料で大きく変わるため、サラダなどの軽めの料理と合わせるのがおすすめだ。特にバターの量がカロリーを左右するため、カロリーオフするなら、入れるバターの量を減らし、電子レンジで作ってみると良いだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ