このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ホールケーキ】のサイズは4号から!ケーキの号数と人数を紹介

【ホールケーキ】のサイズは4号から!ケーキの号数と人数を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年2月14日

誕生日やクリスマスには食べることも多いホールケーキ。ショーケースに並んでいるのを見て何号サイズか分かる人はいるだろうか。この記事では、意外と知らないホールケーキのサイズと人数の関係を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ケーキの号数

誕生日やクリスマスのスイーツといえば丸い型のホールケーキだナイフを入れて好きな大きさにカットできるのはホールケーキならではの醍醐味だろう。

ケーキの号数は4号から

最も小さいホールケーキの号数は、直径12cmの4号だ。大きいサイズでは直径30cm以上のケーキ型もあるようだ。直径12cmの4号というと小さいイメージを抱く人もいるだろうが、あくまでもケーキの土台になるスポンジの大きさだ。スポンジのまわりにクリームをたっぷり塗ったり、上にフルーツをトッピングしたり、マカロンをのせるケーキもあるので、4号サイズといえども意外とボリュームが出るようだ。

ケーキの型の種類

ちなみにケーキ型の材質はテフロン製やステンレス製があり、液状の生地がもれないよう1枚板から作るタイプもあるが、底が抜けて板が外せるほうが取り出しやすい。ケーキの型はほかにもカップケーキやプリンに使用するプリン型や、火が均一に通るよう底が深く中央部分に丸い穴があるシフォン型、マフィン型、タルト型などがあり、好みやシチュエーションで使い分けるのがおすすめだ。

2. おすすめのケーキの号数と4号を食べるのに最適な人数

カップルでケーキを食べるときや家族、友人などある程度の人数で食べるとき、何号サイズを選べばよいか悩むこともあるだろう。4~5人で食べるのに4号サイズのケーキでは足りないことも十分考えられる。ケーキの号数ごとに最適な人数について解説しよう。

4号サイズは2名~4名

一番小さいサイズの4号は、2~4名が最適だといわれている。カップルや少人数で食べるのにおすすめだ。

5号サイズは4名~6名

次のサイズの5号は、4~6名がベストで家族で食べるのにピッタリ。

6号サイズ以上

6号サイズのケーキは6~8名、7号サイズは8~10名、8号サイズは10~12名、9号は12~14名、10号は14~16名で食べるのに向いている。ただしケーキによっては販売されている状態からデコレーションできるタイプもあるので、ボリュームが増す可能性がある。おすすめの人数はあくまで参考程度に考えてもらいたい。

3. 一般的なケーキの号数は何cm?

先述したようにホールケーキの型は直径12cmの4号からある。

1号ごとに直径3センチ大きくなる

一般的なケーキ型は1号ごとに直径3cmごと区切られており、4号の次は直径15cmの5号、次は直径18cmの6号、次は直径21cmの7号、次は直径24cmの8号、次は直径27cmの9号、次は直径30cmの10号と、さまざまなサイズがある。

ホテルでは直径46センチのケーキも

ほかにも大手ホテルでは最大で46cmのサイズもあるという。4号サイズと比べると実に4倍近い大きさのケーキだ。ホテルなのでパーティーや結婚式用に作られているのかもしれない。ホールケーキを店頭で販売している店も多いが、店舗によっては一部の商品の取扱いがない日もあるようだ。ホールケーキを食べる際は前もって店舗に確認し、予約を入れておいたほうが確実に食べたいものを購入できるだろう。

結論

ホールケーキの型は4号から始まり、直径が3センチ大きくなるごとに号数が増えることを紹介した。ホールケーキを頻繁に買って食べる人は少ないだろうが、購入するときには、食べる人数に合わせて号数を選ぶようにしよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ