このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かつおのたたきに合うタレを紹介!定番から変わり種まで合計10種類!

かつおのたたきに合うタレを紹介!定番から変わり種まで合計10種類!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年1月28日

一般的に酢醤油(ポン酢醤油)をかけて食べることが多いかつおのたたき。しかし、酢醤油だけでなくほかの味付けでもかつおのたたきは美味しく食べられる。そこで今回は本場土佐(高知県)でよく使われている伝統的なタレをはじめ、かつおのたたきに合うタレを合計で10種類紹介する。

  

1. 本場土佐のかつおのたたきのタレは?

かつおのたたきのタレは高知県内でも地域によって異なり、家庭やお店によって違った味付けになることは珍しくない(※1)。例えば、県西部では醤油、中央部では二杯酢、県東部ではゆずで作ったゆの酢で食べられることが多く、他にも三杯酢で食べるなどこともあり特に決まりはないそうだ。また、新鮮なかつおが揚がった際には「塩たたき」と呼ばれる粗塩のみで味わうこともあるという。

2. かつおのたたきに合う定番のタレ2選

かつおのたたきのタレといえば、醤油とお酢で作る「酢醤油」や醤油と砂糖で作る「甘辛タレ(土佐定番のタレ」」の二つがある。まずは王道であるこれら二つのタレについて確認しよう。

その1.酢醤油

かつおのたたきには酢醤油がよく合う。醤油とお酢を合わせるだけのシンプルなタレだが、カツオの味を引き締めて美味しく食べられる。市販のポン酢醤油を使っても美味しいが、自宅にあるお酢と醤油を2:3程度の割合で合わせても作ることが可能。レモン汁を数滴入れるとさらに美味しくなる。

その2.土佐定番のタレ

かつおのたたきのタレに関する決まりは特にないが、高知県内の販売店や高知県出身の元漁師が伝えるタレのレシピには共通点がある。それはタレに醤油・酢・砂糖が使われているということ。醬油ベースで酸味と甘みを感じられるさっぱりとしたタレが、かつおのたたきと絶妙にマッチするのだ。

3. かつおのたたきに合うサッパリ系のタレ3選

かつおのたたきは定番の酢醤油や本場土佐のタレで食べれば間違いないが、味付けにこだわりたいなら材料や配合を変えてみるのもおすすめ。以下ではサッパリ系のたれを三種類紹介する。

その3.ドレッシング風のタレ

ドレッシング風のタレを作れば、かつおのたたきをシーフードサラダのように食べられる。タレの作り方は醤油・お酢・サラダ油・塩・コショウをベースに、かぼす・すだちなどの搾り汁を加えるというもの。これだけでさっぱりとしたサラダ風のかつおのたたきが出来上がる。

その4.梅酢タレ

梅干しを使ったタレで、ポン酢醤油とはひと味違った酸味を楽しむのもよい。だし汁と片栗粉を煮てとろみがついたものに、ペースト状にした梅干し・甘酢・酒・醤油を加えて混ぜれば完成。梅干しの塩気・酸味・香りが加わることで、かつおのたたきのコクが深くなりいっそう美味しくなる。

その5.麺つゆタレ

簡単に美味しいタレを作りたいなら麺つゆを使うのがおすすめだ。麺つゆには醤油や出汁が使われているため、かつおのたたきとの相性も非常にいい。ただし、やや甘みが強いため、みょうがの千切りなどの薬味をたっぷりと添えるのがポイント。これであっさりと食べることができる。

4. かつおのたたきに合う薬味タレ2選

かつおのたたきには薬味を使ったタレとの相性もよい。薬味には大葉・ゴマ・ニラ・ミョウガなどを使っても美味しいが、ここでは「ネギ塩ダレ」と「おろしポン酢タレ」の二つを紹介する。

その6.ネギ塩ダレ

通常の醤油ベースのタレではなく、ネギとゴマ油で作るネギ塩ダレはかつおのたたきとの相性が非常にいい。作り方は塩・ゴマ油・だし汁を混ぜ合わせてから、みじん切りにした長ネギとすりおろしたニンニクを合わせるだけ。ネギやゴマの香りがいいため、かつおのたたきがより一層美味しくなる。

その7.おろしポン酢タレ

かつおのたたきは、たっぷりの大根おろしで食べても美味しい。タレは大根おろしとポン酢醤油を合わせるだけで作ることができ、大根のみずみずしさとさっぱり感が楽しめる味となっている。お好みでポン酢を柚子ポン酢に変えたり、薬味に生姜や万能ネギなどを加えたりしても美味しくなる。

5. いつもと違うかつおのたたき!変わりタレ3選

かつおのたたきは酸味のきいたサッパリ系のタレで食べることが多いが、ガラッと味付けを変えてみる方法もある。いつもと違うかつおのたたきを楽しみたい人に向けて変わりタレを三つ紹介する。

その8.韓国風タレ

かつおのたたきをピリ辛だれで楽しみたいなら、韓国料理に代表されるキムチを使ったタレがおすすめ。みじん切りにしたキムチ・ごま油・にんにくなどを、醤油や砂糖と混ぜ合わせれば完成。かつおのたたきをタレに漬け込めば、味がしみ込んでごはんが進むこと間違いなしだ。

その9.カルパッチョソース(洋風タレ)

洋風タレはいくつかあるが、その中でもカルパッチョソースとの相性はいい。カルパッチョソースはオリーブオイル・レモン汁・塩・コショウなどを合わせれば簡単に作ることができる。ご飯のおかずやお酒のおつまみとしてもよく合うので、覚えておくと便利なタレである。

その10.マヨネーズタレ

ポン酢醤油とマヨネーズを混ぜ合わせただけの簡単なタレだが、マヨネーズを使うことで濃厚さが増してかつおのたたきが一層美味しくなる。水菜やオニオンスライスをたっぷり使うなど、野菜と一緒に食べるのがおすすめ。サラダ感覚で美味しく食べることもできる。

結論

かつおのたたきは、タレを変えるだけでまったく違った味を楽しむことができる。定番の酢醤油や本場土佐のタレももちろん美味しいが、たまにはいつもと違うタレを試してみてみるのもいいかもしれない。また、ここで紹介したもののほかにも、自分で好みの味を追求してみるのもよいだろう。
【参考文献】
この記事もcheck!
  • 公開日:

    2020年2月 1日

  • 更新日:

    2021年1月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧