このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【かつおのたたき】に合うタレ6選。定番から変わり種まで

【かつおのたたき】に合うタレ6選。定番から変わり種まで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年2月 1日

かつおのたたきにはポン酢や酸味のあるタレをかけて食べるというのが一般的である。しかし、ポン酢だけでなくほかの味付けでもかつおのたたきは美味しく食べられるのだ。そこで今回は、かつおのたたきに合うさまざまなタレを紹介する。好みの味をぜひ見つけてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 本場土佐のかつおのたたきのタレ

かつおのたたきのふるさとである高知県(土佐)ではどのようなタレが使われているのだろうか。まずは本場のタレについておさえておこう。

高知県内でもさまざまなタレがある

かつおのたたきのタレは高知県内でも地域によって異なり、家庭や店によっても違った味わいになることは珍しくない。県西部ではしょうゆ、中央部では二杯酢、東部ではゆずで作ったゆの酢で食べられることが多いが、ほかにも三杯酢で食べるなどさまざまで、とくに決まりはないようだ。また、より新鮮なかつおが揚がった際には、塩たたきと呼ばれる粗塩のみで味わう食べ方もできる。

土佐のタレの定番はしょうゆ+酢+砂糖

タレに関してはとくに決まりはないといわれるが、高知県内の販売店や高知県出身の元漁師が伝えるタレのレシピには共通点がある。それは、タレの材料にしょうゆ、酢、砂糖が使われているということ。さらに昆布出汁やゆず、かぼすなどの柑橘類が加えられていることがほとんどだ。醬油ベースで酸味と甘みを感じられるさっぱりとしたタレが、かつおのたたきにマッチするのである。

2. かつおのたたきに合うさっぱり系のタレ

本場土佐のタレでかつおのたたきを食べれば間違いないのだが、ちょっと違った味を楽しみたいというときには、材料の配合を好みで変えたり違ったものを入れたりするとよい。土佐の定番タレとは異なるさっぱり系のタレもおさえておこう。

手作りドレッシングでサラダ風に

薬味以外の野菜もたっぷり食べられる、サラダ風のかつおのたたきに合うタレとして、簡単にドレッシングを作ろう。ポン酢とサラダ油、塩コショウをベースにかぼすやすだちなどの搾り汁を加える。かつおのたたきをよりさっぱりと食べられるはずだ。

さわやか!梅酢タレ

梅干しを使ったタレで、ポン酢とはひと味違った酸味を楽しもう。出汁と片栗粉を煮てとろみがついたものに、ペースト状にした梅干しと甘酢、酒、しょうゆを混ぜたものを加えて混ぜれば完成だ。

簡単!めんつゆタレ

タレを作るのが面倒だという人におすすめなのが、めんつゆをタレとして使う方法。めんつゆにはしょうゆや出汁が含まれるため、かつおのたたきとの相性もよく美味しく食べられるのだ。ただ、甘みが強いためさっぱりとした薬味をたっぷりと添えるのがポイント。みょうがの千切りがとくにおすすめである。

3. いつもと違うかつおのたたき!変わりタレ

かつおのたたきはさっぱりと酸味のきいたタレで食べることが多いが、ガラッと味を変えてみるのもおすすめだ。いつもと違うかつおのたたきを楽しみたい人におすすめの変わりタレを紹介しよう。

韓国風タレ

みじん切りにしたキムチとごま油、にんにくなどをしょうゆや砂糖と混ぜ合わせれば、ピリ辛の韓国風タレができる。タレにかつおのたたきを漬け込めば味がしみ込んでごはんが進むこと間違いなしだ。

洋風タレ

にんにくスライスをカリッと焼き、そこにしょうゆ、酒、マスタードを加えて煮詰めた洋風タレなら、かつおのたたきがいつもと違う料理に。一般的なかつおのたたきが苦手でもこのタレなら食べやすいという人も少なくない。

マヨネーズタレ

ポン酢とマヨネーズを混ぜ合わせただけの簡単なタレだが、意外とかつおのたたきに合う。水菜などたっぷりの野菜と一緒に食べるのがおすすめだ。

結論

かつおのたたきは、タレを変えるだけでまったく違った味を楽しめる。本場のタレももちろん美味しいが、たまにはいつもと違うタレを試してみてはいかがだろう。ここで紹介したもののほかにも、自分で好みの味を追求してみるのも面白そうだ。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >