このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】ラスクのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】ラスクのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年2月 5日

軽い食感で手軽に食べられる「ラスク」は、年齢を問わず人気のおやつだ。有名店の人気ラスクには連日行列が並ぶほど。この記事では広く愛されるラスクのカロリーや糖質について紹介する。カロリーや糖質制限をしている人は参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フランスパンで作ったラスクのカロリーは?

ラスクは市販品も数多く販売されており、その材料やレシピもさまざまだ。一般的には輪切りにしたフランスパンで作られているものが多いため、今回はそれを前提にカロリーを紹介する。

ラスク1枚10gあたりのカロリー

パンの厚さなどによってもカロリーは変わるが、1枚あたり10gの場合のカロリーは約40kcal。1枚だけ食べるということは恐らく少ないため、5枚くらいを食べたと仮定すると約200kcalだ。軽く食べられてしまうわりにカロリーが高いことがわかる。

ラスクが高カロリーな理由

フランスパンはもともとバターをしっかり練り込んであり、パンの中でも比較的高カロリーである。さらに砂糖などを使って作れば必然的にカロリーは高くなるだろう。食パンの耳で作ったラスクや小さくカットされたラスクもあり、こうしたタイプであればカロリーを抑えられる。

2. ラスクの糖質

ラスクに含まれる糖質は、1枚を15gとした場合約8g。こちらもかなり高い数値だといえる。そもそもパンの糖質が高いうえに砂糖を塗って作るので、糖質が高くなるのもうなづける。

糖質は高いが手作りすると調節できる

ダイエットや糖質制限をしている人には不向きだが、軽く食べられてお腹が重くならず、しっかり糖質を摂取できるので、マラソンなどスポーツ前にエネルギー補給が必要な人などには適しているかもしれない。ラスクは余った食パンを使って自宅で手作りすることもできるため、その場合には好みに応じて砂糖の量を調節しよう。

3. ラスクの栄養

ちなみにラスクには、あくまで微量ではあるが、ビタミンAを始めとする各種ビタミン群や、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルといった栄養素が幅広く含まれている。中でも、比較的含有量が多いのは、セレンやモリブデンといったミネラルだ。

結論

ラスクはカロリーも糖質も高い。ラスクをヘルシーに食べたい場合は、カロリーの低いパンを使ったり、砂糖を控えめにして手作りするとよい。多くのレシピが公開されているうえに比較的簡単に作れるので、手作りおやつに興味がある人はぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ