このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フレンチトーストの保存方法!冷凍と解凍のやり方も詳しく解説!

フレンチトーストの保存方法!冷凍と解凍のやり方も詳しく解説!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年1月25日

牛乳と卵の優しい甘みが美味しい「フレンチトースト」。そんな手軽に作れて美味しいフレンチトーストだが、作り過ぎてしまった場合にはどのように保存すればいいのだろうか。今回は、フレンチトーストの正しい保存方法を詳しく解説する。冷蔵保存と冷凍保存の正しいやり方を確認しよう。

  

1. フレンチトーストの保存方法の基礎知識

フレンチトーストの保存方法
一般的に、フレンチトーストには牛乳や卵が使われているため、傷みやすいといわれている。特に加熱調理する前のフレンチトーストは劣化しやすいので、夜の間に下漬けしておいた場合は翌朝には焼いて食べるようにしよう。また、フレンチトーストの常温保存はNGだ。常温下だと細菌が活発に活動してしまうため劣化が早くなってしまう。必ず冷蔵庫か、冷凍庫で正しく保存しよう。

2. フレンチトーストの冷蔵保存のやり方

フレンチトーストの保存方法
作ったフレンチトーストは日持ちしないため、冷蔵保存している場合でもなるべく翌日までには食べ切るようにしよう。すぐに食べる場合なら食品用ラップをかけるだけでも問題ないが、保存性を高めるなら1枚ずつ食品用ラップで包むのがおすすめだ。以下では包んで保存する方法を説明する。

冷蔵保存のやり方・手順

1.作ったフレンチトースト粗熱を十分取っておく
2.フレンチトーストを1枚ずつ食品用ラップで包む
3.重ならないよう注意しながら保存袋に入れる
4.保存袋に入れたまま冷蔵庫に置いて保存する

3. フレンチトーストの冷凍保存のやり方

フレンチトーストの保存方法
フレンチトーストは冷蔵保存するのが一般的だが、冷凍保存することも可能となっている。冷凍保存の場合は、2週間~1か月程度は美味しく保管できる。また、フレンチトーストの冷凍保存は、加熱前と加熱後の両方に対応している。ここでは、それぞれの冷凍保存のやり方を確認しておこう。

【加熱前】冷凍保存のやり方・手順

1.牛乳・卵・砂糖を混ぜ合わせて卵液を作る
2.保存袋にカットした食パンと卵液を入れる
3.保存袋の空気を抜きながらしっかりと封をする
4.トレーに置いた状態で冷凍庫に入れて保管する

【加熱後】冷凍保存のやり方・手順

1.作ったフレンチトースト粗熱を十分取っておく
2.フレンチトーストを1枚ずつ食品用ラップで包む
3.重ならないよう注意しながら保存袋に入れる
4.トレーに置いた状態で冷凍庫に入れて保管する

4. 冷凍フレンチトーストの正しい解凍方法

フレンチトーストの保存方法
冷凍したフレンチトーストの解凍方法・調理方法は、加熱前と加熱後で異なる。そこで、それぞれの正しい解凍方法・調理方法を確認しておこう。なお、解凍したフレンチトーストの再冷凍はNGなので、食べ切れる量を解凍するようにしよう。

【加熱前】そのまま蒸し焼きにする

加熱前のフレンチトーストは、油を引いたフライパンでそのまま焼くのがおすすめ。フライパンのフタをして、弱火で蒸し焼きにすることでふっくらとした仕上がりになる。なお、冷凍したフレンチトーストは加熱時間が長く焦げやすいため、ときどき菜箸などで持ち上げて下面の焼け具合を確認するとよい。

【加熱後】電子レンジで加熱する

加熱後のフレンチトーストは、耐熱容器に乗せて電子レンジで加熱するのがおすすめ。温めるときには食品用ラップをフワリとかけて、それから電子レンジ(500W)で3~4分程度加熱しよう。なお、加熱時間は目安のため、食べる量や電子レンジのワット数などに合わせて調整するのがポイントだ。

5. フレンチトーストの保存に関するよくある質問

フレンチトーストの保存方法
ここまでフレンチトーストの保存方法について詳しく解説してきた。しかし中には「フルーツはどう保存したらいいのか」「フレンチトーストが傷んだときの見分け方とは」などが気になる人もいるだろう。そこで最後に、フレンチトーストの保存方法に関するよくある質問・疑問に回答する。

Q1.フルーツなどはどう保存したらいい?

フレンチトーストを盛り付けるときには、フルーツやホイップクリームなどをトッピングすることも多い。しかし、これらのトッピングからは水分が出てしまうので別々に保存するのがおすすめだ。フルーツはキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れた状態で冷蔵保存しよう。また、ホイップクリームは、乾燥しないよう密閉容器などに移してから冷蔵保存するとよい。

Q2.傷んだフレンチトーストの見分け方は?

正しく保存していても、時間が経つとフレンチトーストは傷んでしまう。フレンチトーストが傷んだサインには「腐敗臭がする」「ドロドロしている」「カビが生えている」「酸っぱい味がする」などがあるため、これらの異変・異臭がある場合には無理して食べずに捨てるのが大切だ。特に、フレンチトーストは傷みやすいため、食べるときにはよく確認しよう。

Q3.冷凍食パンでフレンチトーストは作れる?

フレンチトーストは、冷凍食パンを使って作ることも可能だ。冷凍食パンで作る場合は、凍った食パンを適当な大きさに切る。それからボウルなどに卵液を作り、そこに食パンを入れて十分浸す。その後、油を引いたフライパンで両面を焦げ目が付くくらいまで焼いたら完成だ。冷凍食パンを使うと卵液が染み込みやすいため、手軽に美味しいフレンチトーストを作ることができる。

結論

フレンチトーストには傷みやすい食材が使われているため、保存するときは常温下ではなく、冷蔵庫や冷凍庫に入れるようにしよう。また、冷凍保存の場合は加熱前と加熱後の両方で対応できる。しっかりと下味をつけたいなら卵液と一緒に冷凍し、大量に保存したいなら焼いてからまとめて冷凍するとよい。保存期間や目的に合わせて上手に保存方法を使い分けるようにしよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2019年5月21日

  • 更新日:

    2022年1月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧