このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フレンチトーストが余った!美味しさをキープする保存方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月21日

朝食に焼いたフレンチトーストが余ったときは、どのようにしているだろうか?冷蔵保存して翌日に食べるのもよいが、連日では飽きて困るという場合、フレンチトーストは冷凍保存できるのか?冷凍した場合、美味しく食べられる解凍方法は?それぞれについてお伝えしていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フレンチトーストの正しい保存方法は?

フレンチトーストは常温保存には向かない

牛乳と卵の液に浸して作るフレンチトーストは、傷みやすい食べ物だ。フレンチトーストの材料である卵と牛乳は、常温で放置すれば腐りやすい食材であり、火を通した状態でも傷みやすいことに変わりはない。したがって、焼いて加熱した後でも、余った分はすぐに冷蔵庫に入れて保存しよう。粗熱が取れたら、冷蔵または冷凍保存と覚えておけば良いだろう。

フレンチトーストは重ねずに保存しよう

注意したいことは、写真のようにたくさんの枚数を重ねて冷蔵保存するのは避けるべきだということだ。すぐに食べる分には良いのだが、時間がたつと上の方のフレンチトーストの重みで下の方が潰れてしまうからである。こうなると見た目が悪くなるだけでなく、空気が抜けた分、ふわふわした食感も損なわれてしまう。

2. フレンチトーストの冷蔵保存

フレンチトーストを冷蔵保存する場合、どんな方法が一番、美味しさを保てるのだろうか?

保存は「皿にのせてラップ」でOK?

すぐ食べられるという点から考えれば、この方法も良いが、より保存性を高めようとするなら、フレンチトーストを1切れずつラップで包み、さらにフリーザーバッグに入れて空気を抜く方法の方が優れている。ケースバイケースで使い分けると良いだろう。

冷蔵保存期間の目安は?

「皿にラップ」で保存したなら、翌日には食べきるように心がけたい。ラップで包んでフリーザーバッグで保存した場合でも、翌々日と考えておく方が安全だ。夏場で、かつ冷蔵庫を開閉する頻度の高い家庭であれば、冷蔵庫の過信は禁物である。

フルーツは別に保存しよう

フルーツからは水分が出るので、フルーツをトッピングしたフレンチトーストを冷蔵保存する場合は、必ず別々に保存しよう。フルーツはキッチンペーパーで優しく包み、ポリ袋に入れた状態で冷蔵保存すると良い。

3. フレンチトーストは冷凍保存が向く?

冷凍するなら焼いてから

フレンチトーストは、焼く前の卵液に浸した状態でも冷凍保存はできる。だが、焼いてから冷凍する方が、冷凍するときも解凍するときも扱いやすいので、おすすめだ。焼く前の状態で冷凍保存したものは、解凍すると水分が出るので、焼くときに焦げつきやすい。焼くのに苦労するなら冷凍する前に焼いておく方が簡単だし、解凍後、すぐ食べられるので便利だ。

フレンチトーストの冷凍保存方法

冷凍の場合も冷蔵と同じく、1切れずつラップで包み、フリーザーバッグに入れて保存するのがベストだ。冷凍庫に備え付けられている金属トレーなどを使って、可能な限り急速冷凍すると良いだろう。

ラスク風に硬めに焼いて保存

フレンチトーストを焼いて冷凍するのにおすすめなのが、あらかじめ水分の少ないラスク風に焼いておく方法である。こうすれば、解凍するときに出る水分も少ないので、温めるときに失敗する可能性も低くなる。水分が少ない分、気軽に手に取って食べやすいので、子どもが1人のときのおやつにも向いている。

4. 保存したフレンチトーストの解凍は?

まず自然解凍するのがおすすめ

冷凍保存したフレンチトーストを食べるときは、まず自然解凍するのがおすすめだ。「明日の朝食に食べたい」と思ったら、前日のうちに冷凍庫から冷蔵庫へ移しておこう。急に食べたくなった場合は、電子レンジの解凍モードを使って解凍しよう。こうして、いったん解凍したうえで、フライパンかオーブントースターを使って温め直せば、焼き立ての風味が楽しめるだろう。

電子レンジは加熱時間に気をつけよう

自然解凍の時間がなかったり、電子レンジの解凍モードを使い慣れていなかったりする場合は、電子レンジの加熱モードで温めたいと考えるだろう。その方法も可能だが、加熱のし過ぎにはくれぐれも注意しよう。卵が温まり過ぎると硬くなってまずくなるし、パン全体が硬くなって食べられなくなることもある。おおかた温まってきたら、追加の加熱は様子を見ながら数秒ごとに行うのが良いだろう。

結論

フレンチトーストは、たくさん焼いて余ったら冷凍保存も可能な食べ物だ。冷凍するときにひと手間かけて丁寧に行い、正しい方法で解凍すれば、いつでも手軽に焼き立ての風味を楽しめる。余ることを恐れず、材料のキリのいい分量でたっぷり作ろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ