このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】フランクフルトのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】フランクフルトのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年2月16日

祭りの屋台やパーキングエリア、コンビニ、フードコートなどでよく販売されているフランクフルト。手軽に食べることができ、小腹も満たしてくれる人気の軽食だ。この記事では、体重管理中やカロリー制限中の人に向けて、フランクフルトのカロリーや糖質、栄養について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フランクフルトのカロリー

フランクフルトのカロリーは、100gあたり約298kcalである。この数値だけ見ると、非常に高カロリーに見えるだろう。しかし、一般的なフランクフルトの容量は、1本あたり約60g程度である。つまり、1本あたりのカロリーは約179kcal程度なのだ。

フランクフルトは米やパンより低カロリー

お茶碗1杯程度のごはんは約235kcal、食パン2枚程度では約316kcalになるため、米やパンと比較すると、フランクフルトは低カロリーなのである。

代表的なホットスナックとのカロリー比較

ちなみに、フランクフルトと一緒によく販売されているホットスナックのカロリーは以下の通りである。
  • 唐揚げ:100gあたり約290kcal
  • フライドポテト:100gあたり約237kcal
  • アメリカンドッグ:100gあたり約356kcal
上記のホットスナックの中では、フランクフルトはわりと高カロリーといえる。

2. フランクフルトに含まれる栄養素

フランクフルトにはどのような栄養素が含まれているのだろうか。

タンパク質の主な働き

フランクフルトは、肉のかたまりであるため、タンパク質が豊富に含まれている。タンパク質は筋肉を構成したり、体内のあらゆる機能を動かしたりするのに欠かせない成分である。タンパク質がないとエネルギー不足に陥ることもあるため、人体にとって非常に重要な栄養だ。とくに、筋トレに力を入れている人や、育ち盛りの子どもは、積極的に摂取すべき栄養でもあるため、かなり重要な栄養といえるだろう。

ミネラルやビタミンなども含まれる

また、腎臓の働きに欠かせないカリウムなどのミネラルや、エネルギーの代謝に使われるビタミンB1、艶のある髪や肌をキープする作用がある亜鉛といった栄養もフランクフルトの中に含まれている。タンパク質だけでなく、さまざまな重要な栄養が含まれた食べ物なのだ。

3. フランクフルトの糖質

フランクフルトの糖質は、100gあたり約3.72gだ。この数値はあらゆるホットスナックの中でも、比較的低い部類に入るといってよいだろう。以下は、代表的なホットスナックのおおよその糖質だ。

代表的なホットスナックとの糖質比較

  • 唐揚げ:100gあたり約3.42g
  • フライドポテト:100gあたり約39.55g
  • アメリカンドッグ:100gあたり約15.98g
糖質を多く含んだ皮のあるアメリカンドッグや、糖質が多いことで有名なジャガイモを原料としているフライドポテトは、糖質の数値も高い。しかし、フランクフルトや唐揚げといった肉をメインとしているホットスナックは、それらに比べれば糖質量は低めである。

4. フランクフルトをカロリーオフするおすすめの食べ方

フランクフルトをカロリーオフして食べたいと思っている人のために、ここからはおすすめの食べ方をいくつか紹介していこう。実はささいなポイントをおさえるだけで、簡単にカロリーオフすることができるので、順番に解説していく。

低カロリーの油を使って調理する

市販の低カロリーの油を使用して調理をすれば、油ひかえめのあっさりとしたフランクフルトを作ることができる。この方法はフランクフルトだけでなく、油を使う料理全般に使えるので、カロリーの摂取量を気にしている人は、ぜひ低カロリーの油を購入してみてはいかがだろうか。

豚肉ではなく魚肉ソーセージを使う

フランクフルトというと、豚肉のソーセージを使ったものをイメージする人も多いだろう。しかし、地方によっては「魚肉ソーセージを使ったフランクフルト」を食べるところもある。 豚肉は肉類の中でもカロリーが高いため、カロリーの低いあっさりとした魚肉ソーセージを使ったほうがヘルシーでおすすめだ。もし「魚肉ソーセージでは物足りない」「肉を使ったフランクフルトが食べたい」場合は、豚肉よりもカロリーの低い鶏肉をソーセージ代わりに使用するのもよい。大きいスーパーなどに行くと、チキンソーセージが販売されているため、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

結論

フランクフルトはホットスナックの一種であり、ジャンクフードと捉えている人も多いため、高カロリーなイメージを抱いてしまいがちだが、実はそこまで高カロリーというわけでもない。また、肉の塊であるため糖質も低めである。「小腹を満たしたいけど、高カロリーなものは避けたい」と思ったときは、フランクフルトを選択もよいだろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >