このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【大根】の煮物をレンジで作る方法とは?アレンジ方法も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年2月 4日

大根は日本人に馴染み深い野菜の1つである。煮物やサラダ、スープのみならず、おろしたものはソースにも使える。この記事では、そんな大根の煮物を作るときの時短調理法として、電子レンジで作る大根の煮物の作り方とアレンジレシピを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電子レンジを使った大根の煮物の基本の作り方

大根は独特の苦味がある野菜なので、そのまま茹でて味をつけるよりも一度下茹でをしてから調味するほうが美味しく仕上がる。また、調味料を活用することで苦味を緩和することもできる。大根特有の苦味を軽減させたいときにおすすめなのがバターだ。バターは洋食に使われることが多いが、醤油との相性もよく和食で使われることもよくある。また、そばやうどんを作るときによく使われる「めんつゆ」を使うと、難しい調味をすることなく美味しい味付けの煮物を作れるので試してみよう。

電子レンジで大根の煮物を作る方法

一番シンプルな大根の煮物は、水とめんつゆで作れる。まず、耐熱容器に輪切りにした大根と水、めんつゆを加えてラップをし、電子レンジで加熱をする。加熱が終わったら一度取り出して混ぜ、固さを見てからさらに加熱をして完了。めんつゆを使えば調味料を合わせる必要がなく味が決まる。ネギや鰹節をトッピングして食べるとより美味しく食べられるのでおすすめだ。保存する場合は、粗熱をとってから冷蔵庫に入れ、5日以内を目安にして早めに食べきろう。

2. ボリュームアップ!レンジで作る大根の煮物

大根だけでなく、ほかにも具材を加えるとボリューム感のある煮物が仕上がり満足度も高まるだろう。冷蔵庫に残っている食材があれば、いつもの大根の煮物に足してアレンジしてみよう。

鶏肉

肉を柔らかく仕上げたいときは、鶏のもも肉を一口大にして大根の煮物に加えてみよう。鶏肉は低温で煮込むと柔らかく仕上がるので、じっくりと弱火での調理がおすすめだ。また、子どもが食べるときやあんかけでトロミをつけたいときは鶏のひき肉を使うアレンジもある。大根と別にひき肉の餡を作って、別保存しておくのもよいだろう。

ぶり

ぶり大根という料理もあるとおり、ぶりは大根の煮物と相性がよい魚である。ほどよく脂が乗っているので、煮込んでもパサパサしないのだ。ぶりを大根の煮物に使用するときは、切り身であれば2〜3等分するだけでよい。鍋に大根や調味料と一緒に入れて加熱をし、強火にかけて、アクが出てきたら取り除こう。そのあと弱火でじっくりと煮込んだら、ぶり大根の完成だ。できたてはもちろん、次の日に食べても美味しい。

3. 味を変えてマンネリ防止!レンジで作る大根の煮物

醤油やみりんで作る大根の煮物に飽きてしまったときは、調味料を変えていつもと違う味付けにチャレンジしてみよう。出汁や調味料を変えれば、料理のジャンルが変わるので洋食や中華にも応用ができる。

トマト缶でラタトゥイユ風

ラタトゥイユは野菜をトマト缶で煮込んだイタリアの料理だ。ナスやブロッコリーが一般的だが、大根をプラスすると一味違ったラタトゥイユとなる。大根は水分が多い野菜なので、水を加えなくてもトマト缶との水分で煮込み料理ができる。ラタトゥイユといえば夏野菜を使うイメージがあるかもしれないが、大根を使えば寒い冬にもぴったりの煮込み料理ができるだろう。大根を使ってラタトゥイユを作るときは、いちょう切りや角切りがおすすめだ。耐熱容器に煮込みたい野菜とトマト缶、コンソメなどを加え、様子を見ながら加熱をしていこう。

鶏がら出汁で中華風に

鶏がらスープの素は、水に溶くだけで中華風のスープを作れる。塩分も含まれているので、ほかの味付けはなくてもよい。大根を耐熱容器に入れて、水と鶏がらスープを加え電子レンジで加熱する。柔らかくなった大根を器に盛ったら、青ネギをトッピングしよう。

結論

大根は安価な野菜で一年中手に入るので、使う機会も多いだろう。煮物は定番の料理だが、作るには少々時間がかかる。時間を短縮したいときは電子レンジを活用するのがおすすめだ。和風の味付けに飽きたときには具材をプラスしたり、調味料を変えてみたりといろいろな方法を試してみよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ