このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】ラングドシャのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】ラングドシャのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年2月27日

ラングドシャとはフランスのお菓子で「猫の舌」という意味がある。サクサクと独特な歯ごたえが美味しく、一度食べ始めるとつい食べ進めてしまう。この記事では、ラングドシャのカロリーや糖質などについて解説する。ダイエット中の人や糖質制限中の人は参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フランス生まれのラングドシャのカロリーは?

フランスで生まれたラングドシャは、クッキーなのに軽い口当たりがクセになる洋菓子だ。そんなラングドシャのカロリーは100gあたり388kcal、1枚あたり31kcal。ソフトビスケットのカロリーは、100gあたり522kcalなので、一般的なビスケットと比較すると、実はカロリーは控えめだ。

北海道土産の定番「白い恋人」のカロリーは?

ラングドシャのなかには、クリームなどをはさんで販売されている商品もある。北海道土産として有名な「白い恋人」もラングドシャの一種である。白い恋人の1枚あたりのカロリーは60kcalほどである。カロリーは通常のラングドシャの倍もあるが、これは間にチョコレートが挟まっているためだ。ラングドシャの作り方は提供する店により多種多様なので、シンプルなものではない場合はカロリーが高くなると思った方が良いだろう。

2. ラングドシャの主な栄養は?

つづいて、ラングドシャの栄養素について紹介する。ラングドシャは、薄力粉にグラニュー糖や無塩バター、卵白などを混ぜて作られている。

たんぱく質

ラングドシャ1枚あたりにはたんぱく質が約0.4g含まれている。身体の内臓組織や筋肉などを作るのに必要なたんぱく質は、エネルギ―源にもなる栄養素である。たんぱく質は積極的に摂取する必要があるが、過剰摂取をするとカロリー過多になる可能性があるから気を付けたい。

脂質

ラングドシャ1枚あたりには脂質が約1.7g含まれている。一見摂るべきものではないと嫌煙されがちの脂質だが、脂溶性ビタミンの吸収に欠かせない。エネルギー源や細胞膜の材料にもなる。適度な摂取を心がけるのが大事だ。

炭水化物

ラングドシャ1枚あたりには炭水化物が約3.5g含まれている。炭水化物は、身体を動かすエネルギーを生みだすために必要不可欠である。ただし、摂りすぎると肥満の原因になるおそれも。

ビタミンA

ラングドシャにはミネラルとビタミンも含まれているが、中でも目の健康を保つはたらきのある「ビタミンA」が豊富である。ラングドシャ1枚あたりにはビタミンAが約16.8μg含まれている。

3. ラングドシャの糖質

ラングドシャの主な材料である薄力粉は、糖質が高いことで知られている。ラングドシャ1枚あたりに含まれる糖質はおよそ3.5gで、100gあたりでは43.5gになる。美味しいからといってラングドシャを何枚も食べてしまうと、かなりの糖質を摂取してしまうことになるのだ。

1日の糖質摂取量

1日の適切な糖質の摂取量は、間食において10g以下だという。ラングドシャ3枚で、1日の糖質量に相当するというわけだ。ちなみに「白い恋人」の糖質は1枚あたり6.1gだ。2枚で食12.2gになってしまう。糖質を気にする人は食べる量に留意しよう。

4. ラングドシャのカロリーオフの食べ方

ラングドシャを食べることによるカロリー制限は、枚数をコントロールすることが一番だが、それ以外の方法も紹介しよう。

ヨーグルトと一緒に食べる

ラングドシャを食べる時に、低糖質なヨーグルトを添えてみてはいかがだろうか。ラングドシャだけではお腹が満たされず枚数を食べてしまうことも。しかし、ヨーグルトの付け合わせ程度で食べれば、ヨーグルトが少しお腹にたまるのでおすすめだ。

ランチの後に食べる

糖質を多く含むラングドシャだけを食べてしまうと、血糖値が急激にあがってしまう。夜寝る前ではなく、午後の活動でエネルギーを消費できるランチ後に数枚食べる程度にしよう。

緑茶を一緒に飲む

ラングドシャと一緒に無糖の紅茶やコーヒー、緑茶を飲み、お腹を膨れさせるのも方法の1つだ。とくに緑茶に含まれる「カテキン」は脂肪の吸収を抑制してくれる作用があるため、脂肪を含むお菓子に合わせるのがおすすめだ。

結論

フランス生まれの洋菓子ラングドシャについて、栄養やカロリーなどを紹介した。ラングドシャは軽めの口当たりでついたくさん食べてしまいそうになるが、カロリーは高いため、食べるときには枚数に留意するとよいだろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ