このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【吉野家】で高カロリー・低カロリーなメニューを紹介!

【吉野家】で高カロリー・低カロリーなメニューを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年2月 5日

吉野家は、はやい、うまい、安いの3拍子が揃ったメニューを多く取り揃えている。定番の牛丼のほかにも定食やカレーなどもあり、いつでも美味しいものを食べることができる。そんな吉野家のメニューの中から高カロリー、低カロリーなメニューを紹介紹介する。食べる時の参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 吉野家とは

吉野家は元々東京の日本橋の魚市場で忙しく働く人たちに、速くて美味しいものを提供したいと創業者の松田栄吉氏が店をはじめた。それから、「はやい、うまい」をモットーに現在の株式会社吉野家を設立したのだ。創業当時から吉野家は牛丼を提供しているが、最近は時代のニーズに応えて、さまざまなメニュー展開をしている。すべてのメニューにおいて、速くて美味しいを実現している吉野家は多くの人々から支持を集めている人気店だ。

2. 吉野家でカロリーの高いメニュー3選

牛すき鍋膳

吉野家の牛すき鍋膳は一人前の牛すき鍋と生卵、ごはん、お新香がセットになったメニューで一番の魅力は、何といっても温めながら牛すき鍋が味わえるということだ。アツアツの牛すきは牛の旨みと吉野家特製のすきやきタレがしみ込んで、ごはんがすすむと人気のメニューだ。そんな牛すき鍋膳は並盛で1252kcal、大盛で1546kcalと吉野家のメニューの中でも高カロリーだ。大盛はごはんの量が増えることで、カロリーがより高くなっている。

カルビ×チーズスパイシーカレー

吉野家では牛丼に続いてカレーも人気がある。その中でも高カロリーの新作メニューが「カルビ×チーズスパイシーカレー」だ。その名の通り、スパイシーカレーにカルビとチーズがたっぷりのった一杯だ。カルビもチーズもカレーとの相性がどれも高カロリーなものばかりなので、並盛で969kcalとなっている。さらに大盛は1120kcalと1000kcalをオーバーする。お腹ペコペコでガツンとしたものを食べたい際にはぴったりの吉野家の高カロリーメニュ―だ。

ミックスメンチカツ定食

吉野家では揚げたてのフライが味わえる定食を店舗限定で販売している。とくにこの「ミックスメンチカツ定食」は、旨みの詰まったジューシーなアジフライと吉野家オリジナルの自慢のメンチカツがセットになっている定食だ。ほかにごはんと味噌汁、サラダがついて1035kcalと高カロリーである。ボリューム、食べごたえありと申し分ないが、揚げ物なので必然的に高カロリーになっている。

3. 吉野家でカロリーの低いメニュー3選

辛子明太子定食

吉野家の辛子明太子定食は、朝4時~昼11時までの時間限定メニューだが、シンプルで美味しいと評判だ。明太子は吉野家特製のものを使用しており、ごはんとの相性バツグンだ。ごはん、味噌汁、お新香、特製明太子がついて466kcalだ。11時までなので、早めの昼食として食べるのもいいだろう。低カロリーで低価格の定食を食べたい人におすすめだ。

ベジ定食

吉野家では、低カロリーで野菜をたっぷり食べられるメニューも用意されている。それがベジ定食だ。季節の野菜を1/2日分使った、彩りのよい野菜が食欲をそそる定食だ。使われている野菜は季節の野菜でブロッコリーやかぼちゃ、じゃがいも、パプリカ、蓮根、ヤングコーンなどを茹でて味付けしたもので、野菜の素材本来の味わいが楽しめると評判だ。ほかにごはんと味噌汁がついて483kcalだ。肉などを一切使用していないので、実現できた低カロリーメニューだ。野菜不足が気になる人や、バランスのよい食事をしたい人におすすめだ。

ライザップ牛サラダ

ダイエットなどに定評のあるライザップが監修した吉野家のメニューが「ライザップ牛サラダ」だ。高たんぱく質、低糖質なのにボリューム満点のサラダで、吉野家の定番の牛肉に鶏肉、ブロッコリー、半熟玉子とバランスよくたんぱく質が摂取できて美味しいと評判だ。カロリーは414kcalとあって、ダイエット中の人や身体を鍛えている人などを中心に人気がある。そしてサラダなのに、ボリュームがありこれだけでお腹いっぱいになれるのも嬉しい。あっさりとした食事をしたいときにいいだろう。

結論

吉野家は高カロリーなメニューも多いが、最近は野菜が中心の低カロリーメニューも販売している。高たんぱく低糖質のライザップ牛サラダは、とくに吉野家でしか味わえないと大反響を呼んだ。さまざまな要望をもつ人に満足されるよう吉野家のメニューは日々進化しているといえるだろう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >