このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ピザ生地】の作り方とは?初心者向けの簡単な方法を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年2月 9日

2017年に、ユネスコの世界無形文化遺産に認定されたのは、イタリアはナポリのピザであった。およそ世界各地ある食文化の中で、ピザほど世界中の人に愛されている料理も少ないのではないだろうか。ピザといえば、レストランで食べたりチェーン店で購入したり、あるいは冷凍ピザを常備している人もいるだろう。だが、生地から家で作るピザの味は格別である。この記事ではピザ生地の作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自家製ピザは身近な材料でできる!

外食やテイクアウトが一般的なピザは、生地から作るとなると敷居が高そうなイメージがある。しかし、実際には身近にある材料で思い立ったが吉日で作ることができるのである。実際にはどんな材料が必要なのであろうか。

イタリアでは庭にピザ釜がある家庭も多い

ピザの本場イタリアでは、庭にピザ釜が設置されている家が非常に多い。バーベキュー感覚で、家族や友人とピザを作ることが珍しくないためである。イタリアには、ユネスコの世界無形文化遺産に認定されたナポリのピザや、それをライバル視するローマ風のピザなどさまざまな種類がある。しかし、家で作るピザはこうした様式にこだわらない、いかにも素朴な味わいが特徴なのである。

身近な材料でできるピザ生地

それでは、実際にピザ生地を作る場合にはどんな材料が必要になるのであろうか。強力粉と薄力粉、ドライイースト、砂糖、塩、オリーブオイル、水、これだけなのである。機械は使用せず手で生地をこねて作るのだが、料理が手慣れた人ならば発酵時間を調節してドライイーストの量を減らすことも可能である。もちろん、できあがった生地の上にトマトソースやチーズをのせるピザがメジャーであるが、シンプルにオレガノだけのせたフォッカッチャならばパンの感覚で美味しく食べることができる。

2. ピザ生地を作るときのコツとは

シンプルな材料だけでできるピザ生地は、それゆえに作り手の技量がもろに反映される料理といっても過言ではない。それでは、美味しいピザ生地を作るためにはどんなコツがあるのかみてみよう。

ピザ生地作成の一連の流れ

まずは、小麦粉、ドライイースト、砂糖と塩をボウルに入れて、ぬるま湯を入れながら混ぜる。木べらで混ぜたあとは手でこね、オリーブオイルを混ぜながらさらにこねる。生地はその後、発酵させる。発酵後に生地を適当な大きさに切り、のばしてオーブンで焼くのである。

小麦粉の選択から理想的な温度、こねる時間まで

まず言わずもがなのことではあるが、シンプルであるがゆえに小麦粉の質はできあがったピザの味わいを決定するといって問題ない。つまり、ある程度のレベルの小麦粉を使用することは基本である。
また、生地をこねる際に使用する水は、ぬるま湯であることが条件である。さらに、生地をこねる時間は最低でも15分、かなり力仕事になるために男性向けの料理といえるだろう。細かいことをいえば、ピザ生地を作る際の理想的な室温は22~27℃といわれている。オーブンは家庭によって温度も異なるが、一般的に220℃で20分の調理時間である。このピザの生地をマスターすれば、ピザだけではなくフォッカッチャやカルツォーニといったさまざまなバリエーションを楽しむことができるのである。

3. ピザ生地発酵中にトマトソースも自家製で

自宅でピザを作る場合には室温やこね具合、小麦粉の質によって、ピザ生地がもちもちになったりカリカリになったりという楽しみがある。
生地にまでこだわったからには、やはりトマトソースも自家製でいただきたいものである。トマトソースを作るのも、想像するほど難しくはない。既製のトマトソースを使用するよりも、フレッシュでコクのある味わいを楽しむことができる。
また、自宅でピザ生地を作る場合には、上にのせる具材はシンプルなほうが小麦粉の滋味を味わえることも付け加えておく。

結論

自宅でバーベキューパーティーも悪くないが、ピザパーティーも大人から子どもまで楽しめることはまちがいない。ピザ生地は、材料がシンプルなだけに経験がモノをいう料理でもある。小麦粉やドライイーストが、あらゆる条件に影響をされてどんなできあがりになるのかも楽しみのうちである。トマトソースやチーズがふんだんにのった自家製ピザは、休日のお昼にぴったりなのである。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ