このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
手作り【ハンバーグソース】の人気6選!作り方のコツを紹介!

手作り【ハンバーグソース】の人気6選!作り方のコツを紹介!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年2月19日

美味しいハンバーグの決め手は、ハンバーグそのものの味わいも大切だが、ソースによっても劇的に美味しさは変化する。この記事では、子どもから大人まで大好きなハンバーグの人気のソースの作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハンバーグにおけるソースの重要性

ハンバーグの美味しさの決め手は、使う肉や焼き方もあるが、ハンバーグソースが違うだけでも美味しさは劇的に変化する。定番のハンバーグソースといえば、ケチャップやソースを煮詰めたものを思い浮かべる人も多いだろう。さらに各家庭で隠し味をプラスする人もいるだろう。ほかにも、和風おろしソースやデミグラスソースなど、同じハンバーグのタネでも、ソース次第で全く異なる味わい堪能することができるのだ。

2. 手作りハンバーグソースの人気レシピ

ケチャップとウスターソースのハンバーグソース

作り方は、ハンバーグを焼いたフライパンに赤ワインを加えて煮立たせ、ケチャップとウスターソースとはちみつを加えてとろみがつくまで煮詰める。火を消して黒こしょうとバターを加えれば、ハンバーグソースの完成だ。黒こしょうとバターを加えることで、さらにコクがプラスされ本格的なレストランのようなハンバーグソースが完成するのだ。

トマトの粒マスタードソース

ハンバーグソースをさわやかにアレンジしたい人におすすめなのが、トマトの粒マスタードソースだ。フライパンにオリーブオイルを入れ、角切りしたトマトを炒め、粒マスタード、砂糖、塩、こしょうを加えて味を調える。ハンバーグの上にかけて好みでイタリアンパセリやバジルを飾って完成だ。トマトの酸味とマスタードがあわさってイタリアンハンバーグの味わいになる。ハンバーグにはとろけるチーズをトッピングしておくのがおすすめだ。生のトマトを使うことで、手軽に本格的なハンバーグソースになるのでおすすめだ。

おろし玉ねぎのハンバーグソース

ハンバーグを焼いたフライパンにすりおろした玉ねぎと水、ケチャップ、中濃ソース、みりん、しょうゆ、カレー粉を加えて強火でかき混ぜながら煮詰める。おろし玉ねぎの甘みとバターのコクのある風味がポイントになり、玉ねぎの食感も楽しい本格的なハンバーグソースになる。

3. 市販のハンバーグソースを使った人気レシピ

デミグラスハンバーグソース

市販のデミグラスソースを使えば、簡単にレストランのデミグラスハンバーグが楽しめる。えのきやしめじ、マッシュルームなどのきのこを食べやすい大きさにカットしておき、玉ねぎはすりおろしておく。ハンバーグを焼いたフライパンにバターを入れて玉ねぎを炒めて透明になったらきのこ類を加えて炒める。そこに市販のデミグラスソース、ワイン、ケチャップを加えてひと煮たちさせたら完成だ。きのこをプラスしていることで食べごたえ十分なうえに手作り感のある本格的デミグラスハンバーグソースになる。

ホワイトソースで煮込みハンバーグ

市販のホワイトソースを使えば、簡単にホワイトソースの煮込みハンバーグが作れる。ハンバーグを焼いたフライパンの油をふき取り、サラダ油をひき、薄切りにした玉ねぎを炒め、マッシュルームや舞茸など好みのきのこ類を加える。炒めたら市販のホワイトソース、牛乳、固形ブイヨン、塩、黒こしょうを加えてひと煮たちさせ、焼いたハンバーグを加えて弱火で煮込んだら完成だ。ホワイトソースを1から作ると手間がかかるが、市販のホワイトソースを使えば、簡単にホワイトソースの煮込みハンバーグができるのでおすすめだ。

結論

ハンバーグソースはひと手間加えるだけで、本格的な味わいになりハンバーグをより美味しくする。市販のソースなどを使えば、より手軽にレストランのようなハンバーグソースを作ることができるのでぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >