このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーンフレーク】の食べ方アレンジ10選!ジュースもアイスも合う!

【コーンフレーク】の食べ方アレンジ10選!ジュースもアイスも合う!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年2月22日

皆さんは普段コーンフレークをどのように食べているいるだろうか。恐らく牛乳で食べるのが一般的だが、ひと手間を加えるだけで様々な味わいが楽しめるのだ。すぐに試せるコーンフレークの美味しい食べ方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーンフレークの食べ方【かける編】

コーンフレークにトッピングする方法の食べ方を紹介しよう。

飲み物

意外かもしれないが、実はジュースとコンフレークの相性は良い。オレンジジュースや酸味のあるものは好みが分かれるが、たとえばクリーミーなカフェオレやココアなどはとても合う。もともとチョコレート味のコーンフレークがあることを考えても、ココアの美味しさは間違いない。カフェオレは、少し大人の味が楽しめるだろう。

チョコレートソース

ワッフルなどにかけるチョコレートソースは、コーンフレークにかけても美味しい。上から濃厚なソースをかけて食べると、スイーツ感覚で食べられるのが嬉しい。

ジャム

ジャムは水分が少ないため、全体に行きわたらせるのは難しいがディップのようにして食べると、スナック感覚で食べられる。

ハチミツ

甘くて美味しいハチミツは上からかけて軽く混ぜるだけで、甘みが増して腹持ちもよくなるだろう。メープルシロップもハチミツと同じく、香りが好きな人にはおすすめだ。

2. コーンフレークの食べ方【混ぜる編】

コーンフレークにトッピングした食材は、サクサクと混ぜて食べるのもおすすめ。牛乳だとせっかくのコーンフレークの歯ごたえがなくなってしまい気になるという人には、混ぜながら食べよう。

アイスクリーム

デザート感覚が強くなるアイスクリームは、コーンフレークにたっぷりとのせるのがポイント。スプーンでアイスクリームとコーンフレークをサクサク混ぜて、溶けだすギリギリで一緒に食べるとまるでパフェを食べているかのように美味しい。

ヨーグルト

朝食でも実践できるのがヨーグルトと一緒に食べること。プレーンヨーグルトにジャムやハチミツをかけるほか、フレーバーヨーグルトを組み合わせるのもよいだろう。さらに果物をトッピングすれば、アメリカンスタイルの朝食を楽しめる。

サラダ

コーンフレークとサラダが合うのか疑問に思うかもしれないが、生野菜と歯ごたえのあるコーンフレークは、食事のように食べられて腹持ちもよい。体重制限中の朝食にもおすすめだ。

3. コーンフレークでを使用したアレンジお菓子

最後に紹介したいのは、コーンフレークをお菓子の材料にする食べ方だ。

クッキー

手作りクッキーを作る際に、コーンフレークを生地内に入れるだけでできあがりの食感がたまらない。クッキーの歯ごたえに、コーンフレークのサクサクという歯ごたえがマッチ。チョコレートなど、好きな味付けて楽しめるのがよい。

シリアルバー

コーンフレークを使ってシリアルバーも手作りできる。小腹が空いた時にも持ち歩けるのが特徴で、体重制限中のおやつにもおすすめだ。

パフェ

よく喫茶店などでパフェを頼むと、下のほうにコーンフレークが入っていることがある。上のアイスクリームが溶け出し、果物やチョコレートソースと一緒に食べるコーンフレークは、それだけで食べるよりも美味しく感じるから不思議だ。

結論

コーンフレークのさまざまな食べ方について紹介した。ジュースやコーヒー、またアイスクリームをのせたり、お菓子にするなどいろいろな方法が楽しめるため、いつも牛乳だけで食べていたという人はぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ