このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
果物の女王「マンゴスチン」とは?味わいや皮の剥き方、食べ方を解説!

果物の女王「マンゴスチン」とは?味わいや皮の剥き方、食べ方を解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2020年2月24日

マンゴスチンというフルーツをご存知だろうか?あまり聞きなれない名だが、その実の美味しさから「果物の女王」とも呼ばれる南国原産のフルーツである。今回はマンゴスチンの食べ方と、食べる際の注意点を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. マンゴスチンってどんなフルーツ?

東南アジア原産のフルーツ

マンゴスチンは熱帯のフルーツである。東南アジア原産で、現在では南アジアや南米でも栽培されている。沖縄ではマンゴーやパパイヤなどの熱帯フルーツが栽培されているが、現時点でマンゴスチンは国内では栽培されていない。マンゴスチンの上品な味わいは、大航海時代のヨーロッパ人をも魅了した。しかし、昔は食品の保存技術や輸送手段が未発達であったため、東南アジアからヨーロッパへ日持ちのしないマンゴスチンを運ぶことができなかった。そのため、イギリスのヴィクトリア女王は「我が領土にマンゴスチンがあるのに、それを食べたいときに食べられないとは遺憾の極みである」と嘆いたといわれている。

果物の女王

女王を悲しませるほどのフルーツ、マンゴスチンとは、どれほど美味しいのだろう?マンゴスチンの甘みと酸味のバランスは絶妙で、繊細かつ上品な風味を持つ。さわやかなのに桃のように甘く、食感も柔らかくデリケートである。これが「果物の女王」と呼ばれる理由だ。ちなみに「果物の王様」と言えばドリアンだが、これは美味しさから王様と呼ばれるわけではなく、王様が精力増強のためにドリアンを食べていたことからこう呼ばれるようになったそうだ。

2. マンゴスチンの皮、どうむく?

冷凍と生マンゴスチンの違い

マンゴスチンは日本では生産されていないため、すべて輸入となる。以前は冷凍のマンゴスチンしか輸入されていなかったが、最近では生のものも手に入る。冷凍のマンゴスチンは食べる前に冷蔵庫に移して解凍してから食べる。風味も美味しさも十分に感じられるが、生のマンゴスチンの美味しさは冷凍のものの比ではない。マンゴスチンは日持ちがしないため冷凍を購入した方が便利だが、風味を堪能するには、やはり生のものを選びたい。

マンゴスチンのむき方、食べ方

マンゴスチンの実は、木のような皮で覆われている。まずは、この皮をむかなければならない。ナイフを使って皮に1周切り込みを入れ、切り込みの上下を手でひねるようにするとキレイにむける。この時に実を傷つけないためには、ナイフを入れる深さを5mmほどにしよう。新鮮であるほど皮は柔らかく、その場合はナイフを使わなくても皮をむくことができる。マンゴスチンの上部(樹冠のある方)を両手の親指、下部を人差し指で押さえ上下から軽く力を入れる。皮に割れ目が入ったら、そこから指で皮をむく。皮の赤い色とは違って中の実は真っ白で、みかんのように房状になっている。1房ずつ取って食べよう。

3. マンゴスチンを食べる際の注意点は?

赤い果汁に注意!

マンゴスチンの皮には樹液が含まれている。この樹液は染料として使われることもあるほど、キレイな赤色をしている。マンゴスチンの皮をむく時には、皮から滲み出る樹液に注意が必要である。というのも、手や指についた樹液は洗い流すことができるが、服などにつくとなかなか落ちないのだ。樹液がつかないようにするには、やはり前述したように包丁を使って皮に切り込みを入れるか、マンゴスチンを上下から指で押して皮の割れ目からむく方法がよい。皮の中央に爪をたてて無理やりむこうとすると、樹液で服を汚しかねないので要注意である。

タネに注意!

マンゴスチンの皮をむくと、みかんのように房状になっている。通常は5~6個の房に分かれていて、それぞれにタネが入っている。実が小さいものだとタネも小さく、そのまま食べても気にならない。しかし、実が大きめのものだとタネも大きく、中には1cm以上のものもある。タネに気づかずに噛んでしまうと、口に苦味が残ってしまうこともあるので気をつけよう。

すぐに食べること!

マンゴスチンは日持ちのしないフルーツである。生のものを購入したら冷蔵庫で保管し、なるべく早めに食べることが大切だ。乾燥を避けるために湿らせたキッチンペーパーなどで包んでから冷やすと多少長持ちするが、それでも2~3日を目安に食べきるようにしよう。

結論

日本では栽培されていない珍しいフルーツ、マンゴスチンの皮のむき方について解説した。以前は冷凍ものしか手に入らなかったが、近頃は生のものも見かけるようになってきた。果物の女王と呼ばれる美味しさを、ぜひ1度味わってみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ