このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【カップヌードル】で茶碗蒸し作り?レンジで3分『本格茶碗蒸し』!

【カップヌードル】で茶碗蒸し作り?レンジで3分『本格茶碗蒸し』!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年3月 7日

コンビニやスーパーなどで手軽に買え、お湯を入れれば3分で食べられるカップヌードル。普段このカップヌードルの汁はどうしているだろうか。実は、出汁がきいたカップヌードルの汁は、茶碗蒸しに生まれ変わらせることができる。この記事ではカップヌードル茶碗蒸しの作り方をご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カップヌードルの種類とは

カップヌードルは日本人が大好きなインスタント麺だが、どんな種類の味があるかは意外と知らない人もいるだろう。こちらではどんな種類があるかをまとめていく。

定番の味

オリジナルスープでよい出汁がきいている、世界初のカップヌードル。まずはこの味から食べる人が多いだろう。具となるかやくは、豚ひき肉、卵、えび、ねぎなどである。

シーフード

魚介の旨みが詰まったカップヌードルで、定番の次に人気がある。青っぽいさわやかな海をイメージするパッケージが特徴だ。かやくは、いかやキャベツ、ねぎなどである。

カレー

ひそかに人気があるのがカレーだ。スパイシーなカレーそのものの風味を大事にしているので、香りも楽しめる。かやくにフライドポテトが入っているのがポイントだ。

チリトマト

パスタのようなオシャレさを楽しめるのがこちら。王道の味とはいえないが、いつもと違う気分を楽しみたい人におすすめ。豚ひき肉のほか、キャベツやコーン、トマトなどさまざまな野菜がかやくとして入っている。

味噌

おにぎりとともに食べたいカップヌードルは、みそ味で和風なのが魅力だ。かやくは豚ひき肉やキャベツ、にんじんなど。

2. カップヌードル茶碗蒸しの作り方は?

カップヌードルはただ麺として食べるだけではなく、茶碗蒸しが作れるのがポイントだ。出汁がきいたカップヌードルの汁を使って、簡単に作れるのが嬉しい。こちらではカップヌードル茶碗蒸しの作り方を紹介しよう。

用意するものは卵だけ

茶碗蒸しを作るから材料が必要だと思った人もいるだろう。実は卵と汁だけで完成するからすごい。具だくさんにしたければ、かやくをなるべく残しておこう。カップヌードルを食べ終わったら、耐熱用のマグカップに汁を移そう。

汁に卵を入れる

汁を入れたマグカップに卵を入れてよくかき混ぜる。そしてそのまま電子レンジへ入れ、様子を見ながら2~3分ほど加熱しよう。たったそれだけで完成する。コツは残り汁だと思わせないためにも、できるだけ麺を最後まで食べておくこと。カップヌードルの汁とかやくだけを使うことで、本物の茶碗蒸しのようになる。

3. カップヌードル茶碗蒸しを作るタイミング

カップヌードル茶碗蒸しを作るタイミングだが、食べたあとが定番。食べ終わったものを使うのが気になるなら、最初にカップラーメンの汁を少しだけとっておこう。そうすることで残食感も少なく、自分だけではなくほかの人とも食べられる。

また、何人かで食べる時は少しずつ汁をとり、合わせてバットなど保存容器で作るのもおすすめだ。小さめにカットして少しずつ食べるのも美味しそうだ。貧乏くさいなどといわれそうだが、実際に食べると外はしっかり卵がかたまり、中身はふんわりと卵が溶け出す仕様になっている。

4. カップヌードル茶碗蒸しのアレンジ法とは?

カップヌードル茶碗蒸しの作り方は、そのまま簡単に食べられることが魅力だ。しかし、さらに手を加えてより美味しくするアレンジ方法もある。こちらでその方法をまとめよう。

ナルトや葱を入れる

茶碗蒸しを作る際に、汁にナルトや葱を入れてより本格感を出すのがおすすめだ。見ためにも美しくなる。

海鮮系を入れる

かにかまやボイルした海老を入れると、さらに豪華な茶碗蒸しを作れる。好みで冷凍の海鮮を買っておくと気軽に作れるだろう。

あんかけにする

片栗粉を水で溶いて火にかけ鶏出汁などを入れると、あんかけができあがる。茶碗蒸しにかけるだけで、本格的な和食のように美味しく食べられるのが嬉しい。

フレーバーを楽しむ

定番の味だでけはなくカレーやチリトマト味など、少しだけ変わった汁も試してみよう。いつもと違う茶碗蒸しの味を手軽に楽しめるだろう。

結論

カップヌードル茶碗蒸しの作り方をはじめ、カップヌードルの種類やアレンジ方法までまとめてきた。できるだけ綺麗に麺を食べつくし、最後まで美味しく食べられるように工夫をすることが大事だ。いつも汁を捨ててしまうという人は、次回ぜひ試してほしい。カップヌードルを余すことなく美味しく最後まで楽しめるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ