このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【無限キャベツ×塩昆布】は絶品!健康に嬉しいメリットも解説!

【無限キャベツ×塩昆布】は絶品!健康に嬉しいメリットも解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月14日

食べだすとそのあまりの美味しさに、箸が止まらなくなり、無限に食べることができるということが、その名の由来となっている無限キャベツ。無限シリーズとしてすでに数多くのレシピが紹介されていて、どれも人気を博しているが、今回はその中から、塩昆布を使って作る無限キャベツの数々の魅力に迫ってみたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 塩昆布なら超簡単に無限キャベツを作ることが可能

塩昆布で無限キャベツを作る最大の魅力は、簡単に作ることができて、しかも外れなく美味しくできるという点になるだろう。

塩昆布があれば、基本的にほかの調味料を使用する必要はない。塩昆布には、塩分と旨み成分が含まれているからだ。作り方も、塩昆布を、適当な大きさに切ったキャベツに和えるだけと、これ以上簡単なことはないくらいシンプルだ。

たとえば、夕食づくりの際に、時間があまりないときやあと一品ほしいときなど、塩昆布とキャベツがあれば、簡単に作ることができるので、大変に重宝する。

しかも簡単に作ることができるだけでなく、無限キャベツというネーミングが示す通り、食べるとそれこそ箸が止まらなくなるくらいの美味しさに、十分に満足できる一品となる。

2. 塩昆布で作る無限キャベツは身体にイロイロうれしいことが!

キャベツには、食物繊維が比較的豊富に含まれている。しかし、キャベツに含まれている食物繊維は、不溶性の食物繊維で、水溶性の食物繊維があまり含まれていない。

不溶性の食物繊維は、便のかさを増す働きがあり、水溶性の食物繊維は便をやわらかくする働きがある。不溶性食物繊維だけを摂りすぎてしまうと、水溶性食物繊維とのバランスを崩し、便が硬くなり、場合によっては、便通を悪くすることもあり得るので注意が必要だろう。

塩昆布の昆布には、アルギン酸とフコイダンと呼ばれる水溶性の食物繊維が豊富に含まれている。無限キャベツに使用することで、キャベツに不足しがちな水溶性食物繊維を補い、不溶性食物繊維とのバランスをうまく保つことができるだろう。

逆に、塩昆布だけでは不足しがちな、ビタミンKやビタミンCは、キャベツに豊富に含まれている。また、キャベツにはカリウムも豊富だ。カリウムには、余分な塩分を体外に排出させる働きがあるため、塩分の摂り過ぎを防ぐ役割も期待できる。

3. 塩昆布で作る無限キャベツのアレンジは無限大

塩昆布とキャベツだけでも、問題なく美味しい無限キャベツを作ることができる。しかし、さらにほかの食材や調味料を加えることで、数限りないアレンジレシピを考案できる。

たとえば、すでに無限キャベツのアレンジレシピとして、定番となっているごま油を加えれば、ごまの香ばしさと豊富な栄養をプラスさせることができる。また、にんにくのすりおろしやかつお節などとの相性もとてもよいので、それらをプラスしてみるのもおすすめだ。

ツナとマヨネーズをプラスすれば、洋風の無限キャベツにアレンジでき、ボリュームもアップする一品になる。

塩味はすでに塩昆布でカバーできるので、調味料をプラスする場合は、酸味や辛み、甘みなどをプラスしてみるのも一案だ。

結論

塩昆布で作る無限キャベツの魅力については、納得していただけただろうか。このように、塩昆布とキャベツに、加える食材や調味料を工夫し、いろいろと食べ比べてみるのは、実に楽しく、興味の尽きることがなさそうだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >