このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【アイスボックスクッキー】の作り方を紹介!美味しく作るコツを解説

【アイスボックスクッキー】の作り方を紹介!美味しく作るコツを解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年3月12日

アイスボックスクッキーはお菓子作り初心者の人にもトライしやすく、コツさえ掴んでしまえば美味しく作ることができるクッキーである。本記事では、アイスボックスクッキーを作ったことがない人でも挑戦しやすい作り方のコツについて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイスボックスクッキーを作る時の食材の選び方

プレーンのアイスボックスクッキーを作る際の材料は無塩バター、薄力粉、グラニュー糖、卵、バニラエッセンスである。プレーンではなく味や見ためを変えたい場合は、ココアパウダーや抹茶パウダー、ナッツ類などを生地に混ぜるのもおすすめだ。

バターは必ずお菓子作り用に販売されている無塩のものを選ぼう。パンなどに塗る塩分入りのバターを使ってしまうと、クッキーに塩味が含まれてしまい、味に影響が出てしまうこともあるため、あまりおすすめできない。

また、薄力粉はできるだけサラサラとした食感のものを使うと、サクサクのクッキーを作ることができるので覚えておくとよい。

そして、アイスボックスクッキーを作るのであれば、卵の選び方も重要である。できるだけ新鮮で質のよい卵を使うことで、味の仕上がりが大きく変わってくるからだ。新鮮で美味しい卵を使いたいのであれば、必ず卵の賞味期限をチェックしてみて、2週間以上保存できるものを選ぶようにしよう。

2. アイスボックスクッキーを作る時の下ごしらえは?

アイスボックスクッキーを作る場合、以下2つの下準備をしておくとよい。必ずやらないといけない下準備というわけではないが、下準備をしておくことによってサクサクで美味しいアイスボックスクッキーをスムーズに作れるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

卵を溶いておく

アイスボックスクッキーでは、溶き卵を使用する。そのため、生地を作りはじめる前に小さめのボウルに卵を割っておき、溶いておくとスムーズに生地作りができるのでおすすめだ。

薄力粉をふるいにかけておく

薄力粉をそのまま生地に混ぜてしまうと、ダマになり、薄力粉が綺麗に混ざらないおそれがある。そのため、生地を作りはじめる前に薄力粉はふるいにかけておこう。

冷蔵庫で生地を一旦休ませる

生地に包丁を入れる前の下準備として、生地を一旦冷蔵庫で休ませる工程を挟むとよい。冷蔵庫で生地を冷やすことにより、生地にほどよい硬さがでて形を整えやすくなるからだ。それだけでなく、生地にほどよく水分が含まれて食感のよいアイスボックスクッキーを作ることができる。

反対に、冷蔵庫で休ませていない状態の生地を焼いた場合、含まれる水分の量も変わってきてしまい、味や食感の悪いアイスボックスクッキーになってしまう可能性もあるため、時間に余裕があるなら生地を冷蔵庫で休ませてから焼こう。

3. アイスボックスクッキーを美味しく作るコツ

それでは、アイスボックスクッキーを美味しく作るためのコツを順番に解説していこう。とくに難しい工程などもないため、以下を参考にしながらぜひ気軽にトライしていただけたら嬉しい。

生地を作る

まず、ボウルのなかにグラニュー糖と無塩バターを入れて、泡立て器でしっかりと混ぜる。バターがほどよく溶けてグラニュー糖と混ざったら、溶き卵を2回に分けて入れながらさらに混ぜていこう。溶き卵が混ざった段階でバニラエッセンスも加える。

事前にふるいにかけておいた薄力粉をボウルに加え、ゴムベラで縦に生地を切るようなイメージでさっくりと混ぜていく。この時、生地を練るように強い力をかけて混ぜてしまうと、クッキーのサクサク感が失われてしまう可能性があるため注意しよう。

形を整えて輪切りにする

生地が完成したら、先ほども解説したように一旦冷蔵庫で寝かせておく。可能であれば2時間ほど寝かせるのが理想的だが、時間に余裕がない場合は30分~1時間寝かせるだけでも問題ない。

生地を冷蔵庫から取り出したら、巻きすやラップなどを使って生地を棒状に整え、包丁で輪切りにしていこう。

オーブンで焼く

輪切りにした生地をオーブンシートの上に並べて、シートごとオーブンに入れて、170℃に加熱したオーブンで15分ほど焼いたら完成だ。

焼きあがった直後はまだやわらかく、生焼けのように感じるかもしれないが、冷ますとほどよい硬さがでてくる。焼きあがったアイスボックスクッキーは、しばらく涼しい場所において冷ましておこう。

結論

アイスボックスクッキーは、とてもシンプルな工程で作ることができる。そのため、親子で一緒に作ったり、初めてお菓子を作ったりする際にうってつけといえるだろう。好みでナッツを加えたり、アラザンやアイシングなどで装飾するのもおすすめなので、ぜひ好みのアイスボックスクッキーを家で作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ