このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【なすとひき肉】なら『味噌炒め』が鉄板!アレンジ法も解説

【なすとひき肉】なら『味噌炒め』が鉄板!アレンジ法も解説

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月 3日

なす・ひき肉・味噌、この3つの食材を使った料理といえば何を想像するだろうか。今回はこれらの食材を使った鉄板料理の中から一押しの料理とともに、ちょっと変わったアレンジメニューをご紹介する。コツやポイントもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なすとひき肉と味噌を使った鉄板メニュー

なすとひき肉と味噌を使った鉄板メニューとして、なすとひき肉の味噌炒めをご紹介したい。ごはんのおかずとしてはもちろん、つまみとしても人気のメニューだ。ごはんの上にのせてどんぶりにしても美味しく食べられる。ピーマンやパプリカを一緒に炒めれば、彩りもよくなるのでおすすめだ。また、肉味噌を作ってなすの上にのせ、オーブンで焼いたなすの味噌焼きも定番メニューのひとつ。チーズをかけたり、トマトをトッピングしたりして味を変えてみるのも面白いだろう。

なすとひき肉の味噌炒めは、使う味噌の種類によって味が大きく異なるので、好みの味を探りながら作ってみよう。作った味噌炒めが残ったら、パスタなどにアレンジするのもおすすめ。味の濃い味噌炒めはいろいろな料理にアレンジできるので、ぜひ試してみよう。

2. なすとひき肉の味噌炒めの作り方のコツ

なすは調理前にアク抜きをする

なすはアクの強い野菜なので、調理前にアク抜きをするのがおすすめ。なすとひき肉の味噌炒めの場合は厚めの輪切りか乱切りにして、たっぷりの水に10分程度さらし、しっかりと水気をふき取ろう。

なすをフライパンで炒めるときは揚げ焼きにする

なすをフライパンで炒めるときは、多めの油で揚げ焼きのようにすると中までジューシーに仕上がる。油をたくさん使いたくないときは、あらかじめレンジで加熱してから焼くと少ない油でも火が通りやすくなる。

なすとひき肉は別々に炒める

なすを炒めたら一度フライパンから取り出し、ひき肉を炒めよう。ひき肉はフライパン全体に広げてしばらく焼き、全体に火が通ってきたら裏返すようにすると均一に炒められる。ひき肉に火が通ったらなすを戻し入れて味噌やそのほかの調味料を加え、全体を絡めたらできあがりだ。

その他美味しくするポイント

なすは加熱しすぎると柔らかくなって形が崩れてきてしまうので、仕上げはササっと行うのがポイント。なすの食感をしっかり残すように工夫しよう。なすや味噌と相性がよいショウガを入れたり、ピリッと辛い鷹の爪やラー油を加えたりして作るのもおすすめ。シンプルな料理でアレンジがしやすいので、甘めにしたり濃いめにしたりと家族の好みに合わせて作ってみよう。水っぽさが気になるときは、最後に水溶き片栗粉を加えるとなすと肉味噌がしっかり絡む。

3. そうめんに入れたら美味しい!?なすとひき肉の味噌炒めのアレンジ

なすとひき肉の味噌炒めは、そうめんのトッピングにしても美味しい。そうめんはシンプルなだけに味に飽きてしまうこともあるだろう。そんなときにおすすめなのが、なすとひき肉の味噌炒めをのせて食べる方法だ。シンプルなそうめんが、一気に豪華な料理へと生まれ変わるだろう。

そうめんにのせて食べるなら、ショウガをきかせて作るのがおすすめ。残った味噌炒めにショウガやネギをプラスするのもよいだろう。味噌炒めをのせるなら、めんつゆは少し薄めにしておくのがポイント。味噌炒め自体の味が濃いので、めんつゆをたっぷり付けてしまうと塩分の摂りすぎになる可能性がある。そうめんだけだと栄養が偏ってしまいがちだが、味噌炒めをのせれば栄養価もアップする。

結論

なすとひき肉の味噌炒めはそのまま食べても美味しいが、さまざまなアレンジができるのも魅力。そうめんにのせるというのは意外だったかもしれないが、とても美味しい食べ方なのでぜひ一度は試してもらいたい。なすとひき肉の味噌炒めは工夫次第でいろいろな食べ方ができるので、楽しみながら食べてみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >