このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【キャベツと卵】のサラダの作り方!コツやおすすめドレッシングも

【キャベツと卵】のサラダの作り方!コツやおすすめドレッシングも

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月 8日

キャベツと卵は1年中手に入る万能食材。値段の安さとレパートリーの豊富さから、日常的に食卓にあがる家庭も多いだろう。今回はその中でも、キャベツと卵を使用したサラダに注目。キャベツと卵の相性のよさや、作り方のコツなどをご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャベツと卵が相性が良い?

キャベツと卵は相性がよく、実際にこの2つを使った料理はたくさんある。キャベツと卵は1年中入手しやすく、キャベツも卵も淡白な味わいなのでどんな味付けにも合わせやすい。シャキシャキとした食感のキャベツと、もったりとした卵、食感の違いも相性のよさの理由だろう。どちらも冷蔵庫に常備していることが多く、思い立ったらすぐ作れるのも嬉しいポイントだ。

2. キャベツをサラダで使うときの切り方

キャベツをサラダにして食べるなら、千切りか小さめのざく切りがおすすめ。キャベツは生のままだと少々硬めなので、生で食べるならシャキシャキとした食感が楽しめる千切りがよいだろう。温野菜サラダなど加熱して食べる場合は、千切りか小さめのざく切りにしよう。ざく切りにすると、加熱してもしっかり食感を残すことができる。

卵を一緒に使う場合は、卵が絡むような形にカットするとよい。たとえば半熟卵をのせるなら、千切りのほうがしっかり卵が絡むだろう。茹で卵をカットしてのせるなら、茹で卵に合わせたサイズにカットするのがおすすめ。千切りが上手にできない人は、専用のピーラーなどを使うとよい。包丁で千切りをする場合は、芯などの硬い部分を取り除いてからカットしよう。少量ずつカットすれば、細い千切りがしやすくなる。

3. 卵をサラダに使うときの切り方

サラダに卵を使うときは、サラダの種類によってカットの仕方を使い分けよう。たとえば、ポテトサラダならじゃがいもの形に合わせて適当なサイズにカットして合わせるとよい。トッピングとして使うなら、見栄えがよくなるようにキレイにスライスしてみよう。スライスは包丁で行うと形が崩れる可能性が高いので、茹で卵用のカッターか糸などを使って切るのがおすすめ。1/4にカットして飾ってもオシャレだ。

半熟卵ならサラダの上にのせて、食べる直前に割るとよいだろう。また、大きめの網でそぼろ状にして使うこともできる。そぼろ状になった卵はトッピングとして使うほか、ドレッシングに合わせて使ったりサラダに和えたりと使い方の幅も広がる。

4. キャベツと卵サラダにあうドレッシング

キャベツと卵はどちらも比較的淡白な味わいなので、味の濃いドレッシングを合わせるのがおすすめ。レンジなどで加熱したキャベツに温泉卵をのせてシーザードレッシングをかければ、簡単に豪華なシーザーサラダが作れる。シンプルにマヨネーズでも美味しいが、マヨネーズに卵をプラスしてタルタルソース風のドレッシングを作ってもよいだろう。

また、フレンチドレッシングやゴマドレッシングなど、濃厚な味わいのドレッシングもおすすめ。茹で卵はチーズとも相性がよいので、チーズ系のドレッシングも合うだろう。基本的にはどんなドレッシングでも合わせやすいので、いろいろ試しながら一番好きな味を見つけてみよう。

結論

キャベツと卵は普段から冷蔵庫にある食材で、中途半端に余ってしまうこともよくある。そんなときは、ボリュームたっぷりで美味しいサラダを作って、無駄のないように最後まで美味しく消費しよう。野菜が苦手という人も、卵を合わせるだけでサラダが一気に食べやすくなる。好きなドレッシングをかければ、野菜がたくさん摂れること間違いない。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ