このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ラタトゥイユ】は余ったらパスタにリメイク!作り方を解説

【ラタトゥイユ】は余ったらパスタにリメイク!作り方を解説

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月15日

南フランス発祥で日本でも近年人気の野菜料理「ラタトゥイユ」。ついつい多く作りすぎてしまったときは、パスタにリメイクするのがおすすめだ。単純に和えるだけでもできるが、ちょっと手間を加えるだけで、ひと味もふた味も違ったパスタになる。今回はラタトゥイユを使ったパスタについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ラタトゥイユとは

そもそもラタトゥイユとは、オリーブオイルで炒めた野菜をトマトベースの出汁で煮込んだ洋風野菜煮込みのことである。使用されるのは主になすやズッキーニなどの夏野菜だが、そのほかの野菜やきのこ類を加えて作ることもできる。トマトの優しい甘みと酸味で食べやすく、子どもから大人まで人気の料理だ。
作り方はいたってシンプルで、手軽に作ることができるのも魅力のひとつである。

ラタトゥイユの作り方

野菜やきのこは1cm角にきる。鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを熱し、野菜、きのこを炒める。全体に油が回ってしんなりしたら、トマト缶、洋風スープの素を加えて、野菜がやわらかくなるまで煮る。

2. 基本のラタトゥイユパスタ

まずは、基本のリメイクパスタを紹介しよう。作り置きのラタトゥイユがあればあっという間にできるので、手間をかけたくない休日のランチにももってこいである。

基本のラタトゥイユパスタ

  • 余ったラタトゥイユや作り置きしておいたものを温めなおす。
  • 鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを袋の表示時間通りに茹でる。
  • 湯きりしたパスタを皿に盛り付け、上から温めたラタトゥイユをかける。
  • 好みで粉チーズ、ブラックペッパーをふって完成。
ラタトゥイユをフライパンで温めなおし、湯きりしたパスタとあらかじめ和えてから盛り付けてもよい。味が足りないと感じるときは、洋風スープの素を足すなどして、味を調えるといいだろう。加熱したウインナーやベーコンなどを加えれば、一品でも食べごたえのあるパスタとなる。

3. アレンジいろいろ!ラタトゥイユパスタ

夏にぴったり!冷製パスタ

ラタトゥイユに使える食材はさまざまだが、基本は夏野菜。冷製パスタにすることで、より夏にぴったりの料理に仕上げることができる。茹でたあと氷水に放ち冷やしたパスタを皿に盛り、冷蔵庫で冷やしておいたラタトゥイユを盛り付ければ完成だ。より清涼感を出すために、ガラス製の透明な皿に盛り付けてもいいだろう。生ハムやバジルをトッピングすれば、いっそうおしゃれな仕上がりになる。

ショートパスタでおしゃれランチに

ひと口にパスタといっても、その種類はさまざま。マカロニやペンネのようなショートパスタと合わせると、店で出てくるようなおしゃれなパスタに大変身である。作り方は通常のパスタと同じだが、別々に盛り付けるよりもあらかじめ和えておくのがおすすめだ。いつもと違うパスタを出して、家族や友人を驚かせてみよう。

まろやかなトマトクリームパスタにも

トマトの酸味が苦手な人や少し違った味を楽しみたい場合には、トマトクリームパスタにするのがおすすめである。牛乳を加えるだけでまろやかな味わいとなり、食べやすくなるだろう。さらにチーズを加えるとコクも加わり、贅沢な一品になる。

ピリ辛ラタトゥイユパスタ

反対にピリッとした辛みがほしい場合は、輪切りにした唐辛子を炒めて合わせるのもおすすめだ。アラビアータのような刺激的な味を楽しむことができる。また、カレー粉や好みのスパイスを合わせてカレー風味のパスタにするのもいいだろう。

結論

ラタトゥイユのリメイクパスタについて紹介した。余ったものや作り置きしておいたものを使えば、誰でも簡単に作ることのできるラタトゥイユパスタ。ラタトゥイユ自体、作るのにあまり手間がかからないので、一から作ってもいいだろう。牛乳を加えたり、唐辛子を加えたりすれば、また違った味を楽しむこともできるので、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >