このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】スフレパンケーキのカロリーと糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】スフレパンケーキのカロリーと糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月21日

オシャレなカフェなどでよく見かけるスフレパンケーキ。ふわふわとした見ためでとても美味しそうだが、カロリーや糖質が気になったことはないだろうか。パンケーキは小麦粉やバター、砂糖などを使用しているので高カロリーのイメージがある。今回は実際のカロリーとともに、上手くカロリーオフする方法を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スフレパンケーキのカロリー

スフレパンケーキは見ための通り、高カロリーな食べ物。大きさにもよるが、1枚あたりのカロリーは200~300kcalほど。ちなみに、ホットケーキのカロリーは100gあたり261kcalなので、あまり差はないといえるだろう。スフレパンケーキに使われているのは卵や小麦粉、砂糖やバターなどいずれも高カロリーな食材だ。
そのまま食べればさほど高カロリーではないが、スフレパンケーキには豪華なトッピングをすることが多いので注意が必要だ。たとえば、ホイップクリームは100gあたり400kcal以上あり、たっぷりのホイップクリームをトッピングすればそれだけカロリーもプラスされる。メープルシロップやはちみつもカロリーが高いので、使いすぎには注意しよう。パンケーキはベーコンやチーズなどをのせて食べる場合もあるが、どちらもカロリーが高い。

2. スフレパンケーキの栄養

スフレパンケーキにはたっぷりのメレンゲが使われているので、ビタミンB2や良質なたんぱく質が摂取できる。しかし、小麦粉や砂糖をたっぷり使った生地は食べすぎには注意が必要だ。スフレパンケーキだけでは栄養が偏ってしまうので、フルーツをトッピングするなどして栄養を補うのがおすすめ。フルーツをトッピングすれば、ビタミンCなどもしっかり摂取できるだろう。ランチなどでパンケーキを食べるなら、サラダをプラスするなどの工夫が必要。甘くないパンケーキなら、野菜やベーコンなどがたっぷりのったものを食べるのがおすすめだ。

3. スフレパンケーキの糖質は高い?

スフレパンケーキは糖質の多い小麦粉や砂糖を使って作られているので、必然的に糖質が高くなってしまう。同じような材料を使って作られているホットケーキの糖質は、100gあたり44.1gなので同じくらいと考えればよいだろう。決して低くない数値である。また、トッピングのメープルシロップやはちみつにも糖質が多く含まれるので、その点も注意だ。糖質を抑えたスフレパンケーキを食べたいなら、小麦粉をほかのものに置き換えて作ったものがおすすめ。大豆粉やおからなど、糖質の低いもので代用しながらアレンジしてみよう。

4. 美味しくカロリーオフする方法

スフレパンケーキのカロリーを抑えたいときは、豆腐などカロリーの低いものを使って作ってみよう。豆腐を使うと、また違った食感のパンケーキが作れるので面白い。また、トッピングにメープルシロップや生クリームを使うと一気にカロリーがあがってしまう。パンケーキそのもののカロリーを抑えても、トッピングをたっぷりのせたら意味がないので注意しよう。
栄養バランスを考えて、ベーコンや卵を添えた食事系パンケーキにしてみるのもおすすめ。たっぷりの野菜を添えれば満足感も増し、食べすぎを防いでくれる。

結論

スフレパンケーキはふわふわでとても美味しい食べ物だが、カロリーも糖質も高いうえに栄養バランスがよいとはいえないので、食べすぎないようにしたい。スフレパンケーキを食べたいときは材料やトッピングに工夫をすれば、美味しく栄養を摂取しながらカロリーオフすることができるだろう。店で食べるのももちろんよいが、自分で作ったパンケーキには違った美味しさがあるので、ぜひ手作りにもチャレンジしてみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ