このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肉料理の鉄板【グレイビーソース】の簡単な作り方とポイント!

肉料理の鉄板【グレイビーソース】の簡単な作り方とポイント!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年3月 4日

ハンバーグやステーキなどの肉料理の美味しさを引き立てるグレイビーソースは、自宅でも作ることができる。基本のグレイビーソースの作り方をご紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. グレイビーソースに使う食材の選び方

グレイビーソースのグレイビーとは、「肉汁」を意味する言葉である。つまり、肉汁で作られたソースのことを指す。牛骨や野菜を長時間煮込むデミグラスソースよりも手早く作れるため、自宅でも挑戦しやすい。まずは食材の選び方をおさえよう。

食材の選び方「牛肉」

グレイビーソースの主原料である肉汁を出すためには肉が必要だが、とくに何の肉を使わなければならないというルールはない。しかし、主にハンバーグやステーキ、ローストビーフなど牛肉料理に使用されるソースのため、牛肉から出た肉汁を使うのが基本だ。

食材の選び方「洋風出汁」

肉汁には旨みはあるが味はあまりないため、ソースにする際には調味が必要。そこで使いたいのが、洋風出汁である。肉汁と相性のよいビーフコンソメやブイヨンを使おう。鶏肉で作るグレイビーソースにはチキンコンソメがおすすめ。

とろみをつける食材を追加

肉汁と出汁だけでは、さらっとしたソースになってしまう。ある程度とろみがあったほうが食材に絡みやすくなり美味しいため、小麦粉と水を加えてとろみをつけるのがポイントだ。

風味をプラス

さらに赤ワインを加えると本格的なグレイビーソースになる。玉ねぎのみじん切りを炒めたものを加えれば深い甘みを引き出すこともできる。ケチャップやウスターソースを加えればはっきりとした味になるが、加え過ぎるとせっかくの肉汁の風味が消えてしまうため気をつけよう。

2. グレイビーソース作りに下準備はない?

グレイビーソースは、肉料理を作ったあとのフライパンをそのまま使うため、面倒な下準備はほとんどないが、次に紹介する2つの準備はしておこう。

肉汁から焦げなどを除去

肉を焼いたあとのフライパンに肉汁のみがきれいに残っていれば問題ないが、肉のかけらや焦げが混ざっている可能性もある。そのままでグレイビーソースを作ると、焦げが混ざった苦いソースになってしまう。もし肉汁に固形物が混ざっていたら、ソースを作る前に取り除いておこう。

小麦粉をふるっておく

グレイビーソースにとろみをつけるための小麦粉は、あらかじめ茶こしなどでふるっておこう。肉汁に加えたときにダマになりにくくするためだ。

3. 簡単なグレイビーソースの作り方

グレイビーソースの作り方はとても簡単。基本的には肉さえあればできるといっても過言ではない。洋風出汁がなければケチャップやウスターソースを使えば味も調うし、それもなければ砂糖と塩コショウでも作ることができる。簡単な作り方のポイントを紹介する。

フライパンに残った肉汁に材料を加えていくだけ

肉を焼いたフライパンに、水で溶いた洋風出汁(あるいは調味料)と小麦粉を加えて煮詰めていくだけだ。肉汁が少ない場合はバターを足すとよい。

小麦粉を加えるタイミング

とろみをつける小麦粉を加えるタイミングは最初や最後などレシピによって異なるため厳格な決まりはないが、最初に肉汁に少しずつ小麦粉を加えながら練りペースト状にしたうえで洋風出汁を加えたほうがダマになりにくそうだ。

4. もっとラクに!グレイビーソースのより時短な作り方

フライパンに残った肉汁に少ない材料を加えて煮詰めるだけという、ごくシンプルな作り方が魅力のグレイビーソース。しかし、肉がなければ始まらないと諦めている人もいるのではないだろうか。

グレイビーソースパウダーでより時短に

グレイビーソースは肉料理との相性がもちろんよいが、マッシュポテトなどにかけても絶品の味わいに。肉がなくても作りたい...という人には、「グレイビーソースパウダー」なるものを使う時短で簡単な作り方もある。パウダーを水で溶かして煮るだけで、追加の材料もいらない。大型スーパーなどで手に入るためチェックしてみよう。

結論

グレイビーソース肉料理を日ごろから食べるアメリカにおいて、一般的で人気のあるソースだ。日本でも自宅で簡単に作ることができる。材料も作り方もシンプルなので、自宅で肉料理を作るときには、ぜひ肉汁を美味しいソースに変身させてみよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >