このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【スモークチキン】のおすすめの食べ方!余ったときの保存方法も

【スモークチキン】のおすすめの食べ方!余ったときの保存方法も

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月10日

燻製特有の風味が特徴のスモークチキンだが、どのようにして食べると美味しいのだろうか。今回は、スモークチキンの美味しい食べ方とアレンジを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スモークチキンは香りのよさが特徴

スモークチキン最大の特徴は、燻製したときの特有の香りだろう。燻製する際に使用するチップの種類によって香りが異なるので、自分で作れば好みの香りに仕上げられるだろう。また、鶏肉の部位によっても味わいが異なる。もも肉ならジューシーな味わいに、胸肉ならさっぱりとした味わいに仕上がる。作り方や商品によっても異なるが、中までしっかり味がしみていることが多いのでそのまま食べても美味しい。スモークされた表面のパリッと感と、中のしっとりジューシーな食感の両方を楽しめるのも特徴だ。

2. スモークチキンは低カロリー&高たんぱく

スモークチキンは低カロリー&高たんぱくなのが嬉しいポイント。スモークチキンに使われる鶏肉はいずれもカロリーが低めで、たんぱく質が豊富。たとえば鶏もも肉は100gあたり204kcal、鶏胸肉は100gあたり145kcal、ささみは100gあたり105kcalだ。これに使う調味料のカロリーをプラスすればよい。市販のスモークチキンのカロリーは100gあたり100〜150kcalであることが多いようだ。カロリーは高くないが、しっかり味をしみ込ませているので塩分は意外と高い。食べすぎには注意しよう。

3. スモークチキンはそのままでも美味しい!

スモークチキンは薄くスライスするなどして、そのまま食べても美味しい。ハムのようにくるくると巻いてピンで刺せば、オシャレなつまみにもなる。チーズなどとも相性がよいので、サラダとして食べるのもおすすめだ。スモークチキン自体に味が付いているので、少量のドレッシングでも美味しく食べられるだろう。厚めにカットして、表面を焼いて食べても美味しい。焼くことで香ばしさがプラスされ、そのまま食べるのとはまた違った美味しさが楽しめる。

4. スモークチキンサンドやパスタにもアレンジ可能

そのまま食べても美味しいスモークチキンだが、アレンジの幅もとても広い。パスタのトッピングや具として使ったり、サンドイッチの具としても使い勝手がよい。乳製品とも相性がよいので、クリームパスタにしたりクリームチーズと一緒にパンに挟んだりしても美味しく食べられるだろう。パスタにする場合は、最後にアクセントとしてブラックペッパーをふると大人の味わいになる。意外なメニューとしては、炊き込みごはんがおすすめ。スライスしたスモークチキンと好みの具材、出汁や醤油などを加えて炊けば完成だ。

5. 残ったスモークチキンはどう保存する?

市販のスモークチキンは数日中に食べきるのであれば、冷蔵保存がおすすめ。食べきれない分は、使いやすいサイズにカットして冷凍保存するとよいだろう。冷凍するときはラップをしてからジッパー付きの袋に入れてしっかり密閉し、冷凍庫に入れよう。用途に合わせてカットしてから冷凍しておけば、あとで使う際に便利。何に使うか決まっていないときは、スライスして冷凍しておくと使い勝手がよいだろう。冷凍すれば1ヶ月ほど持つので、最後まで美味しく味わってほしい。

結論

スモークチキンはそのまま食べても美味しいが、食べ方のアレンジの幅が広いのも嬉しいポイント。サンドイッチやパスタなど、いろいろな料理に活用できる。たくさん買って保存しておけば、使いたいときに使いたい分だけ取り出せるので便利だろう。スモークチキンは自宅でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >