このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【そうめんチャンプルー】の作り方とは?麺がブヨブヨにならないコツ

【そうめんチャンプルー】の作り方とは?麺がブヨブヨにならないコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年3月13日

代表的な沖縄料理のひとつであるそうめんチャンプルー。そうめんといえば、めんつゆに麺をつけて食べる方法を思い浮かべる人も多いが、そうめんチャンプルーは具材と麺を炒めて食べる料理である。本記事では、そんなそうめんチャンプルーの具体的な作り方を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そうめんチャンプルーを作る際の食材の選び方

そうめんチャンプルーの材料を選ぶうえで一番重要なのは、やはりメインの具材であるそうめんである。美味しいそうめんを使えば、ほどよいモチモチ感を楽しめる質のよいそうめんチャンプルーを作ることができるのだ。

とにかく手っ取り早く、質のよいそうめんを選びたい人は「手延べそうめん」とパッケージに記載されているものを購入しよう。手延べそうめんとは、機械ではなく人の手を使って細く伸ばして作られたそうめんのことを指す。そうめん作りのプロがひとつひとつこだわって作っている麺で、麺の弾力性や塩分の加減、そうめん作りをする際の気温など、細部に気を配りながら生産している。そのため、かなり質のよいそうめんといえるだろう。

2. そうめんチャンプルーを作る際の下処理のコツ

それでは、ここからはそうめんチャンプルーを作る方法について解説していこう。まず、麺を茹ではじめる前にやっておきたい下処理が2つある。以下の項目を参考にしながら、そうめんチャンプルーを作る準備をしていこう。

ゴーヤの下処理を済ませておく

生のゴーヤには種やワタがある。まずはスプーンなどを使って種やワタを綺麗に取り出そう。ただし、ワタ部分にはビタミンCが豊富に含まれているため、あえてワタ部分をほんの少しだけ残すのもよいだろう。それが済めば次は、ゴーヤを3~5mm程度の幅で切り、鍋で軽く下茹でをしよう。

ゴーヤ以外の野菜や具材も切っておく

ゴーヤのほかにもニンジンやタマネギといった野菜を入れる人は多いと思うので、野菜類はすべて食べやすい大きさに切っておこう。豚肉や牛肉などの肉類を入れる場合は、これらも食べやすい大きさに切っておくとよい。

3. そうめんチャンプルーの簡単な作り方

そうめんチャンプルーの具材の準備が完了したら、いよいよ麺や具材を調理していく。「そうめんを炒めたらブヨブヨになってしまった」「麺同士がくっついてしまった経験がある」という人も以下の方法を参考にしながら作れば、失敗しにくくなるのでぜひ試してみてほしい。

麺を硬めに茹でて水をよくきる

まず、沸騰した鍋にそうめんを入れて茹でていく。柔らかくなるまで茹でてしまうと、後々ブヨブヨのそうめんに仕上がってしまうおそれがあるため、芯が少し残っているくらいの硬さで引きあげよう。また、そうめんを引きあげたあとは水をよくきることが大切だ。びしょびしょのまま、そうめんを放置してしまうと食感の悪い麺になってしまうため、注意が必要だ。そして、水をよくきったあとはそうめんにサラダ油をまぶしておく。

具材と麺を炒めて味付けをする

麺が茹であがったら、油をひいて熱したフライパンのなかにニンジン、タマネギを入れて炒める。火がしっかり通ったら、そうめん、肉類、ゴーヤを入れてさらに炒めていこう。最後に溶き卵を入れてほぐし、しょうゆや塩コショウなどで味を調整すれば完成だ。

4. そうめんチャンプルーを時短して作る方法

そうめんチャンプルーを時短して作りたい場合は、以下の工夫を取り入れてみよう。事前にほんの少しだけ準備をしておくことにより、効率的にそうめんチャンプルーを作ることができる。

茹でたゴーヤを冷蔵保存しておく

そうめんチャンプルーを時短したいのであれば、ゴーヤの下処理を前もって済ませておくとよい。ゴーヤを買ってきた段階で種やワタを抜いて切り、茹でて冷蔵保存しておけば、そうめんチャンプルーだけでなく、ゴーヤチャンプルーやゴーヤサラダなど、さまざまなゴーヤ料理に活用することができるため、効率的に調理ができる。

切り分けた野菜を冷蔵保存するのもおすすめ

そうめんチャンプルーをよく作る場合は、ゴーヤだけでなくそのほかの野菜も食べやすい大きさに切っておき、冷蔵保存しておくと非常に便利だ。とくに何種類も野菜を使う場合は、野菜を切るだけで時間を多くとられてしまうので、時間がある時に野菜も処理しておくとよいだろう。

結論

そうめんチャンプルーは、ポイントをいくつかおさえるだけで簡単に作ることができる。そうめん選びからこだわって作れば、沖縄料理の専門店で食べるような本格的なそうめんチャンプルーを再現することも可能なので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >