このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビビンバ弁当が人気の理由とレシピの紹介!少しの工夫で簡単調理!

ビビンバ弁当が人気の理由とレシピの紹介!少しの工夫で簡単調理!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年3月24日

代表的な韓国料理の「ビビンバ」は焼肉屋の人気メニューである。野菜がしっかりとれる、彩りがきれいなど、人気の理由も納得のいくものばかり。家庭だけにとどまらず弁当にもビビンバを持っていく人もいるようだ。ここでは、ビビンバ弁当の作り方やポイントなどについて見ていきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ビビンバ弁当に必要な材料は?

ビビンバとは、ごはんに牛肉と野菜のナムルをのせて、ごま油やコチュジャンなどの調味料で味付けをして食べる料理である。ビビンバとは韓国語で「混ぜごはん」という意味であり、本来は残り物をごはんにのせて作る手軽な家庭料理だった。基本的にはどんな野菜をのせてもよいと思われるが、日本ではビビンバの定番の具材がある程度決まっている。具体的には、以下のようなものが使われる。
  • 牛肉炒め
ひき肉を使用したり、スライスした薄切り肉を使ったりする場合がある。家で味付けをする場合は焼肉のタレが便利だ。
  • 人参のナムル
千切りにして茹でたあと、ニンニクと塩で味付けをしたもの。ナムルとは「野菜の和え物」を意味する。白ごまをまぶすと歯ざわりも香りもよい。
  • ほうれん草のナムル
茹でてから人参と同じ味付けをする。緑色が差し色になって、食欲がわきそうな、きれいな仕上がりになる。
  • もやしのナムル
もやしを使わないで作ることも多いが、安価な食材なので野菜をしっかりとりたいときにはおすすめだ。ひげ根を処理すると食べやすい。こちらも味付けは人参、ほうれん草と同じもの。
  • コチュジャン
具材には下味がついているのでそのままでも食べられるが、ビビンバはさらにコチュジャンをつける場合が多い。コチュジャンは豆板醤と同じく辛味調味料である。豆板醤は塩味が強いのに対してコチュジャンは甘みが強い。辛いのが苦手な人は、甜麺醤を代わりに使うのもおすすめだ。

2. ビビンバ弁当に卵はつけるべき?

ビビンバというと生卵がのせてあるものが多い。しかし、弁当はすぐに食べなかったり、常温保存したりするもの。衛生面では不安が大きい。トロッとした黄身がごはんや具材に絡むのはなんとも魅力的ではあるが、弁当に生卵をつけるのは避けておこう。
もしビビンバ弁当に卵を入れる場合には、炒り卵や茹で卵がおすすめである。ビビンバは人参のオレンジやほうれん草の緑が差し色としてあるが、卵の黄色が入るとよりいっそう彩りがきれいだ。なお、差し色に黄色を入れたい場合は、卵ではなくたくあんを付けるという方法もある。野菜のナムルはほとんど同じ味付けなので、風味に変化をつけたいときには漬物を入れるという方法を試してみよう。

3. 忙しい朝でもOK!ビビンバ弁当をサッと作るコツ

弁当は朝作るのが基本だが、朝はそのほかの準備に追われて調理にかけられる時間が少ない。そんなときでも少しだけ工夫をすれば、簡単にビビンバ弁当を作ることが可能である。朝から手軽に作れるビビンバ弁当のポイントを見ていこう。
  • 焼肉のタレを使う
牛肉には醤油や砂糖を使って味をつける作り方もあるが、焼肉のタレを使うと簡単に美味しく作れる。時間があるときに作り置きもできるので、朝バタバタしたくないときは前日に作っておくとよいだろう。
  • 野菜は電子レンジで加熱
人参、ほうれん草、もやしといったナムルの材料はすべて電子レンジで加熱できる。シリコンスチーマーや耐熱容器に入れて加熱しよう。水を沸かす必要もなく、水溶性の栄養素を無駄なくとれるというメリットもある。
  • キムチを使う
キムチは白菜からできているため、野菜のナムルの代わりになる。また、コチュジャンの代わりに調味料として使うことも可能だ。コチュジャンを買ってもそのほかに使い道がないという人は、活用度の高いキムチを使ってみよう。

結論

ビビンバは彩りがよく栄養バランスもよい料理である。いろいろな具材を使うので手間がかかると感じる人もいるかもしれないが、少しの工夫で簡単に作ることが可能だ。作り置きや時短の工夫を凝らして、ランチタイムが楽しみになるビビンバ弁当を作ってみよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >