このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆腐ステーキにはあんかけがおすすめ!栄養もボリュームも補える!?

豆腐ステーキにはあんかけがおすすめ!栄養もボリュームも補える!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年3月26日

豆腐ステーキの味付けには、タレやトッピングなどいくつか選択肢がある。その中でも、あんかけはひと手間かけるこだわりのトッピングだといえる。しかしただ手間がかかるだけでなく、栄養面で嬉しいトッピングでもあるのだ。本記事では、豆腐ステーキにあんかけを組み合わせるメリットを中心に紹介していく。あんかけを味付けの選択肢に入れていただければ幸いだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豆腐ステーキ単品では栄養面が不安、あんかけで補おう!

豆腐ステーキは単体でも美味しいが、一方で栄養面はやや不足しがちだ。豆腐自体の栄養価はミネラルを中心に高いものの、豆腐ステーキは豆腐単品であるため限界がある。そのため、豆腐ステーキにはトッピングを添えて栄養を補うのがよい。中でも、あんかけはおすすめのトッピングのひとつだ。というのも、あんかけには具材を多く入れられるため、より幅広い栄養を補える。また、あんかけのとろみにより豆腐ステーキのボリューム感が増し、満腹感を得られるのも嬉しい。豆腐を焼く前にあんかけ作りの工程が増えるため、手間はかかる。しかし、その手間に見合ったメリットは得られるはずだ。豆腐ステーキをよく食べるが味付けにマンネリを感じている人などは、ぜひあんかけ作りを試していただきたい。

2. 豆腐ステーキのあんかけには、栄養たっぷりで彩り豊かな具材を使いたい!

あんかけ作りは一見難しそうだが、手順を覚えてしまえば意外なほどすぐにできる。具材を炒めてから、水と調味料、片栗粉を加えればよいだけだ。配合によりとろみの強さが異なるため、試しながら好みのとろみを見つけていただくのがよい。ここで重要なのは、あんかけに使う具材選びだ。豆腐ステーキの栄養を補うため、ビタミン類を豊富に含むものがよい。また、豆腐ステーキは主菜にしてはたんぱく質が少なめであるため、たんぱく質も補えればなおよい。さらに見ための彩りも考えられれば最高だ。おすすめの食材は、たとえばにんじん、ピーマン、もやし、豚ひき肉あたりだ。ちょっとした肉野菜炒めくらいのボリュームがあるため、豆腐ステーキにかければ栄養価も期待できる。

3. あんかけの味をアレンジして、豆腐ステーキを美味しく食べよう!

あんかけの味付けは、基本的には鶏ガラスープとしょうゆがベースだ。ただしこれはあくまで基本であり、アレンジを加える余地はある。豆腐ステーキには幅広い味が合うため、あんかけの味付けをいろいろ試してみるのもよい。アレンジの一例を紹介する。

・純和風

鶏ガラスープの代わりにかつおやしいたけの出汁を使うと、あんかけをより和風の味わいに仕上げられる。淡白な味わいにもできるし、しょうゆやみりんの量を調整して濃厚な味に仕立ててもよい。この味付けの場合、ねぎや小松菜など、和食によく使われる野菜と相性がよい。和風の味付けが好きな人は、ぜひ試していただきたい。

・洋風

コンソメベースの出汁をあんかけにすることもできる。基本や純和風の味とは方向性が大きく違い、一風変わった味わいの豆腐ステーキを楽しめるだろう。洋風の味付けの場合、具材はウインナーやセロリなど、コンソメスープに入れるようなものがおすすめだ。もちろん、基本のあんかけに入れるような具材を入れても構わない。具材と豆腐ステーキとの相性を楽しもう。

基本的に、具材として野菜を美味しく食べられる味付けが望ましい。ほかにも、豆腐ステーキと合わせると面白い味は多数ありそうだ。好みの味付けを見つけていただきたい。ただ、あんかけは味が濃くなりがちだ。塩分過多には気を付けよう。

結論

豆腐ステーキにあんかけを組み合わせると、あんかけの具材により栄養を補うことができる。豆腐ステーキ単品では栄養面が不十分なため、あんかけは身体に嬉しいトッピングだといえる。具材はさまざまな選択肢があるが、緑黄色野菜や肉などを組み合わせて、彩りも豊かにしたい。あんかけの味付けなども工夫し、各自で美味しいあんかけを作っていただければ幸いだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ