このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【スコップコロッケ】は低カロリーで手軽!挑戦したい具材を探そう!

【スコップコロッケ】は低カロリーで手軽!挑戦したい具材を探そう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年3月22日

最近ちまたで話題になっている「スコップコロッケ」は食べやすく低カロリーだと人気がでている。しかし、コロッケよりカロリーが低くできるのはなぜなのだろうか。こちらではスコップコロッケの魅力を探っていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スコップコロッケの魅力とは?

スコップコロッケは、ひとつずつ具材を丸めて油で揚げていくコロッケとは違い、大きな皿の中にコロッケの具を入れてその上にパン粉をまぶして焼いた料理だ。一見グラタンのように見えるが、中身はコロッケである。スコップコロッケの魅力を探っていこう。
  • コロッケより簡単に作れる
コロッケは中身を作り、さらに丸めて油で揚げると行程が多く、とても手間がかかる料理だ。仕事から帰宅して作るのをためらってしまう人も多いだろう。しかしスコップコロッケなら、中身を耐熱皿に入れて焼くだけの手軽さ。どんなに忙しい人でも簡単に調理できるのが魅力である。
  • 油で揚げないために低カロリー
スコップコロッケは油で揚げないので、カロリーが抑えられるのが魅力。一般的なコロッケは油で揚げる過程において、多くの油を吸収してしまう。スコップコロッケはオーブンで焼いて作るため、その心配がないのだ。上にパン粉をまぶすとよりコロッケのサクサクとした歯ごたえが楽しめるが、もちろん具材だけでも十分コロッケ感を味わえる。

2. スコップコロッケの人気レシピ

スコップコロッケは手軽に作れるので、ぜひ一度は作ってみたい料理である。そこでおすすめのスコップコロッケのレシピを、いくつかまとめていこう。
  • 定番スコップコロッケ
こちらはいつも通り、おなじみのコロッケの具材を作ったら、耐熱皿に入れてパン粉をまぶすタイプ。スコップコロッケの定番でもあり、クセがないので誰でも食べやすいのがポイントだ。
  • おつまみスコップコロッケ
ごはんのおかずではなく、ワインなどの洋酒と合わせて食べたいつまみ。具材は生ハムやチェダーチーズ、アボカドなどを使っており、軽めに食べられるのが嬉しい。お腹を満たすというよりは、味を楽しむものだ。
  • 海老と里芋のスコップコロッケ
少しオシャレ感を出したい人におすすめなのが、里芋を使ったスコップコロッケ。一般的なコロッケでも里芋を使うことがあるだろう。里芋のあとを引く美味しさが人気だ。また海老のプリプリ感としっとりした里芋の味わいが、絶妙である。
  • カニクリームコロッケ風
コロッケの中で根強い人気があるのが、クリームコロッケ。実際に蟹を使ってもよいが、かにかまぼこを使って気軽に食べられるスコップコロッケを作るのもおすすめ。

3. スコップコロッケを美味しく作るコツ

スコップコロッケを作る際に、美味しく作るコツはあるのだろうか。スコップコロッケの中身はコロッケなので、好きな具材を選ぶのがよい。よりコロッケらしい食感を求めている人には、パン粉にこだわってほしい。
コロッケは周囲にパン粉を付け油で揚げることで、食べた時にサクサクとした食感が生まれる。スコップコロッケは具材をそのまま焼くため、サクサクした食感が作りにくい。そのままパン粉をまぶしてオーブンに入れるのではなく、一度フライパンでパン粉を炒るのがよい。油をひかずにパン粉だけ炒ることで、こんがりとした色みに変わる。炒ったパン粉をスコップコロッケの下に敷いたり、上にまぶすとコロッケのような食感を感じられる。スコップコロッケの美味しさの秘密は、できるだけ衣の部分をサクサクさせること。また、パン粉を多めに炒れば、取り分けたときにも全員にサクサクした部分が回る。

結論

こちらではスコップコロッケがどんな料理なのかをはじめ、美味しいレシピやおすすめの美味しくするコツなどをまとめてきた。スコップコロッケはまだまだ知らない人も多いかもしれないが、作ってみると一般的なコロッケよりも簡単で味わい深いのがわかる。また、低カロリーなので、気軽に食べられるのも魅力だ。ぜひ、この機会に自分の好みの味を探してスコップコロッケを楽しんでほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >