このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ピーナッツバターのサンドイッチ】は超簡単!時間のない朝におすすめ!

【ピーナッツバターのサンドイッチ】は超簡単!時間のない朝におすすめ!

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月30日

パンに塗って食べるイメージの強い「ピーナッツバター」。いつも同じ食べ方でマンネリ化しているという人も多いのではないだろうか。とはいえ、手の込んだものは作りづらい。そこでおすすめなのがサンドイッチである。今回はピーナッツバターサンドについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピーナッツバターとは

ピーナッツバターとは、煎ったピーナッツ(落花生)をペースト状になるまですりつぶしたものである。パンに塗ったり、菓子作りや料理に使用したりする。バターという名がついているがバターが含まれているわけではなく、ピーナッツ自体がもつ油脂によって、バターのようななめらかな食感になるのだ。

ピーナッツバターとピーナッツクリームの違い

ピーナッツバターの発祥地といわれているアメリカでは、原料の90%以上にピーナッツが使われていることがピーナッツバターの条件とされている。しかし、日本では明確な基準はなく、ピーナッツのほか砂糖や水あめ、油脂、食塩などを加えた、いわゆる「ピーナッツクリーム」もピーナッツバターと同義とされることがある。

ピーナッツバターの味わい

ピーナッツのコクのある風味はパンにぴったり。日本では砂糖などが加えられた甘いピーナッツバターが主流だが、ピーナッツのみで作ったものも香り高く美味しい。そのままパンに塗って食べるときには加糖のものを、料理に使用するときは無糖のものを選ぶなど、使い分けるのもいいだろう。

2. ピーナッツバターはサンドイッチがおすすめ

ピーナッツバターの食べ方でもっともポピュラーなのはパンと合わせる食べ方だ。トーストした食パンやバケットにピーナッツバターを塗るだけでも美味しいが、おすすめはサンドイッチである。ほかの食材と組み合わせてサンドすることで、美味しさも倍増だ。人気の組み合わせはバナナ。ほかにもさまざまなフルーツと組み合わせてみよう。

ピーナッツバターとバナナのサンドイッチ

軽くトーストした食パン2枚の片面にピーナッツバターを塗る。1枚に皮をむいてスライスしたバナナを並べる。もう1枚の食パンで挟み、食べやすい大きさにカットする。

3. ピーナッツバターサンドのプチアレンジ

ピーナッツバターのシンプルサンドを覚えたら、次はアレンジしたものに挑戦してみよう。

ピーナッツバター&ジェリーサンド

アメリカで人気のピーナッツバターサンド。食パンでサンドするのももちろんいいが、おすすめはベーグルサンドだ。作り方はいたって簡単。食パンまたはベーグルにピーナッツバター、ジャムを塗ってサンドするだけでできあがる。アメリカではぶどうジャムなどがポピュラーだが、ブルーベリージャムやマーマレードなどもおすすめである。

エルヴィスサンド

世界中で人気のロックスター、エルヴィス・プレスリーが愛したとされるピーナッツバターを使ったサンドイッチである。バナナの甘さとベーコンの塩気がクセになる。
フライパンに油を熱し、ベーコンをカリカリになるまで焼く。バナナは皮をむき、スライスしておく。食パン2枚の片面にピーナッツバターを塗り、具をのせてサンドする。フライパンにバターを溶かし、サンドイッチの両面に焼きめがつくまで焼く。

4. サンドイッチ以外にも!ピーナッツバターの食べ方

市販のピーナッツバターは大容量のものも多い。サンドイッチだけでは使いきれないということもあるだろう。そこで、パンに塗ったり、サンドイッチにするなどの定番の食べ方以外にも、ピーナッツバターを楽しむ方法を紹介しよう。

お菓子作りに

加糖ピーナッツバターの場合はお菓子作りに使用するのがおすすめ。クッキーやパウンドケーキ、マフィンなどさまざまなスイーツに使うことができる。ピーナッツバターのコクと甘さがあるため、砂糖の使用量を控えめにすることができる。

料理に

醤油などと混ぜてほうれん草やにんじんと和えたり、炒め物に使うこともできる。串に刺した鶏肉にピーナッツバターを使ったソースを塗って焼けば、一気にエスニック風になる。

結論

ピーナッツバターを使ったサンドイッチについて紹介した。ピーナッツバターには不飽和脂肪酸や食物繊維など、さまざまな栄養素が豊富に含まれている。美味しいだけでなく、身体にもうれしいピーナッツバターサンドをぜひ朝食の定番に取り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >