このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おからパウダーでクッキーを作ろう!ヘルシーなおやつに変身!

おからパウダーでクッキーを作ろう!ヘルシーなおやつに変身!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年3月24日

おからパウダーで作るおからクッキーが話題だ。おからパウダーをクッキーに入れることで、カロリーを抑えることができ、腹持ちもいいので、体重が気になる時や糖質制限中のおやつにピッタリなのだ。作り方も簡単で、たくさん作っておけば小腹がすいたときのおやつに最高だと評判だ。今回はそんなおからパウダーを使ったクッキーの作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おからパウダーで作るクッキーとは

おからパウダーとは、おからをパウダー状にしたものだ。粒が細かいので小麦粉の代わりとしてさまざまな料理やお菓子作りに使えると人気である。さらにおからパウダーを使用することで糖質を抑えられ、体重制限中や糖質制限中の人にピッタリなのだ。また、おからパウダーは水分を含むことで膨張するため、腹持ちもよく満腹感を得られやすい。おやつとして飲み物と一緒に摂取するといいだろう。今回は、そんなおからパウダーを使ったクッキーの作り方を紹介していこう。おからパウダーを使ったクッキーなら罪悪感も少なく美味しくおやつを楽しめることだろう。

2. おからパウダーで作るクッキーの基本の作り方

■材料

おからパウダーを使ったクッキーの材料は、通常のクッキーの材料におからパウダーをプラスするイメージだ。通常のクッキー作りには薄力粉などを使用するが、そこをおからパウダーに変更する。ほかは、砂糖やたまご、バターを使う。さらにヘルシーに仕上げたいのなら牛乳を使うところを豆乳に変更するのがおすすめだ。

■作り方

おからパウダーと砂糖をボウルに入れ、泡立て器などを使いよく混ぜる。その際、小さくカットしたバターを加えて手でポロポロになるようにすり混ぜる。そこにたまごを加えてさらに混ぜていき、牛乳か豆乳を加えて生地をまとめていく。まとまったら、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で1時間ほど休ませる。めん棒を使い生地を伸ばしていく。その際の厚さはだいたい5mmが目安だ。できたら好きな型で抜いていく。あとは、170℃のオーブンで20~25分ほど焼いたら完成だ。サクサクとした食感で、おからパウダーを使ったことをあまり感じさせないような本格的なクッキーの仕上がりになる。

3. アレンジ可能!おからパウダークッキー

おからパウダーを使ったクッキーはさまざまなアレンジができるので、いろいろな味わいのクッキーを作ることができる。作り方やプラスする材料によって食感や味わいが変わってくるので、オリジナルのおからパウダークッキーを作っておやつを楽しんでみてはいかがだろうか。

■おからとヨーグルトのソフトクッキー

おからパウダーを使ったクッキーにヨーグルトをプラスすることで、しっとりとしたソフトクッキーのような味わいになる。作り方はボウルに無糖のヨーグルトとおからパウダー、きび糖を加えて混ぜ、オーブンシートの上に一口大にカットして並べる。200℃のオーブンで20分ほど焼いたら完成だ。好みでナッツやチョコをプラスすれば、食感も楽しいおからパウダー入りのソフトクッキーが味わえる。

■チーズおからクッキー

おからパウダーを使ったクッキーにクリームチーズを加えることで、チーズの味わいがアクセントになったしっとりしたクッキーに仕上がる。作り方は柔らかくしたバターとクリームチーズに好みの甘味料を混ぜて、バニラエッセンス、たまご、おからパウダーを入れてよく混ぜ、ひとつにまとめる。一口大に丸めた生地をオーブンシートに並べ、170℃のオーブンで20~25分ほど焼いたら完成だ。このクッキーの場合は、生地が柔らかいので型抜きをするより手で丸めてボールのような形にしていくのがおすすめだ。

結論

クッキーにおからパウダーを加えることで、サクサクとした食感のヘルシークッキーに仕上がる。ヨーグルトやクリームチーズなど材料を加えることで、味や食感に変化も出るうえしっとりとした仕上がりになるので、いろいろなタイプのおからパウダークッキーを作ることができる。おからパウダーを使うことで糖質を抑えられたヘルシーなクッキーになり、体重制限中や糖質が気になる人も安心して食べられるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >