このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モダンメキシカンを知ってる?トレンド大本命な進化系料理を紹介!

モダンメキシカンを知ってる?トレンド大本命な進化系料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年4月14日

さまざまなフードのプロフェッショナルたちが昨年から、大プッシュしているのがモダンメキシカンと呼ばれるカテゴリー。とくにタコス人気は顕著で、都内には専門店が続々登場。2店目、3店目と増えるような勢いだ。今回はそんなタコスをはじめとするモダンメキシカンの魅力に迫っていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モダンメキシカンとは

メキシコで長らく食べられてきた伝統的なメキシコ料理をより進化させたものが、モダンメキシカンというカテゴリー。日本でのブームはもちろん、アメリカやコペンハーゲン、シンガポールなど、世界各国で今話題を集めているカテゴリーでもある。

モダンメキシカンを取り巻く今

日本でモダンメキシカンに火がついたのは2019年。メキシコ料理の真髄でもあるタコスのみをコースで食べさせる店、フレンチのようなお任せコースをメキシコ料理で体現した店が登場したことが起因となっている。さらにカジュアルでありながらも、素材にこだわりをもつタコス専門店やワンランク上のチェーン店も登場しているのが現状だ。

トレンドの背景

さまざまな要素があるなかで、そのひとつに美味しさに対するプライオリティの変化がある。高度経済成長期を経た平成の日本ではどちらかといえば、高級料理に注目が集まることが多かった。リッチな食材をゴージャスな空間で食べることが好まれる時代から、だんだんとより本当に美味しいものを求める時代へと変化したのが平成の中盤から後期だ。そのなかで、クラフト感や健康意識、オーガニックが大きなキーワードになってくる。
だんだんとクラフトビールやヴァンナチュールが人々の生活に浸透するのと同時に、食事もこだわった素材、本物の素材の味を最大限に引き出すようなものに変化した。令和という新しい時代を迎え、さらなる進化系が求められるなか、モダンメキシカンにスポットライトが当たったのだ。

2. 進化系モダンメキシカンの美味しさ

伝統と進化

モダンメキシカンの真髄とも呼べるタコスは、メキシコの主食のひとつ。メキシコでは何千年も前から、トウモロコシが主食として食べられている。その加工品のひとつがタコスのベースになるトルティーヤである。トルティーヤの作り方は伝統的なもので、人伝いで継承されることも多く、そういった意味では非常にプライベートな側面を持つ食事である。家庭によって味わいが異なる、いわゆるソウルフードとも呼べる存在だ。その伝統に敬意を払いつつ、その土地、その土地のエッセンスを加えながら進化したものこそ、モダンメキシカンに値する食である。

食べやすさ

新しい食文化は受け入れづらいことも多いが、メキシコ料理は意外に日本料理との共通点も多い。例えば、メキシコでよく食べられているセビーチェというマリネ料理には、生の魚が使われる。また優しい味付けが多いところも似ているポイント。もちろん、素材や味付けに大きな違いはあれど、日本らしいアレンジを加えた進化版であれば、食べやすくなるポテンシャルを秘めているのだ。

味の汎用性

シンプルな味わいのトルティーヤを使ったタコスは、どんな食材をも受け入れる器がある。そのため、アレンジの幅が非常に広い。またそもそもタコスは、パクチーやライム、唐辛子などでアレンジしながら食べるものである。味の自由度が高いことも進化系モダンメキシカンを生み出した背景と言えるだろう。

3. 家で進化系モダンメキシカンを楽しむなら

タコスがおすすめ

自宅でもモダンメキシカンを楽しむことが可能。タコスであれば、よりカジュアルに、リラックスしたムードを演出することができる。トルティーヤは市販品を購入することも可能。タコスのフィリングは自分らしいアレンジを加えてOK。シンプルなグリルしたチキン、ビーフなどをはじめ、レンコンサラダやひじきの煮物、ナムルやなますなどを合わせてもよい。ライムとパクチー、紫玉ねぎのみじん切りを散らすとムードがぐっと出る。ホームパーティーにもぴったりだ。

結論

実際に専門店で食べてみると、さすが進化系モダンメキシカン。日本人の口に合う新しいメキシコ料理が生み出されているのがわかる。非常に食べやすく、見た目にもおしゃれで美しい。まずは一度、お店で食べてみることをおすすめしたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ