このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【アスパラの肉巻き】の基本的な作り方とアレンジレシピを紹介!

【アスパラの肉巻き】の基本的な作り方とアレンジレシピを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

鉛筆アイコン 2020年4月 9日

シャキシャキとした食感のアスパラを豚肉や牛肉で巻いたアスパラの肉巻き。アスパラと一緒にチーズを巻いてフライにしたり、アスパラ1本まるごと使用したり、卵黄に絡めながら食べたり、ハーブソルトでシンプルに味付けしたり、いろいろとアレンジできるのが魅力のひとつだ。

  

1. アスパラの肉巻きに使用する食材の選び方

最初にアスパラの肉巻きに使用する食材の選び方を紹介しよう。アスパラの肉巻きに使用する食材は基本的にアスパラと豚バラ肉または牛肉の薄切りでOK。アスパラは年間を通して輸入されたものが店舗に並ぶが、4~7月にかけての旬の時期はやわらかく甘みがある新鮮な国産のものが登場する。

アスパラ選びのポイントは太めでまっすぐ伸びており、茎は緑が濃くハリやツヤがあるものが良品だ。鮮度は根元と穂先でチェックすること。根元は切り口がみずみずしく、穂先はかたく締まったものが新鮮だ。野菜の中でも鮮度落ちが早いほうなので、3日くらい経つと水分が減り繊維がかたくなったり苦みが出たりするので、購入後はなるべく早めに食べるようにしてもらいたい。ただし1~2日くらいならラップに包み、冷蔵庫の野菜室で穂先を上に立てて保存すればOK。

肉巻きに使用する肉は豚肉でも牛肉でも構わない。豚肉を選ぶときのポイントはツヤがありやや淡く灰色がかったピンク色のものが良品だ。鮮度が落ちてくるとピンク色が退色し、灰色が強くなり全体が沈んだ色になる。牛肉選びのポイントは赤身の部分がキメこまやかで、ツヤと弾力があり色鮮やかなものを選ぶとよい。脂肪の部分はクリーム色か乳白色でツヤと絞まりがあるものが良品だ。

2. 基本的なアスパラの肉巻きの作り方

次に基本的なアスパラの肉巻きの作り方を紹介しよう。今回は豚バラ肉を使用してこんがり焼くアスパラの肉巻きのレシピだ。用意するのは薄切りの豚バラ肉・グリーンアスパラガス・塩・こしょう・サラダ油でOK。まずアスパラは根元を1cmほど切り落とし、根元から4~5cmほど皮をむき、長さを半分にカットする。鍋に湯を沸かし塩少々とアスパラを入れ1~1分半ほど茹でる。茹であがったら、アスパラをザルにあげ、あおいで冷ます。水にとって冷ますと香りが飛ぶので、ザルにあげ、うちわなどであおぐのがポイントだ。

豚バラ肉は1枚ずつひろげ塩こしょうをふる。アスパラ1切れに豚肉1枚をななめに巻きつけ、残りも同じように巻く。豚バラ肉を巻くときはすき間ができないよう、少し重ねる感じでななめにグルグルと巻きつける。フライパンに油を熱しアスパラの肉巻きの巻き終わりの部分を下にして並べ入れて焼く。あとはときどき返しながら、全体に焼き色がついたら取り出し、器に盛り付けて完成だ。

3. アスパラの肉巻きのアレンジレシピ

次にアスパラの肉巻きのアレンジレシピを紹介しよう。ひとつめはアスパラの肉巻きに衣をつけて揚げる方法だ。基本の作り方と同じようにアスパラに豚バラ肉を巻き、塩こしょうで味付けしたら、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、アスパラの根元から竹串を刺す。あとはフライパンに揚げ油を熱しアスパラの肉巻きを入れ、こんがりと焼き目がついたら取り出し器に盛り付ければ完成だ。

最後にアスパラの肉巻きミラノ風を紹介する。作り方は基本の作り方と同じくサッと茹で冷ましたアスパラに豚バラ肉を巻き塩こしょうしたら、フライパンに油を熱して焼く。器に盛り付け熱いうちに卵黄をのせ、粉チーズと粗挽き黒こしょう、オリーブオイルをかければ完成だ。ほかにもカレーにトッピングしたり、肉の代わりにベーコンやちくわを巻いたり、タルタルソースをつけて食べても美味しい。

結論

アスパラの肉巻きに使用する食材の選び方や基本的なアスパラの肉巻きの作り方、アスパラの肉巻きのアレンジレシピを紹介した。今回は豚バラ肉を使用したが、紹介したように薄切りの牛肉でも構わないし豚肩ロース肉で巻いてもOK。紹介した方法はもちろん、いろいろとアレンジしてアスパラの肉巻きを味わってもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年4月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ