このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ポークジンジャーの作り方を紹介!やわらかく仕上げるコツとは。

ポークジンジャーの作り方を紹介!やわらかく仕上げるコツとは。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年4月28日

ポークジンジャーは基本的にとんかつ用の豚ロース肉を使用して作ることが多いが、豚もも薄切り肉で調理することも可能だ。味付けは、すりおろした玉ねぎやニンニク、しょうが、しょうゆ、みりんなど。レシピによっては味噌を使用したり、ハチミツを加えたり、上からチーズをかけたり、カレー風味に仕上げたり、アレンジして楽しめるのが魅力のひとつといえるだろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポークジンジャーの特徴

最初にポークジンジャーの特徴を紹介しよう。基本的に厚みのあるとんかつ用の豚ロース肉を使用して調理することが多いポークジンジャー。しょうが焼きと似ている料理だが、しょうが焼きは豚もも薄切り肉や豚こま肉を使用して調理することが多いようだ。ポークジンジャーの特徴のひとつが、すりおろした玉ねぎ・しょうが・りんご・ハチミツなどで味付けするところだろう。

しかし各家庭によってはマヨネーズで炒めたり、みょうがをたっぷりトッピングしたり、チーズをのせたり、とろりとした食感のアボカドをアクセントにして作ったり、黒酢を加えて作る人もいるようだ。しょうが焼きと比較すると厚切りな豚ロース肉のほうが、ボリューミーで食べごたえがあり、豪華な一品となるだろう。

ポークジンジャーを作ろうと厚みのある豚肉を購入したが、焼くとかたくなってしまうのではと不安に感じている人もいるだろう。ちょっとしたコツを身につければやわらかでジューシーに仕上げることができる。その方法のひとつが肉の脂身と赤身の境あたりにある筋に数ヶ所ほど包丁で切れ目を入れておくことだ。筋を切ることで肉が縮むのを防止することができる。

ほかにも、肉にすりおろしたしょうがを漬け込んでおくことも、やわらかく仕上げる方法のひとつだ。しょうがに含まれている酵素には豚肉のタンパク質を分解し、やわらかくする働きがある。漬け込むときは豚肉全体的にしょうがの酵素が行きわたるように、フォークなどで肉を数ヶ所刺して中心部まで浸透させよう。

2. ポークジンジャーの基本の作り方

次にポークジンジャーの基本の作り方を紹介しよう。今回は有名料理店のシェフのレシピをレクチャーする。使用する材料は豚ロース肉・小麦粉強力粉・塩・こしょう・酒・玉ねぎ・しょうが・ニンニク・りんご・しょうゆ・砂糖・酢・サラダ油でOK。作り方は豚ロース肉に塩こしょうをふり、小麦粉を肉全体にしっかりとまぶす。玉ねぎ・しょうが・ニンニク・りんごはすりおろしてボウルに入れ、酒・しょうゆ・砂糖・酢と混ぜてソースを作る。

フライパンを強火で熱し多めの油で肉を押すように焼く。片面に焼き目がついたら裏返し、再び押しながら焼き、酒でフランベする。表面がこんがり焼けたら、ソースを入れ、肉に絡めればポークジンジャーの完成だ。美味しく仕上げるポイントは焼く前に、豚ロース肉に小麦粉をまぶしておくこと。ソースとの絡みがバツグンによくなる。もし家庭に強力粉があるならば、使用する小麦粉は薄力粉より強力粉をおすすめする。強力粉は粒が粗くサラサラしているためダマになりにくく、カリッとした食感に仕上がる。

3. ポークジンジャーのアレンジ料理

ポークジンジャーのアレンジ料理を紹介しよう。豚ロース肉の脂身をカットし、きのこ類をたっぷりと使用したウスター風味のポークジンジャーだ。使用する材料は豚ロース肉・生椎茸・しめじ・舞茸・しょうが・ウスターソース・砂糖・カレー粉・塩・こしょう・サラダ油だ。

豚ロース肉は外側の脂身を少し残し切り取る。焼いたときに縮まないよう肉の表面に浅くななめに切り目を入れて、塩こしょうをふる。生椎茸は石づきを除き四つ割りにし、しめじと舞茸は根元を落とし食べやすい大きさに分ける。ボウルにすりおろしたしょうが・ウスターソース・砂糖・カレー粉を入れウスタージンジャーソースを作る。

次にフライパンにサラダ油を入れ弱めの中火で熱し豚ロース肉を並べて焼き、片面に焼き色がついたら裏返し、空いているところにきのこ類を入れて焼く。フライパンを揺すって火を通し、きのこ類がしんなりとし全体に焼き色がついたら、ウスタージンジャーソースの2/3くらいの量を肉にまわしかける。

肉を裏返してソースを絡め、全体になじんだら器に盛り付ける。フライパンを再度弱火にかけ残りのウスタージンジャーソースを入れ、軽く煮詰めて盛り付けたポークジンジャーときのこ類にかければ完成だ。ほかにもイングリッシュマフィンの間にキャベツと一緒にサンドしたり、豚ひき肉でポークジンジャーを作り千切りにしたキャベツの上にのせたり、アレンジして食べる方法はたくさんある。

結論

ポークジンジャーの特徴や基本の作り方、アレンジ料理を紹介した。ほかにもゴマかつお風味に仕上げたり、サラダの上にトッピングしてマヨネーズを絡めて食べたり、白ワインとりんごを加えて香りを楽しんだり、ポークジンジャーの食べ方はバラエティー豊かである。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ