このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ガスパチョ】の作り方を徹底解説!ひんやりとしていてクセになる!

【ガスパチョ】の作り方を徹底解説!ひんやりとしていてクセになる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年4月11日

代表的なスペイン料理のひとつであるガスパチョ。ガスパチョは、トマトやキュウリなどを使ったみずみずしい冷製スープなので、夏に飲みたくなるスープといえるだろう。本記事ではそんなガスパチョの作り方について解説していく。コツさえおさえてしまえば、自宅でも本格的なガスパチョを簡単に再現できるので、参考にしていただけたら嬉しい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガスパチョのカロリーはどのくらい?

ガスパチョのカロリーは、100gあたり約67kcalである。1人前の量(162g)に換算すると、おおよそのカロリーは約109kcalになる。ちなみに、ほかのスープのカロリーと比較をすると、ガスパチョのカロリーはやや高カロリーであることが分かる。
【さまざまなスープのカロリー一覧(100gあたり)】
コーンスープ:約425kcal
ミネストローネ:約47kcal
オニオンスープ:約35kcal
ミネストローネやオニオンスープは、トマトやオニオンといった比較的低カロリーな野菜をメインに使っている。一方ガスパチョは、バゲットやオリーブオイルといったカロリーの高い食材を使う傾向にあるため、どうしてもカロリーがやや高くなってしまうのだ。
ただし、さらに高カロリーな食材を使う傾向にあるコーンスープと比較をすると、ガスパチョは低カロリーなので、ガスパチョが断トツで高カロリーというわけではない。

2. ガスパチョを作る時の食材の選び方

ガスパチョのメインの食材は、トマトやキュウリといった野菜である。このようなメインの野菜を慎重に選べば、質の高い美味しいガスパチョを作ることができる。まずは、トマトとキュウリの選び方を解説していこう。

美味しいトマトの選び方

トマトは、皮が張っていて、手に持った際に重みを感じられるものを選ぶのが好ましい。また、皮は濃い赤色で、ヘタは濃い緑色をしているものを選ぼう。表面にキズがあったり、ふにゃふにゃとしているものは傷んでいたりする可能性があるため、避けるようにしよう。

美味しいキュウリの選び方

キュウリは、表面に硬く尖っているイボがたくさんついており、濃い緑色をしているものを選ぼう。また、できるだけくびれがないものを選ぶのが好ましい。

3. ガスパチョを作る時の下処理のコツを解説

ガスパチョを作り始める前に、いくつかやっておくべき下処理がある。まずはガスパチョに使用する野菜や具材の下処理を済ませておこう。
トマト、キュウリ、パプリカなどはざく切りにしておくとよい。また、見栄えをよくしたいのであれば、スープの飾りとして盛り付けるために角切りのトマト、キュウリ、パプリカも用意しておこう。
そして、バゲットは一口大のサイズにちぎり、水を軽くふりかけて湿らせておくのがポイントだ。バゲットを湿らせておくことにより、スープに溶け込みやすくなるので忘れずに処理しておこう。

4. ガスパチョの簡単な作り方を紹介

下処理が完了したら、いよいよ具材をミキサーにかけて味付けをしていく。以下の方法を参考にしながら、ぜひガスパチョを作ってみてはいかがだろうか。

具材をミキサーにかける

トマト、キュウリ、パプリカ、バゲット、すりおろしたニンニク、水、オリーブオイル、酢をミキサーに入れて、具材がすべてなめらかになるまで細かく砕いていく。具材がミックスできたら、塩コショウを入れて味を調えていこう。

冷蔵庫で冷やす

ミキサーの中身を皿に盛り付けて、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。キンキンになるまで冷やしたら、角切りにしたトマト、キュウリ、パプリカをトッピングして完成である。

5. ガスパチョを時短して作るポイント

ガスパチョを時短調理したい場合、トマトの代わりにトマトジュースを代用するのがおすすめだ。キュウリとパプリカを切っている間、トマトジュースの中にバゲットを浸しておけば、バゲットの下処理もスムーズに行えるので一石二鳥である。
ただし、トマトジュースを代用する場合は、できるだけ糖分の入っていないものを選ぶことが重要である。甘さが強いトマトジュースだと、味のバランスが大きく崩れるおそれがあるため、必ず糖分の量をチェックしてから使用するのが大事だ。

結論

ガスパチョはややマイナーなスープであるため「作るのが難しそう」という印象をもっている人もいるかもしれないが、実は非常に簡単な工程で作ることができる。また、トマトジュースを使えば大幅に時短して作ることも可能なので、ぜひガスパチョ作りにトライしてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2020年4月11日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ