このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホイル焼き作りにオーブンを使ってみよう!失敗を減らせるかも!

ホイル焼き作りにオーブンを使ってみよう!失敗を減らせるかも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年4月26日

ホイル焼きを作る際、どうやって加熱するかで仕上がりが若干変わってくる。バーベキューでは網焼きが多いだろうが、家でどう作るかは悩みどころだ。ここで、持っている人はオーブンを使うという選択肢もありだ。火を使う場合とはまた違った調理で作ってみるのも面白い。本記事では、オーブンでホイル焼きを作る際のポイントや注意点について説明する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホイル焼きをオーブンで作るメリットは、意外と多い?

実際のところ、ホイル焼きはさまざまな調理器具で作れる。わざわざオーブンを使う必要があるわけではないが、オーブンにはほかの器具と比べいくつかメリットがある。

火を使わない

オーブンは火を使わずにホイル焼きを加熱できる。単純な話ではあるが、場合によっては嬉しい。たとえば暑い日には、火を扱うことさえ億劫になることもある。そのような場合でも、オーブンなら庫内以外は熱くならないため、比較的手軽に扱えるだろう。

温度管理が楽、加熱も均等

フライパンや魚焼きグリルなどを使うと、火加減の調整が必要だ。失敗すると具材が焦げてしまうほか、焼きムラができるおそれもある。一方オーブンなら、庫内の温度を指定できるはずだ。微調整はほとんど必要ないため、楽をしつつ失敗も減らせるだろう。また、オーブンは庫内で空気が対流するため、具材を均一に加熱できる。ホイル焼き作りには理想的な状態だともいえそうだ。

加熱中にほかの料理を作れる

オーブンはコンロを塞がないため、ホイル焼きの加熱中にもほかの料理を作れる。とくにキッチンのコンロの口が少ない場合は、オーブンによる調理が助かるはずだ。料理をもう一品増やせれば、栄養をしっかり摂るのも簡単だ。

オーブンの予熱や掃除が手間かもしれないが、あえてオーブンを使うメリットがこれだけある。家にオーブンがある人は、ホイル焼き作りに使う器具の選択肢に入れてもよいだろう。

2. ホイル焼きの作り方は、オーブンを使う場合でも基本的に同じ

オーブンを使うからといって、ホイル焼きの調理手順が変わるわけではない。好きな具材や調味料をアルミホイルで包み、オーブンに入れて加熱すればよい。ほかの調理器具と比べて加熱ムラが起こりにくいため、具材の大きささえ適切に揃えておけば自動的に美味しく仕上がるはずだ。まんべんなく火を通せるため、普段より少し多めに野菜を入れるくらいでもよいかもしれない。

気をつけるとすれば、ホイルの口をしっかり閉じることだ。オーブンによる加熱では水を使わないため、加熱時間が長くなると水分が抜けやすい。しかしホイル焼きでは、できれば旨みと一緒に水分も閉じ込めておきたい。そのために、ホイルの口から水分が逃げないようしっかり閉じておくのがよいだろう。

3. ホイル焼きのレシピ通りが最良とは限らない?オーブンのクセに要注意

オーブンによるホイル焼き作りは簡単で成功しやすいが、注意したい点もある。オーブンの機種によっては挙動にクセがあり、同じ設定にしても仕上がりが異なる場合がある。たとえば、設定と実際の温度がずれる、庫内の位置によって加熱の加減が違うなどだ。庫内全体が均一に設定通りの温度で加熱されるのが理想状態だが、実際にはずれが生じうるということだ。そのため、レシピに記載の温度を設定すれば必ず上手くいくとも限らない。

面倒ではあるが、オーブンのクセを把握して、適宜設定を変える、あるいは庫内でのホイルの位置を変えるなどの調整が必要かもしれない。クセを感覚で掴むまでは、オーブンによる調理のメリットを感じにくいかもしれないが、使い慣れてくればそれほど問題ではないだろう。

結論

ホイル焼き作りにオーブンを使うメリットはいくつもある。火を使って加熱するよりも、簡単に失敗なく仕上げられるのではないだろうか。具材を均一に加熱できるのも嬉しい。オーブンのクセを把握するまでがひと手間かもしれないが、使い慣れている人は問題ないだろう。オーブンを有効に使って、網焼きやガス調理とはひと味違うホイル焼きを楽しんでいただければ幸いだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ