このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【鶏肉パスタ】を紹介!定番からちょっと意外なパスタまで!

【鶏肉パスタ】を紹介!定番からちょっと意外なパスタまで!

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月23日

休日の手軽なランチの定番であるパスタ。鶏肉を使えば1品でも食べごたえのあるボリューミーな料理となる。とはいえ、鶏肉パスタにはどんな味付けが合うのだろうか。今回は洋風、和風、中華風別おすすめ鶏肉パスタを紹介しよう。これを見れば鶏肉パスタを食べたくなること間違いなしだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洋風の鶏肉パスタ

鶏肉となすのトマトパスタ

まずは定番のトマトパスタから。鶏肉とトマトは間違いない組み合わせである。焼きめをつけたなすを加えればさらに旨みアップで、夏らしい1品に。トマト缶を使用すれば簡単に、生のトマトを使用すればさっぱりとしたフレッシュな味わいになる。仕上げにパルメザンチーズを加えれば濃厚でコクのあるパスタとなる。

鶏肉とアスパラのクリームパスタ

冬におすすめなのがクリームパスタだ。アスパラはパスタが茹であがる30秒ほど前に加えて茹でればちょうどいいやわらかさになる。牛乳だけでも作ることができるが、生クリームを使えばさらにコクのある味わいになる。中途半端に余ってしまった生クリームがある場合は、鶏肉のクリームパスタを作ってみよう。

鶏肉とトマトのオイルパスタ

シンプルな味付けのオイルパスタは、オリーブオイルにしっかりとにんにくの香りを移してから鶏肉を焼き始めるのがおすすめだ。チューブタイプのおろしにんにくでもいいが、できれば生のにんにくを刻むか、すりおろして使用したい。風味が全然違うので試してみてほしい。鶏肉のほかにはオイルとの相性がよいトマトを具材に使うといいだろう。

2. 和風の鶏肉パスタ

鶏肉と白ねぎのバター醤油パスタ

炒めて甘みの出た白ねぎは鶏肉との相性バツグン。醤油だけでももちろん美味しいが、仕上げにバターを加えればさらに旨みが増す。トッピングには小口切りにした青ねぎや刻み海苔を使用すると和風感がアップする。

鶏肉ときのこのめんつゆパスタ

鶏肉の和風パスタにはきのこを合わせるのが吉。えのきやしめじなど好みのきのこを加えるとよい。めんつゆは濃縮タイプによって味の濃さが変わるため、味を見ながら調整しよう。めんつゆだけでも美味しいが、もの足りなさを感じるときは顆粒出汁や醤油を少量加えてみるといいだろう。大人の分には仕上げに七味唐辛子をかけるのがおすすめだ。

鶏肉とキャベツの白出汁パスタ

和風の万能調味料としても人気のある白出汁を使えば、鶏肉パスタも簡単にできる。鶏むね肉を使えばよりさっぱりとした味わいになるだろう。スープパスタにすれば、鶏肉の旨みを存分に楽しむことができる。

3. 中華風の鶏肉パスタ

ピリ辛四川風鶏肉パスタ

四川風といえば豚ひき肉を使用するイメージがあるが、鶏肉でもバツグンに美味しい。豆板醤やオイスターソース、にんにくをきかせたソースを絡めれば、坦々麺にも負けない麺料理になる。パスタを皿に盛り付けたあとは、生卵や目玉焼き、温泉卵などをトッピングするのがおすすめだ。

中華風あんかけ鶏肉パスタ

あんかけ焼きそばならぬ、あんかけパスタもおすすめだ。鶏肉のほかに余った食材を使えるところもうれしい。とろとろの餡がパスタ麺によく絡むため、最後まで美味しく食べられる。温かさが保たれるので寒い日にもぴったりだ。辛さがほしいときにはラー油を垂らしてみてもいいだろう。

油淋鶏パスタ

油淋鶏とは鶏の唐揚げに香味ソースをかけたものである。この油淋鶏を使えばいつものパスタもよりいっそう豪華に美味しく大変身。ポイントはみじん切りにした白ねぎをたっぷりと使うこと。食べごたえバツグンの鶏肉パスタにハマること間違いなしだ。仕上げに糸唐辛子をトッピングすれば見栄えもよくなる。

結論

鶏肉を使ったパスタについて紹介した。鶏肉は大きめに切ることで存在感が増し、見ためにもボリューム感のある1品となる。また、もも肉やむね肉、ささみ、鶏皮など、使用する部位によって食感や味わいも変わるため、自分好みの鶏肉パスタを探してみるのもいいだろう。次のランチは鶏肉パスタで決まりだ!
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ