このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ハニーマスタード】の作り方を紹介!料理に合わせるアレンジとは。

【ハニーマスタード】の作り方を紹介!料理に合わせるアレンジとは。

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年4月26日

料理の味わいを変えるのは調味料でもある。日本にはソースや醤油などあらゆる調味料があるが、最近人気なのがハニーマスタードだ。簡単に作れるハニーマスタードは、肉や魚との相性がよく、いつもの料理にオリジナル性を出せるのが魅力。そこでハニーマスタードの作り方や誰より簡単に作れるコツをまとめていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハニーマスタードの作り方は簡単!味は好みで決めよう

ハニーマスタードは万能調味料として知られ、いつも作っている料理に少しスパイスを加えられることで人気がある。ハニーマスタードの魅力は、作り方が簡単なこと。自宅で思い立ったときに作れるのが魅力。

基本的にハニーマスタードは、マスタードとハチミツをベースに、マヨネーズやしょうゆなどを混ぜ合わせるだけだ。しかし、マスタードの選び方で、ハニーマスタードの味わいが決まる。ハニーマスタードは、一体どのようなマスタードを選べばよいのだろう。こちらで、おすすめのマスタードをまとめていこう。

■粒マスタード

ハニーマスタードで大事なのが、舌触りだろう。なめらかなマスタードを作るのもよいが、舌触りにあたるツブツブ感を楽しみたいなら粒マスタードを選びたい。

■からし

和からしを入れるのもおすすめだ。粒マスタードよりもピリっと辛くなる。また、舌触りがなめらかである。

■西洋からし

肉と合わせると美味しい西洋からしを合わせると、より刺激的なハニーマスタードを作ることができる。

2. ハニーマスタードの簡単作り方とシーン別に作るコツ

ハニーマスタードを作るときに、自分好みでアレンジできることを知っておきたい。マヨネーズをたくさん使うと、味やカロリーで気になってしまう人もいるだろう。また、甘くないハニーマスタードを作りたいという場合もある。そんなときには、以下の方法を参考にしてほしい。

■ハチミツの量を減らす

甘い調味料を料理に合わせるのが苦手な人は、ハチミツの量を控えめにしてもよいだろう。カロリーや糖質が気になる場合は、低糖質甘味料を入れてもよい。

■子ども用には甘さを多め

逆に子どもにもハニーマスタードを使った料理を作りたい人は、できるだけ甘さを重視しよう。大人にとっては何でもないマスタードの辛さが、子どもには強く感じてしまうもの。ハチミツやオリゴ糖などを多めに混ぜ、家族で分けて使うのも方法のひとつである。

3. ハニーマスタードを自分好みに!作り方の裏ワザを公開!

ハニーマスタードの基本的な作り方は、用意した材料をボールに入れ、、泡立て器やハンドミキサーなどでなめらかになるまで混ぜるだけ。時間がかからないので、とにかく誰でも簡単に作れるのが嬉しい。しかし、ハニーマスタードを何に使用したいのかを考えるのがポイントだ。料理に合わせたハニーマスタードの作り方を見ていこう。

■ディップにはマヨネーズを

たとえばディップとして使う場合は、ドロッとしているほうがよい。そのためマヨネーズの量を多めにするのがおすすめだ。

■焼き料理には水分を

一方、魚や肉とからめて、フライパンやオーブンで焼く場合は、もう少しサラっとしていないと絡ませにくい。マヨネーズの量を減らしレモン汁やオリーブオイル、または酒などを入れて水分量を増やしておこう。完全にマヨネーズを抜くこともOK。こってりした味わいがなくなるので、代わりにオリーブオイルを入れるのもよい。

■サラダには酢を

ドレッシングとして使いたいときには、酢を多めに入れるのもよい。ハニーマスタードはそのままだと辛さだけだが強く、生野菜の美味しさを感じにくいことがある。酢を入れてさらっとした水分を加え、さらに食べやすい酸味を確保しよう

結論

ハニーマスタードの作り方について、簡単に作れるコツや裏ワザなどを紹介してきた。どんな料理とも合うハニーマスタードは、シーンによって味付けや舌触りを変えることもできる。家族で食べたいときや、子どもをメインとしたいときなど、好みにより内容をアレンジするのがおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ