このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もやしときゅうりはハムとの相性バツグン!おすすめの料理を紹介!

もやしときゅうりはハムとの相性バツグン!おすすめの料理を紹介!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年4月26日

食卓にメインのおかず以外に作りたいのが、副菜だ。メイン料理を食べながら口をサッパリさせてくれる副菜を考えるのは、大変である。そこでおすすめなのが、もやしときゅうり、そしてハムを使ったもの。実はどの食材とも相性がよいもやしときゅうり、ハムは和風料理や中華料理にしても美味しい。こちらでは具体的に、もやしときゅうり、ハムなどを使った副菜やマッチする調味料などをまとめていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. もやしときゅうり、ハムで万能副菜を作ろう!

スーパーで気軽に手に入るもやしときゅうりやハムは、合わせるといろいろな副菜を作りだせる。メイン料理だけではもの足りない、または油っぽい料理を食べる際にも、サッパリした副菜を作りたいところ。しかし、いろいろな材料を購入するのは負担にもなる。そこで日常的に食べるもやしやきゅうり、ハムを使ったおすすめの副菜を紹介をしていきたい。

■定番中華サラダ

もやしときゅうり、ハムを使って簡単にできるのが中華サラダだ。餃子などと一緒にあわせて出すのがおすすめ。少しピリ辛にすると酒のつまみにもぴったりだ。

■塩もみサラダ

もやしときゅうりを塩でもみ込み、そこにハムを和えるだけの簡単塩もみサラダ。塩もみをしているのでうっすら味はついているが、マスタードなどを合わせると洋風にもなる。

■ゴマ和えサラダ

淡白になりつつあるもやしにゴマで味を付けて食べたい。きゅうりを細切りにして、ハムと一緒に混ぜるだけで、彩りの美しいサラダのできあがりだ。

2. もやしときゅうり、ハムに合う調味料

もやしときゅうり、ハムはどんな調味料とも合いやすい。だからこそ和食や中華料理にもマッチするのだ。いろいろな調味料があるが、料理次第で使うものは当然違う。もともと味が濃くない食材なので、どんな調味料が具体的にあうのかを紹介していきたい。

■ごま油

中華料理に使うごま油は、もやしときゅうりとの相性が絶妙だ。あまり個性的な味を発しないもやしやきゅうりに、ごま油はほんのりと香りづけをしてくれる。

■ポン酢

食欲がないときや、脂物が多い料理などが多いときに、ポン酢でさっぱり副菜にしたい。もやしの淡白さときゅうりの食感、そしてハムの塩気がポン酢と相性バツグンだ。

■味噌

和風に食べたいなら味噌もおすすめだ。そのまま和えるとベタっとなってしまうのが気になるなら、酢と合わせたい。しっかりした味付けが好みならおすすめだ。

■醤油

もちろん万能の調味料である醤油は、問答無用で相性がよい。しかし、実はそれだけだと味が濃く感じることも。そんなときはごま油と混ぜて使う、または酢やみりんと混ぜるなどアレンジしよう。

3. もやしときゅうり、ハムは麺とも相性バツグン!

食材だけでも美味しいが、さらに食べごたえを求めるなら麺と合わせるのがよい。もやしときゅうり、ハムはどんな麺類とも相性がよいのだ。腹ごしらえをするのにちょうどよいので、しっかり食べたいときにおすすめだ。

■春雨

中華料理によく使われる春雨は、もやしときゅうりやハムと食べるのを好む人が多いはず。春雨は細く柔らかいので、もやしのシャキシャキとした食感と合わせやすいのだ。

■スパゲッティー

細めのスパゲッティーはサラダとしてあわせやすい。もやしときゅうりとハムとマヨネーズで混ぜると、イタリアン料理などの副菜としても美味しいだろう。

■中華麺

代表的な冷やし中華に見るように、もやしときゅうりとハムは中華麺にも最適だ。甘酸っぱいタレと一緒に食べたい。

結論

もやしときゅうりとハムは、いろいろな副菜にぴったりの食材であること、また、それと同時に合う調味料や麺類についてもまとめてきた。中華味や和風、洋風料理にもマッチする食材なのでぜひ作っておきたい。また、食べ過ぎてもそこまでカロリーがないのも嬉しいところだ。さまざまなレシピにチャレンジして、体重制限中の食事や節約料理に、上手に活用していってほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ