このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【玉ねぎの大量消費】たくさん余ったときに活用したい消費術を伝授!

【玉ねぎの大量消費】たくさん余ったときに活用したい消費術を伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月26日

季節を問わず、スーパーの野菜コーナーなどで見かける玉ねぎ。高血圧の予防や抗酸化作用などの効果が期待できることから、積極的に摂取したい野菜である。幅広い料理に活用できる野菜でありながらも、玉ねぎだけを大量に消費しなければいけない状況になると、なかなかいい方法が見つからないという人も少なくない。そこで今回は、玉ねぎを大量消費したいときにおすすめの活用術について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 使いたいときにすぐ使える!玉ねぎをまとめて切って冷凍保存

野菜室に常備されているイメージの強い、玉ねぎ。しかし、長期間使わずにいると気づかないうちに腐り始めてしまうこともあり、美味しく食べられる間になんとか手を打っておきたいものだ。
まず紹介したい大量消費術は、玉ねぎをみじん切りや千切りの状態にして、冷凍保存しておく方法。玉ねぎを切るときに毎度涙を流すという人は、下ごしらえに苦手意識を抱いているだろう。一度にたくさんカットして冷凍しておけば、その後は使いたいときに使いたいだけ玉ねぎを取り出すことが可能になる。冷凍しておけば、玉ねぎを使うたびに涙を流す必要もなくなるため、便利さを感じる人も多いだろう。
玉ねぎを冷凍でストックしておくには、切り方に少しコツがいる。細かいみじん切りや薄い千切りにすると、玉ねぎの水分が多く出て、調理後の食感が残りにくくなってしまう。冷凍玉ねぎでもしっかりと食感を残すには、大きめにカットするのがポイントだ。千切りの場合は厚めにカットして、ドリップ(玉ねぎの栄養などが含まれた水分)の量ができるだけ少なくなるよう対策を練っておこう。冷凍庫へ入れる前には、カットした玉ねぎをラップで小分けに包み、フリーザーバッグなどに入れてできるだけ空気を抜いた状態にしておくのがベスト。凍ったまま料理に使えて下ごしらえの手間が減るので、おすすめの玉ねぎ大量消費方法だ。

2. 玉ねぎのみじん切りをたっぷりと!野菜盛りだくさんのドライカレー

玉ねぎを一度にたくさん消費したい場合は、細かくみじん切りにして、ドライカレーに入れてしまうのもおすすめだ。もちろん普通のカレーに玉ねぎをたっぷり入れても問題ないのだが、ドライカレーでは玉ねぎを細かく刻んで調理するため、大量の玉ねぎを入れても気にならない。また、ドライカレーにすることで、玉ねぎ以外の野菜もたっぷりと入れることができ、野菜不足が気になる人にもおすすめだ。普通のカレーのようにコトコト煮込む時間がいらないので、野菜を細かく切るだけで、パパッと手軽に作ることもできる。冷凍保存も可能なので、玉ねぎのみじん切りをたっぷりと入れて、作り置きをしておくのもおすすめだ。ドライカレーなら水分も少なくなるので、弁当のおかずにも最適。弁当におかずがなくても、玉ねぎたっぷりのドライカレーさえあれば、豪華な仕上がりになる。玉ねぎをたっぷりと使えるうえに冷凍保存もできるとあって、一石二鳥な大量消費術だ。

3. 圧力鍋でトロトロに!玉ねぎを使ったスープ

玉ねぎの大量消費術としてよく知られているのが、まるごと煮込んでスープにする方法。玉ねぎは加熱することでトロトロの状態になるので、スープにすれば甘みや栄養をまるごと味わうことができるのだ。圧力鍋を使えば、より簡単に玉ねぎスープを作ることができる。水・コンソメ・玉ねぎを入れて圧力鍋で調理すれば、あっという間にまるごと玉ねぎのスープの完成。基本形の玉ねぎスープが完成すれば、アレンジをして味の変化を楽しむことも可能だ。グリルしたトマトをトッピングすれば、玉ねぎだけのときよりもさらに栄養価の高いスープになる。また、スープにバゲットとチーズをトッピングしてオーブンで加熱すれば、本格的なオニオングラタンスープに変身する。アレンジの幅が広いので、同じ玉ねぎスープでも飽きることなく味わうことができるだろう。

結論

玉ねぎは、生で食べてもよし加熱してもよしな万能野菜。大量消費したいときにも、さまざまな方法で活用することができる。新玉ねぎが美味しい時期など、一時的にたまねぎがたくさんあるような状態が起きるかもしれない。そんなときには、今回紹介した大量消費術を参考にしてもらいたい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ