このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パスタサラダの作り方を紹介!いつものサラダにプラスワン!

パスタサラダの作り方を紹介!いつものサラダにプラスワン!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年4月28日

ボリュームのあるサラダが食べたいときにおすすめのパスタサラダ。きゅうり・ハム・にんじん・玉ねぎ・コーンと定番の食材を使用して作っても十分に美味しいが、パプリカで色鮮やかにする、完熟したアボカドを加えてクリーミーな味を目指す、はたまたパスタの量を多めにしてメイン料理にしたり、カレー粉を加えて風味をプラスするなど、いろいろとアレンジできるのが魅力といえるだろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. パスタサラダ作りに必要な食材の選び方

最初にパスタサラダ作りに必要な食材の選び方を紹介しよう。パスタサラダに使用することの多い定番食材のひとつが、漬物や酢の物に使われることのあるきゅうりだ。選び方のポイントは緑色が鮮やかで握ると弾力性とハリがあり、重量感があるものが良品である。イボはチクチクと痛いくらいのものが新鮮で、古くなると皮にシワができイボも潰れる。曲がったものでも味は変わらないが、太さは均一のものを選ぶようにしよう。

パスタサラダに使用することの多い食材のひとつが、炒めたり揚げたり煮たり、いろいろな料理で味わえる玉ねぎだ。一般に流通しているものは夏から秋にかけて収穫され、収穫後に1ヶ月ほど風干しし日持ちをよくしてから出荷される。その後は貯蔵庫に保管され、翌年まで需要に応じ出荷される。選び方のポイントは球がかたく絞まって重みがあり、茶色の外皮が乾きツヤがあるものがよい。芽が出ているものや根が伸びているものは品質が落ちている。

パスタサラダに使用することの多い食材のひとつが、赤いカラーと酸味が食欲をそそるトマトだ。選び方のポイントはヘタがキレイな緑色でピンとしており、切り口がみずみずしいもの。加えて全体に丸みがあり色ムラがないものがよい。またズッシリと重いほうが果肉が緻密で甘みもある。

2. パスタサラダの簡単な作り方

次に紹介するのはマヨネーズ味で食べやすい、パスタサラダの簡単な作り方だ。使用する材料はサラダ用パスタ・きゅうり・ハム・玉ねぎ・ミニトマト・塩・マヨネーズ・プレーンヨーグルト・マスタード・こしょうでOK。ハムは半分にカットし細切りにする。玉ねぎは縦に薄切りにする。きゅうりは細切りにし塩でもみ、しんなりしたら水で洗い水気を絞る。

ボウルにマヨネーズ・プレーンヨーグルト・マスタード・こしょうを混ぜあわせ、からしマヨネーズを作っておく。ミニトマトは水で洗い、ヘタを取り縦半分にカット。鍋にたっぷりの湯を沸かし塩を入れ、サラダパスタを加え袋の指定時間どおりに茹でてザルに取り出す。茹で汁をきり玉ねぎと一緒にからしマヨネーズのボウルに入れて混ぜる。きゅうりとハムも加えて混ぜ、器に盛り付けてミニトマトを添えればパスタサラダの完成だ。より彩りをよくしたいならパスタサラダに、コーンや薄く千切りにした皮付きのりんごをプラスするとよい。

3. パスタサラダのアレンジレシピ

次にパスタサラダのアレンジレシピを紹介しよう。いつもと違うパスタサラダを楽しみたいときにおすすめなのが、マカロニを使用しカッテージチーズをプラスしたツナとチーズのサラダだ。使用する材料はマカロニ・ツナ缶詰・玉ねぎ・カッテージチーズ・パセリ・塩・マヨネーズ・こしょうだ。

まず玉ねぎを縦に薄切りにし、塩をふり軽くもんで、しんなりしたら水気を絞る。鍋にたっぷりの湯を沸かし塩を加えマカロニを茹でる。ときどき混ぜながら袋の表示時間よりやや長めに茹で、ザルに取りあげ湯をきる。ボウルにマヨネーズとカッテージチーズを入れて混ぜ、マカロニや玉ねぎ、汁気をきったツナ、みじん切りにしたパセリを加えて和え、塩こしょうで味を調えれば完成だ。

パスタサラダをカロリーオフして味わいたい人は、麺をしらたきに代えてみてはいかがだろうか。
食べやすい長さにカットしたしらたきを沸騰した湯の中に入れ1分ほど茹で水をきったら、フライパンに移し中火~強火で水気がなくなるまで炒める。水気がとんだら弱火にし、有塩バターと明太子を入れ全体に絡むよう炒める。最後に火からおろし粗熱がとれたらカットしておいた水菜・オリーブオイル・塩こしょうで味を調えれば明太したらきパスタの完成だ。

結論

パスタサラダに使用する食材の選び方や簡単な作り方、アレンジレシピを紹介したが、時短で作りたいときは、茹で時間が短めの麺を選ぶとよい。ボリュームを出したいならシーフードミックスを入れ、見ためをかわいらしくしたいときはリボンの形をしたパスタを使用するのがおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ