このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】サーターアンダギーのカロリーや糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】サーターアンダギーのカロリーや糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年4月16日

沖縄のお菓子サーターアンダギーは、印象的な名前で観光客にも人気が高い。サクサクとした歯ごたえでドーナッツをゲンコツ型にしたもので、おやつとしてもぴったり。しかし、美味しさとは裏腹に、高カロリーなのではないかと気になるところ。油で揚げているサーターアンダギーについて、カロリーや糖質、栄養をまとめつつ、どうしたらカロリーオフで食べられるのかを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サーターアンダギーは高カロリー

沖縄で定番のおやつサーターアンダギーは、油で揚げているため高カロリーの印象がある。サーターアンダギーは大きさがそれぞれ違うが、一般的な大きさで1個あたり119kcal前後とされている。100gあたりのカロリーは368kcalだ。中身がぎっしり詰まっているサーターアンダギーは、1個でお腹がいっぱいになるほどボリュームがある。ただしサイズが大きいと当然カロリーが増えてしまうので、できれば小さめのものを選ぶのがよいかもしれない。

サーターアンダギーとドーナツの違いは?

サーターアンダギーはその見ためと食感から、ドーナツのようだとたとえられる。ドーナツと違うところは、食感だ。ドーナツは口に入れた途端にふんわり、またはサクッとするが、サーターアンダギーは中身がぎっしりと詰まっている感じがするだろう。これは、ドーナツが水や牛乳を使用しているのに対し、サーターアンダギーは卵をたくさん使用しているから。つまり水分が少ない分サーターアンダギーは、重めに感じるのかもしれない。なお、ドーナツのカロリーは100gあたり386kcal。サーターアンダギーは、意外にもドーナツよりカロリーが低いのである。

2. サーターアンダギーの栄養

サーターアンダギーの栄養について、まとめていこう。サーターアンダギーの主な成分は小麦と砂糖、そして卵だ。水や牛乳を使用して練ることはせず、卵をたくさん使って油で揚げていく。サーターアンダギーの栄養成分は、主に3つの原材料に含まれているものだ。
  • 炭水化物
    サーターアンダギーの栄養素で一番大きく占めるのが、炭水化物である。炭水化物は1日で250~~325gほどの量を摂取するのがよいと推奨されている。エネルギー源として利用されるため、必ず摂取しなくてはいけないものだ。サーターアンダギー1個あたりの炭水化物の量は、約18gだ。食べすぎには気を付けよう。
  • 脂質
    サーターアンダギーには脂質が多く含まれており、食べすぎると肥満の原因となる。ただし、脂質は身体を動かすエネルギーにもなるうえ、体内で作れない必須脂肪酸を摂取できる。また、脂溶性ビタミンなどの吸収にも役立つ。
  • タンパク質
    サーターアンダギーには、タンパク質も含まれている。タンパク質は血や肉などを作り出す作用がある。サーターアンダギーには1個あたり約2gと、少量含まれている。

3. サーターアンダギーの糖質

サーターアンダギーは、糖質が多いのも特徴だ。甘いおやつとして子どもにも人気があるのは、砂糖が入っているからである。一般的なサイズのサーターアンダギーの場合、1個あたり約17gの糖質が含まれている。100gあたりでは、約53gだ。サーターアンダギーの糖質は、ほかの食べ物よりも劇的に多いわけではない。100gあたりの糖質量を見てみよう。
  • ドーナツ 40g
  • カステラ  63g
  • スポンジケーキ   53g
サーターアンダギーの糖質は少ないとはいえないが、ほかのお菓子と同程度だ。ただし、何個も食べてしまうと糖質はあっという間に増えてしまうから注意が必要だ。糖質の摂りすぎは肥満の原因となり、ダイエットの妨げとなる。サーターアンダギーを手作りする場合は、代替品として砂糖より糖質が少ないはちみつなどを使用するとよいだろう。しかもはちみつは砂糖の8割ほどの量で同じ甘さを感じられるといわれている。

4. サーターアンダギーのカロリーオフする食べ方

サーターアンダギーはカロリーも糖質も少なくない食べ物だが、腹持ちがよいのがメリット。おやつに食べると、たった1個でお腹が膨れるのだ。そのため、食事と食事の合間にいくつもお菓子やパンを食べてしまうという人は、サーターアンダギーを食べてみよう。
サーターアンダギーを食べる前に、無糖の炭酸水を飲むのもよい。糖分の入ったものだと糖質を摂りすぎてしまうので注意だが、無糖のものを最初に飲むことでお腹が膨らむため、サーターアンダギーの食べすぎを抑えられるだろう。
また、食物繊維には脂質の吸収を抑えてくれる働きがある。脂質は身体に必要なものだが、摂りすぎると肥満の原因となるため気を付けたい。サーターアンダギーを食べた日の食事には、食物繊維をとるのもよいだろう。食物繊維を多めに摂取したいなら、根菜類やきのこや海藻などがよい。いずれもみそ汁にすると食べやすいので試してみてほしい。

結論

サーターアンダギーの栄養やカロリー、糖質、カロリーオフの食べ方などを紹介してきた。サーターアンダギーは沖縄を代表するお菓子だが、気を付けないと食べ過ぎてしまう。1日のカロリー摂取量を守り、美味しくいただこう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ