このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
激レアな食べ物【グミの実】とは?特徴と栄養、食べ方や育て方も解説

激レアな食べ物【グミの実】とは?特徴と栄養、食べ方や育て方も解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年1月22日

サクランボのように赤い「グミの実」をご存知だろうか?スーパーなどではほぼ手に入らないレアな食べ物だ。本稿では特徴や栄養、収穫できる産地や旬、おすすめの食べ方から育て方まで、グミの実に関する情報を網羅的に解説する。

  

1. グミの実とは

まずはグミの実の基本から解説していこう。

グミ科グミ属の果実

見ためはサクランボのように赤く、細長い楕円形をしているグミ科グミ属の果実である。自家結実性はあるが1本のみでは実つきが少なめで、異なる品種を近くに植えるとたくさん収穫できる。

お菓子のグミとは違う

グミというとお菓子を思い浮かべるかもしれないが、同じグミでも両者は無関係だ。グミの木になる実は日本古来の「大和言葉」由来のものであり、お菓子のグミは「gummi」という、ドイツ語でゴムを意味する単語が語源である。

商業生産はほぼなされていない

グミの木は大きな庭や畑などに植えていることが多い一方、栽培が難しく専門農家もほとんどないことから、商業目的での生産はほぼなされていない。そのため、スーパーなどに陳列されていることは滅多にない。木になっている間はプリっとハリがあるが、実についている果柄(かへい)から外れるとすぐに柔らかくなることから、流通には向いていないのかもしれない。

味わいは?

グミの実は、皮が薄いため丸ごと食べられる。熟しているものを食べると、甘酸っぱい中にほのかな渋みを感じるだろう。この渋みは「タンニン」によるものだ。未熟なものは渋みが強いため食べられない。また完熟したものでも、大量に食べると口の中に渋みが残るため気をつけよう。

2. グミの実の主な産地と旬

続いて、グミの実の主な産地や旬の時期などを見ていこう。

主な産地

上述のように商業目的での生産はほぼなされていないため、とくにこれといった「産地」はないが、北海道南部以南の日本全国各地で見ることができるという。なお、ナワシログミやナツグミのようなグミの仲間は、アジアやヨーロッパ、北アメリカに60種くらい自生している。日本では15種ほど自生しているが、その中で園芸的に多く栽培されているのが、落葉性のナツグミや常緑性のナワシログミである。

旬の時期

グミの実には「ビックリグミ(ダイオウグミ)」「ナツグミ」「アキグミ」などがある。種類にもよるが、渋みが少なく食用に向いているビックリグミは6〜7月頃に旬を迎える。

「グミの実狩り」ができる果樹園もある

青森県弘前市ある「森の中の果樹園」(※1)では、グミの実狩りを楽しめる。食べ頃は7月のようだ。ほかにもさくらんぼやハスカップ、桑の実やラズベリーなどさまざまな果実を扱っているので、興味があればぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

3. グミの実の栄養と効能

次に、グミの実の栄養や効能について紹介していこう。

グミの実100gあたりの主な栄養素

  • エネルギー:68kcal
  • たんぱく質:1.3g
  • 脂質:0.2g
  • 炭水化物:17.2g
  • ナトリウム:2mg
  • カリウム:130mg
  • カルシウム:10mg
  • マグネシウム:4mg
  • リン:24mg
  • 鉄:0.2mg
  • 亜鉛:0.1mg
  • 銅:0.10mg
  • マンガン:0.15mg
  • βカロテン:330μg
  • ビタミンE(トコフェロールα):2.2mg
  • ビタミンB1:0.01mg
  • ビタミンB2:0.04mg
  • ナイアシン:0.3mg
  • ビタミンB6:0.02mg
  • 葉酸:15μg
  • パントテン酸:0.45mg
  • ビタミンC:5mg
  • 水溶性食物繊維:0.2g
  • 不溶性食物繊維:1.8g
上記は文部科学省「食品成分データベース」(※2)による栄養素一覧だ。グミの実の主な栄養素としてたんぱく質や炭水化物のほかカリウム・リン・鉄などのミネラル、またβカロテンやビタミンEも豊富に含まれていることが分かる。

たんぱく質

炭水化物、脂質とならび、エネルギーの産生に欠かせない栄養素である。ヒトの筋肉や臓器、皮膚や髪といった組織を構成し、身体の基礎を作るうえで重要な成分だ(※3)。

炭水化物

炭水化物には糖質と食物繊維がある。糖質は、消化吸収されると血液と一緒に全身をめぐり、身体の主なエネルギー源となる栄養素だが、摂りすぎると肥満の原因にもなる(※4)。

カリウム

ナトリウムの排出を促進したり、細胞内液の浸透圧を一定に保ったりする働きがある栄養素だ。塩分の摂りすぎを調節するのに欠かせない成分で、むくみを予防する働きもある(※5)。

リン

体内のさまざまな細胞内に存在する栄養素で、骨や歯を形成するのに重要な役割を果たすほか、エネルギーを蓄えて神経や筋肉の機能を正常に保つ働きもある(※6)。

血液中の赤血球を作る栄養素で、不足すると貧血などを招くことがある。肉などに含まれるヘム鉄と、野菜などに含まれる非ヘム鉄をバランスよく摂ることが大切である(※7)。

βカロテン

活性酸素が作り出す過酸化脂質は、動脈硬化を招いたり、老化の促進やガンを引き起こしたりする。βカロテンはその活性酸素の働きを抑制したり取り除いたりする作用がある(※8)。

ビタミンE

βカロテン、ビタミンA、ビタミンCなどと並ぶ、抗酸化ビタミンのひとつだ。活性酸素の働きを抑えたり取り除いたりすることで動脈硬化や老化、ガン予防などが期待できる(※9)。

4. グミの実のおすすめの食べ方

続いて、グミの実のおすすめの食べ方も紹介しよう。

生食で本来の味わいを楽しむ

完熟したグミの実であれば、まずはそのまま生食で味わってみるとよいだろう。よく洗えば皮ごと食べられるが、中に種が入っている場合があるため気をつけよう。またお伝えしたように甘酸っぱさもあるが渋みもある。多めに手に入ったときなどは、グミジャムにするのはいかがだろうか?

グミジャム

用意する材料はグミの実とグラニュー糖だ。まずグミの実を果柄から外し、水洗いしてから水をはったボウルに半日くらい浸しておく。次にグミの実をお湯で茹でてザルでこしたら種を外し、グラニュー糖と一緒に鍋に入れて火にかける。グミの実が柔らかくなったら火を弱め、20分ほど煮詰めれば完成だ。レモン果汁を加えるとキレイな色に仕上がる。

ピューレやドレッシングもおすすめ

ほかにも、裏ごししてピューレ状にしてからアイスクリームにかけたり、オリーブオイル・塩・レモン汁を加えてドレッシングにしたり、タルトの上に盛り付けたりなど、さまざまな使い方ができる。

5. グミの木を育てるときのポイント

最後に、グミの木を育てるときのポイントを見ていこう。いろいろな種類があるとお伝えしたが、ここでは食用に向いているビックリグミ(ダイオウグミ)を地植えで育てる際のポイントを解説する。

植える場所

ある程度の耐寒性や耐暑性を備えており、乾燥や風雨にも比較的強い。日当たりと水はけのよい場所を選んで育てよう。

植え付け

タイミングとしては10〜11月頃、あるいは2月下旬〜3月頃がよい。ある程度耐寒性はあるものの、真冬など厳寒期は避けたほうがよい。土質はとくに気にする必要はないが、こだわるのであれば腐葉土・完全堆肥などを混ぜた土に穴を掘り、苗木を入れて土をかぶせよう。あとは水をたっぷりあげれば植え付けは完了だ。穴の幅や深さは根鉢の2倍を目安にしよう。

水やり

乾燥に強いとお伝えしたが、水切れだけはNGだ。土の表面が乾いているタイミングでたっぷり水を与えよう。気温や土の温度が高くなる夏場は、茹であがりやすい昼間ではなく朝夕いずれかに与えるのがポイントだ。

肥料

2〜3月頃と9月下旬頃に緩効性肥料を施肥する。緩効性肥料とは、時間をかけてゆっくり作用する肥料のことだ。なお9月下旬頃に施肥する際、一緒に油かすを与えると株が元気に育ちやすい。

剪定

剪定には形を整える意味もあるが、風通しをよくし病気や害虫を防ぐ意味もある。重なって日当たりを妨げている枝や、伸びすぎている枝などがあれば、落葉期となる冬場に剪定しておこう。

収穫

ビックリグミの旬は6〜7月頃である。2cmほどに成長したグミの実で、真っ赤に熟しているもの、かつ果肉が柔らかいものから収穫しよう。

収穫したグミの実の保存方法

グミの実が乾燥するのを防ぐため、袋に入れて保存するとよい。冷蔵庫の野菜室に入れて、1週間を目安に食べきろう。長期保存したいときは、先ほど紹介したジャムがおすすめだ。あるいは、軸を取り除き密閉容器に入れて冷凍保存もできる。冷凍保存したものは、自然解凍してから使おう。

結論

グミの実の特徴や栄養素、主な産地や旬、食べ方や育て方のポイントなどを解説した。スーパーなどで見かける機会は滅多にないかもしれないが、運よく見つけたらぜひ購入して味わってみよう。多めに手に入ったら、ぜひグミジャムも作ってみてほしい。

(参考文献)

この記事もCheck!
  • 公開日:

    2020年4月17日

  • 更新日:

    2021年1月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング