このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】水密桃のカロリーや栄養は?高級桃を解説|栄養図鑑

【管理栄養士監修】水密桃のカロリーや栄養は?高級桃を解説|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年4月23日

水蜜桃(すいみつとう)は、大きくて甘みのある美味しい桃だ。特徴は酸味が少なくジューシーで、果肉が緻密でやわらかである。今回は、品質のよい桃の総称とされる水蜜桃の特徴やカロリー、含まれる栄養成分、美味しい食べ方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 水密桃とは?

最初に水密桃の特徴について紹介しよう。ひとくち食べると、まるで蜜のような果汁があふれだすため水蜜桃という名前がついたらしい。味の特徴は酸味が少なくジューシーなところ。果肉が緻密でやわらかく、華やかな芳香を持つ高級桃で人気を集めている品種だという。

産地のひとつである岡山県で販売されている水蜜桃は著名人御用達の桃であり、超特級(2Lサイズ)3玉で2020年1月現在の価格は4,428円(税込)だ。7月の上~中旬にかけて収穫されており、主に関東地方のお中元の時期である7月中旬頃と出荷時期が重なるため、毎年多くの注文が入っているという。水蜜桃は約2週間のみ収穫される季節限定のフルーツで、一般的な桃と同じくデリケートで傷みやすいことも特徴のひとつだ。

主な産地は香川県・岡山県・山梨県・和歌山県・長野県で、全国でもトップクラスの日照時間を誇り降雨が少ない都道府県だ。インターネット上のフルーツ専門店は仕入れ担当者が、和歌山と山梨の水蜜桃を食べ比べし、そのときに美味しかった桃を届けてくれるという。桃の品種はいろいろとあるが、日川白鳳・白鳳・浅間白桃・なつっこ・川中島白桃など、すべての総称として水蜜桃と名付けられている。

2. 水密桃のカロリーや栄養成分

次に紹介するのは、水密桃のカロリーや栄養成分だ。ジュワ~っとしたたる甘い水蜜が特徴の水蜜桃。生の桃のカロリーは100gあたりで40kcalだ。ちなみに生のネクタリンは43kcal、桃の果汁が30%入った飲料は48kcal、桃の缶詰の液汁は81kcal、黄肉種の桃の缶詰の果肉は85kcalである。

桃に含まれる主な栄養成分は、カリウム・リン・マグネシウム・ビタミンCだ。それぞれの栄養成分の特徴を調べてみると、ナトリウムの排出を促進するカリウムは高血圧予防や筋肉を正常に保つ働きがある。カルシウムの次に人の体内に多く存在するミネラルのリンは歯や骨を丈夫にし、エネルギーを蓄え筋肉や神経の機能を正常に保つ働きがあるという。

マグネシウムは丈夫な骨を作り心疾患予防や精神を安定させる効果が期待できる。抗酸化作用を持つビタミンCは病気や老化から身体を守り免疫力を高め、体内でのコラーゲン生成の助けをする働きがあるといわれている。ちなみに水蜜桃の生産者によっては手間暇を惜しまず、冬場の木の剪定にはじまり独自の研究で作った有機質の肥料を加減よく与え、樹の勢いが最もよく甘い実がなるよう、365日休まず世話をしているという。

3. 水密桃の美味しい食べ方

最後に紹介するのは、水密桃の美味しい食べ方だ。冷やしすぎると甘みが落ちやすいので食べる2~3時間ほど前に冷蔵庫で冷やすか、
30分~1時間前に氷水に入れて冷やしておくとよい。完熟している水蜜桃の皮は簡単にむけるが、果頂部から皮をむくと果肉面はなめらかに。ただし枝付きのほうからむくと果肉がケバだってしまう。

桃はデリケートなフルーツなので、涼しい場所に保存し適熟になったら早めに食べるのが美味しく味わえるポイントだ。

結論

甘くて果汁たっぷりの水蜜桃の特徴やカロリー、含まれる栄養成分、美味しく味わう方法を紹介した。インターネット上で販売する店によると、出荷時期は硬い状態で発送することが多く届いたときに硬ければ、常温で2~3日ほどおくと熟度が進み皮がむきやすくなるという。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ