このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おからパウダーで蒸しパン作りにチャレンジ!低糖質でヘルシー!

おからパウダーで蒸しパン作りにチャレンジ!低糖質でヘルシー!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月16日

最近メディアなどで、低糖質でヘルシーなおからパウダーを使った料理やおやつが人気だ。おからパウダーを使うことで、体重制限中の人や糖質が気になる人も安心して食べられるおやつを作ることができるのだ。今回はいま注目のおからパウダーを使った蒸しパンの作り方について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おからパウダーの魅力

おからパウダーとは、その名の通りおからをパウダー状にしたもので、スーパーなどで購入することができる。おからはもともと食物繊維が豊富で、腸を活発に動かす働きがあるといわれている。さらにおからパウダーは高たんぱくで低カロリーなので、糖質制限がある人や体重制限中の人に注目の食材なのだ。さらにおからパウダーはパウダー状になっているので、保存もしやすくいろいろな調理にプラスする人が増えているようだ。

■おからパウダーの基本的な使い方

おからパウダーは、水分を含むと容量が増えるので、あらゆる料理のカサ増しに使ったり、小麦粉の代用品として使ったりすることができる。腹持ちもよく、さまざまな料理にアレンジして使うことができる万能食材なのだ。今回はそんなおからパウダーを使った蒸しパンの作り方を紹介しよう。小麦粉の代わりにおからパウダーを入れることで、ヘルシーな蒸しパンに仕上がるうえ、味も美味しいので注目のおからパウダー料理だ。

2. おからパウダーを使った蒸しパン作りにチャレンジ!

■材料

おからパウダーを使った蒸しパンは、自宅でも手軽に作ることができるので人気のレシピだ。基本の材料は、おからパウダーとベーキングパウダー、牛乳、ラカントだ。ラカントとは砂糖の代わりになる甘味料で、天然素材でカロリーがゼロなので、糖質やカロリーが気になる人にはおすすめの甘味料である。

■作り方

おからパウダーを使った蒸しパンは、作り方も簡単だ。耐熱ボウルに卵とラカントを入れてホイッパーなどを使って混ぜる。そこに牛乳、おからパウダー、ベーキングパウダーの順に加えてよく混ぜる。耐熱ボウルに生地を流し入れ、ラップをして500Wのレンジで5分ほど加熱する。ふんわりと膨らんだら、容器をひっくり返して網などにのせ、粗熱を取って完成だ。ホールケーキのようになっているので、食べやすい大きさにカットして食べよう。材料を混ぜてレンジで加熱するだけで、簡単におからパウダーの蒸しパンを作ることができる。小麦粉の代わりにおからパウダーを使っているため、低糖質で、体重制限中や糖質制限をしている人でも、罪悪感がなく食べられるのがうれしい。

3. アレンジいろいろ!おからパウダー蒸しパン

おからパウダーを使った蒸しパンはさまざまな材料をプラスすることで、いろいろな味わいが楽しめる。味を変えることで、飽きることなくおからパウダーの蒸しパンを食べることができるだろう。さらに味を変えることで、手づくりスイーツとしても便利なので、アレンジしたおからパウダー蒸しパンを作ってみよう。

■チーズ蒸しパン

通常のおからパウダー蒸しパンでは、味がもの足りないと感じている人はチーズ蒸しパンにしてみるのもいいだろう。作り方は、基本のおからパウダーの材料にクリームチーズを加えるだけだ。材料を混ぜたら、好みのカップや容器に入れて加熱すれば、かわいい形のおからパウダー蒸しパンになるので、おすすめだ。子どものおやつや朝ごはんとしても活躍してくれるレシピだろう。

■ココア蒸しパン

体重制限中や糖質制限をしていても甘いお菓子が食べたいことがある。そんなときは、おからパウダーの蒸しパンにココアを加えるのがおすすめだ。作り方は基本の作り方にココアを加えるだけだ。さらに牛乳を豆乳に変えるとよりヘルシーになるのでおすすめだ。コクのあるココアの味で、おからパウダーを使ったことを忘れてしまうほど、美味しく味わうことができるだろう。

結論

おからパウダーを使った蒸しパンは、低糖質でヘルシーなので体重制限中や糖質が気になる人におすすめだ。作り方も材料を混ぜてレンジで加熱するだけなので、とても簡単だ。さらにチーズやココアなどさまざまな材料を加えることで、いろいろな味わいの蒸しパンを食べることができるのでおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ