このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホットケーキミックスを使ったアレンジの定番?蒸しパンの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年10月21日

ホットケーキミックスアレンジの定番ともいえる蒸しパンは、小腹が空いたときや子供のおやつにおすすめである。懐かしさを感じる優しい味は、何度でもリピートしたくなる美味しさだ。ここではホットケーキミックスを使った蒸しパンの作り方やアレンジ蒸しパンを紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 蒸しパン作りに必要な食材と調理器具

蒸しパンはホットケーキミックスの定番アレンジであるため、パッケージの裏にもレシピが書かれていることがほとんどだ。その作り方を読んで作れば失敗する事はほとんどないが、改めて作り方を確認してみよう。

材料

ホットケーキミックス、牛乳、砂糖やはちみつ、サラダ油、卵

調理器具

ボウル、泡立て器、ケーキカップ
ケーキカップは100円ショップのマフィン型やお弁当に使うアルミカップでもよいが、少し高さのある方が望ましい。高さがないと注いだ生地が流れ出てしまうこともあるので注意しよう。

2. ホットケーキミックスを使った蒸しパンの作り方

蒸しパンは材料を混ぜるだけで生地を作ることができるが、蒸す方法によって作り方は変わってくる。蒸し器を使わずに電子レンジで手軽に作ることができるので、自分に合った方法を見つけてみよう。
  • 卵、牛乳、砂糖をボウルに入れて、泡立て器でよく混ぜる。
  • ボウルにホットケーキミックスを加えて軽く混ぜる。
  • 蒸し器なら15分、電子レンジなら600Wで3分半程度の加熱で完成する。
電子レンジは加熱しすぎると蒸しパンが固くなることがあるので、初めは短めに加熱をして様子を見ながら追加していこう。味を比較すると蒸し器のほうがおいしいという声が多いが、準備や加熱時間が大変な場合は電子レンジで加熱する方法を試してみた方がよいだろう。

3. 蒸しパンにおすすめのトッピングや具材

蒸しパンはそのままシンプルに食べてももちろんよいが、いもやかぼちゃ、豆などと相性が良く、そのままで食べるよりも見た目も美味しく食べられるだろう。ここでは蒸しパンにおすすめのトッピングや具材を紹介していく。

さつまいも

秋の味覚の定番「さつまいも」は、やさしい甘みを加え蒸しパンとの相性がピッタリだ。ごろごろと大きめにカットすれば食べ応えがあり、お腹も満たせるだろう。自然な甘みを活かせるので、砂糖やはちみつなど甘味料を足さなくても美味しく食べられる。

かぼちゃ

かぼちゃもさつまいもと同様、ほくほくとした食感があり、蒸しパンと相性がよい。きれいな黄色や皮の緑の色合いが見た目をよくするので、皮は除かずに蒸しパンに入れるとよいだろう。

甘納豆

蒸しパンの定番甘納豆である。生地の中に混ぜ込んでも良いし、上にトッピングしてもOKだ。白い蒸しパンはもちろん、黒糖や抹茶など色付きの蒸しパンとも甘納豆は相性が良い。

4. 蒸しパンの気になるカロリーは

ダイエット中はカロリーが気になるが、だからといっておやつを完全に抜いてしまうとストレスが溜まりダイエット失敗の原因になる。ダイエット中でもカロリーや量に気をつければ、食べられるおやつもある。
蒸しパンは糖質を含んではいるが油の量が少ないので、洋菓子やスナック菓子に比べてカロリーは低めとなっている。
蒸しパン1個分のカロリーは179kcalとなっており、板チョコ2分の1枚270kcal、ポテトチップス1袋337kcalよりもぐんと低い。サツマイモやカボチャなど栄養のある野菜を使えば、食事だけでは補うことのできない栄養素を摂取できるので、体にやさしいおやつといえる。

結論

蒸しパンは割とヘルシーなおやつで、一緒に入れる具材によっては栄養バランスもよい。ホットケーキミックスを使えば失敗なく簡単に作ることができる。間食や子供のおやつに、手作り蒸しパンをフル活用してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ