このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おからパウダーを使ってパンケーキが作れる!?ヘルシーでモッチリふわふわ!

おからパウダーを使ってパンケーキが作れる!?ヘルシーでモッチリふわふわ!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年4月 2日

おからパウダーをパンケーキに入れるとヘルシーなだけではなく、モッチリふわふわ食感のパンケーキになると話題だ。おからパウダーの使い方によっても、違った食感のパンケーキになるので、今回はそんなおからパウダーを使ったパンケーキをいろいろ比較してみよう!

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おからパウダーを使ったパンケーキの作り方いろいろ

おからパウダーといえば、おからを乾燥させてパウダー状にしたもので、低糖質でヘルシーな仕上がりになると、お菓子作りなどで小麦粉の代用として使用されることがある。そんなおからパウダーはパンケーキにも使用可能だ。使い方もさまざまで、市販のパンケーキミックスにおからパウダーをプラスする方法やおからパウダーのみでパンケーキを作る方法がある。それぞれ、栄養価や食感に違いが出てくるだろう。今回はおからパウダーを使ったさまざまなパンケーキの作り方を見ていこう。自分好みの美味しいおからパウダーを使ったパンケーキの作り方を見つけてみてほしい。

2. パンケーキミックスとおからパウダーを使ったパンケーキ

自宅でパンケーキを作る際は、スーパーなどで販売しているパンケーキミックスを使うことが多いのではないだろうか。今回は市販のパンケーキミックスにおからパウダーと無糖のヨーグルトを加えることで、店のようなハワイアンパンケーキが作れる方法を紹介しよう。

■作り方

ボウルにおからパウダーと牛乳を入れ、レモンのしぼり汁を加え、牛乳が分離するまで10分ほど置いておく。牛乳が分離して固まってきたら、卵とヨーグルトを加えて、さらにパンケーキミックスを加えて混ぜる。熱したフライパンにサラダ油をひき、生地を流し入れ、両面をこんがり焼いていく。この際、弱火で焼くとふんわりきれいな仕上がりになる。おからパウダーとヨーグルトを加えることで、しっとりふんわりとしたホットケーキになるのでおすすめの作り方だ。

3. おからパウダーのみで作るパンケーキ

小麦粉やパンケーキミックスを使わずにおからパウダーのみでもパンケーキを作ることができる。小麦粉やパンケーキミックスを使わないことで、より低糖質なパンケーキに仕上げることができるのだ。

■作り方

ボウルにおからパウダーと卵、牛乳または豆乳、ラカント、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜる。ラカントとは天然素材のカロリー0の甘味料として人気の商品だ。砂糖の代わりに使うことで、カロリーを大幅にカットできるメリットがある。フライパンにサラダ油をひき、生地を弱火で焼いていく。おからパウダーを使っていることで、ヘルシーで低糖質のパンケーキになっている。好みでジャムや生クリームなどをトッピングしてもいいだろう。パンケーキ自体の糖質を抑えることで、通常のパンケーキよりも罪悪感なく食べることができるのだ。

4. おからパウダーと米粉を使ったパンケーキ

おからパウダーに米粉を混ぜたパンケーキもおすすめだ。米粉のもちもち感がプラスされるうえにヘルシーな仕上がりになる。また、おからパウダーや米粉を使うことで、小麦アレルギーの人でも安心して食べられるパンケーキになるのだ。

■作り方

おからパウダーと米粉、砂糖、ベーキングパウダーを混ぜて牛乳か豆乳を加えてよく混ぜる。この際、おからパウダーがふやけるのを少し待つといいだろう。熱したフライパンに油をひき、生地を流し入れて弱火で焼いていく。砂糖をラカントに変えたり、牛乳を豆乳に変えたりすることで、よりヘルシーな仕上がりになる。さらに、入れる豆乳をバナナ味などにすると、ほんのり味の付いたパンケーキになるのでおすすめだ。

結論

パンケーキにおからパウダーを加えることで、低糖質なパンケーキに仕上げることができる。さらにパンケーキにおからパウダーを使う場合は、さまざまな組み合わせがあり、おからパウダーの分量によって味わいやヘルシーさも変わってくる。いろいろな組み合わせを試して、自分好みのおからパウダー入りパンケーキの作り方を探ってみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >