このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【キヌア】をサラダにして食べる!和風でもエスニックでもおいしい!?

【キヌア】をサラダにして食べる!和風でもエスニックでもおいしい!?

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年4月24日

植物性たんぱく質が豊富で、近年ではスーパーフードの代表格とされているキヌア。ベジタリアンやビーガンの人々の絶大な支持を得ているキヌアであるが、実はその淡白な味わいから一般の人にとっても食べやすい食材である。そのキヌアをサラダにして食べる場合のアイデアをいくつか紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 夏向け、見ためも涼しげなキヌアのサラダ

スーパーフードでありながら、プチプチとした淡白な食感で食べやすいキヌアはさまざまな食材の代用となり、かつ相性がよい便利な食物である。もっとも気軽に楽しめるのは、キヌアをサラダにして食べることである。その中でも、夏向きの涼しげなサラダを紹介しよう。

●まずはキヌアを茹でる

キヌアは、まず火を通して食べられる状態にする必要がある。キヌアの倍量の水に塩を少々入れて、弱火で調理する。沸騰したらさらに15分。これで、ひじょうに小さな粒であったキヌアも、米粒くらいの大きさにはなる。火が通ったキヌアは、スープに入れたりしてさまざまに応用ができるのである。

●一般的なキヌアのサラダ

キヌアをいかにもサラダ風に食べるには、トマトや赤カブ、キュウリやズッキーニなどの野菜が活躍してくれる。キヌアそのものはとくに主張が強い食材ではないので、冷蔵庫にある野菜であればほぼ問題なく使えるであろう。また、豆類を加えればさらにヘルシーになる。
夏向きの涼しげなサラダであれば、トマト、アボカド、キュウリなどのほかに、フレッシュチーズなども小さくして加えると美味しい。これに、オリーブオイルと塩と胡椒をかけてシンプルに食べてもよいし、レモンやミントの葉などを加えてアクセントをつけるのもおすすめである。

2. キヌアのサラダをボリューミーに食べるには

キヌアを使ったサラダは、あっさりとしているだけに満足感という点ではイマイチかもしれない。そこで、少しボリュームのあるキヌアのサラダを作ってみよう。

●チキンとキヌアのサラダ

キヌアはとくに、チキンと相性がよい。チキンと食べるためには、赤ピーマンやズッキーニを組み合わせてみよう。野菜類とチキンは小さく切ってオリーブオイルで炒めて、茹でたキヌアと混ぜるだけである。ズッキーニと赤ピーマンの色合いも美しいサラダとなる。

●キヌアとポテトサラダを組み合わせる

ほっこりと美味しいポテトサラダにも、キヌアはよく合う。この場合も、野菜をたっぷりとるためにキュウリやたまねぎを加え、酢できりりと仕上げてみよう。さらにボリューム感を出したい人は、ツナを足してもよいだろう。キヌアは、ほかの食材と同様、つぶしたじゃがいもに混ぜるだけである。じゃがいもの代わりに、カボチャを使ってもよい。

●キヌアのサラダに卵を加える

また、キヌアのサラダに卵を加えればコクも深まる一品となる。卵は、スクランブルエッグでもよいし茹で卵をつぶしたものでもいい。ラディッシュやズッキーニ、ルッコラなどでおしゃれに食べれば、女性の心もとろかす見ためと味になるのである。

3. エスニックにも楽しめるキヌアのサラダ

キヌアのサラダは、通常オリーブオイルで調理したり味付けしたりすることが多い。しかし、キヌアはエスニックにも楽しめるのである。
たとえば、ナンプラーやパクチーで味付けと香り付けをしてセロリや玉ねぎを加えればエスニックな味わいが演出できる。
また、春雨やエビなどを使用して香辛料をきかせた味付けにしても、キヌアはじゅうぶんに料理に順応してくれる。
また、和風にする場合はひじきやキュウリを使ってみよう。味付けは、醤油やレモン、また生姜を使えばキヌアも和風となるのである。

結論

南米原産のキヌアであるが、その優しい味わいから和洋中いずれの食材や味付けとも問題なく食べることができるのが嬉しい。少し高価な食材ではあるが、日常的なメニューに加えるメリットは十分ある。栄養価の高さを考慮し、さまざまなシーンでキヌアを使用して楽しみたいものである。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ