このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
意外と知らない!「調理」と「料理」の違いってなに?

意外と知らない!「調理」と「料理」の違いってなに?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年5月 6日

食事を作ることをなんと呼んでいるだろうか。「調理」と呼ぶ人もいれば「料理」と呼ぶ人もいるだろう。普段は何気なく使っている言葉だが、「調理」と「料理」は似ているようで、意味に違いがある。しかし、明確に違いを答えられる人は少ないのではないだろうか。「調理」と「料理」の意味合いについて、それぞれ詳しく解説していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「料理」とはどういう意味?

「料理」という言葉は平安時代の初期からあり、「料」と「理」という二つの漢字でできている。「料」という漢字には「はかる」、「理」という漢字には「おさめる」という意味があるため、「料理」は「はかりおさめる」ということを指す。つまり、もともと「料理」は計測する行為を表していたのである。

いまとなっては、料理とは食品に手を加えて処理したものや、その方法のことを指す。基本は「生」「焼く」「煮る」「蒸す」「揚げる」という方法だ。食べられる状態に加工することだけではなく、器や盛り付け、テーブルの飾り付けまで含めた総合的な言葉なのだ。また、「料理」は専門のプロだけではなく、主婦など一般の人が食べ物を食べられる状態に加工する場合にも使用される。

「魚を料理する」、「フランス料理」、「家庭料理」のように使うのが一般的だが、「敵を料理する」、「挑戦者を軽く料理する」のようにも使うこともある。

2. 「調理」とはどういう意味?

調理の「調」は「しらべる」とも読み、「ととのえる」ということを表している。一方で「理」には「磨き整える」「おさめる」という意味がある。つまり、「調理」とは「整えておさめる」ということとなる。

一般的に「調理」とは、材料を食べられる状態に仕上げる作業と技術のことを指し、「食べ物を作る技術」という意味合いが強い。味作りの技術面に限定して使用される言葉である。「洗う」「切る」「混ぜる」といった物理操作や、「煮る」「蒸す」「焼く」といった加熱操作を含む。また、料理を作るときに使う包丁や鍋類、ヘラなどの道具のことを調理器具という。

食べ物を食べられる状態にすることを専門技術と考えた場合には、「調理」という言葉が使われ、「調理法」、「調理技術」という。そのため、料理を作るプロのことは「調理師」と呼び、調理師を養成する学校は「調理専門学校」と呼ばれるのだ。このように、料理を作るプロが食べ物を食べられる状態に仕上げる場合には「調理」と呼ばれる場合が多い。

3. 「料理」と「調理」はどのような場面で使う?

それではここで、「料理」と「調理」がどのような場面で使われるのか、具体的な例を挙げて見てみよう。

・「料理」

「食べ物を作る」という意味の場合は「料理」という言葉を使うことから、「料理屋」「魚料理」「料理レシピ」という使い方をする。できあがった食べ物も「料理」と呼ぶため、「日本料理」「フランス料理」のように使う。家庭などで食事を提供する場合も「料理」という使い方が正しい。

・「調理」

プロが食べ物を食べられる状態に仕上げる場合には「調理」と呼ぶ。ほかに、食材を加工したり盛り付けを行ったりするための場所は「調理台」と呼び、それらを行う場所を「調理場」と呼ぶ。また、「調理師」は国家資格が必要であるが、「料理人」には資格は必要ないため、誰でも名乗ることができるという点で違いがある。

結論

ここでは、料理と調理の違いについて解説してきた。普段何気なく使っている言葉ではあるが、それぞれの意味にははっきりとした違いがある。「料理」は処理したものや方法のことであり、「調理」は作業や技術を指すものだ。家庭で食べ物を扱う場合は「料理」、レストランなどプロの手によって施される場合は「調理」と考えると、わかりやすいだろう。示す範囲や専門性が違うため、言葉の意味を理解して正しく使い分けよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ