このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コーラ】の砂糖はスティックシュガー何本分?他のジュースと比べてみた!

【コーラ】の砂糖はスティックシュガー何本分?他のジュースと比べてみた!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年5月28日

いまやジュースは子どもだけでなく大人にもよく飲まれる飲み物だ。なかでもコーラは昔から愛されている定番飲料だ。いまではシーズンごとに新しいフレーバーや期間限定のフレーバーも販売されている。しかしコーラには大量の砂糖が使われていると聞いたことはないだろうか。ここではその真偽を明かしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コーラに砂糖が多いって本当?

コーラは自販機やスーパーで購入して飲めるだけでなく、ファストフード店やファミレス、居酒屋などでも飲むことができる。目を引く褐色の液体と飲み慣れた味わいが特徴的で幅広い世代で飲まれており、日本を代表する炭酸飲料となっている。しかしコーラにはつねに健康に悪影響を及ぼすという噂がついて回る。なかでも砂糖の含有量が多いことがさまざまなところでいわれているのだが、実際にどのくらい含まれているかは知らないという人も多いだろう。

コーラに含まれる砂糖の量はメーカーによって多少異なるものの、500mlあたり約55gの砂糖が含まれているとされる。55gと数字だけ聞いてもピンとこないかもしれないが、1本3gのスティックシュガーで考えると約18本も入ることになる。コーヒーや紅茶にも砂糖を入れることがあるが、カップ1杯分(200ml)に入れるスティックシュガーの量はせいぜい1本で、500ml飲む場合でも多くて3本くらいが限度だろう。コーラの砂糖の量はその6倍ということになり、いかに砂糖が多く含まれているか分かる。

2. コーラとほかのジュースを比べてみる

コーラに含まれる砂糖の量が多いのは分かったが、砂糖の量が多いのはコーラだけなのだろうか。たとえば同じく炭酸飲料のサイダーに含まれる砂糖の量は500mlあたり約55gとコーラとほぼ変わらない。つまり同じ炭酸飲料であれば含まれる砂糖の量はそれほど大差ないといえるわけだ。

では炭酸が入っていない果汁ジュースはどうだろうか。果汁ジュースの砂糖の量はメーカーによってまちまちであるため、一概にどのくらい含まれているかは断言できない。果汁含有量が少ないジュースは甘みを出すために砂糖が多く使われており、コーラやサイダーと同じくらい入っていることもある。盲点となりがちなのが果汁100%ジュースだ。果汁100%と聞くと砂糖がまったく含まれていないと勘違いしがちだが、果物に含まれる果糖という成分は砂糖と同じ糖類であるため摂り過ぎには注意が必要なのだ。ジュースは全体的に砂糖が多く使われていると思ってよいだろう。

3. カロリーゼロのコーラと比べてみる

コーラの甘さのもとになる砂糖はカロリーをもつ。カロリーを抑えるためには砂糖の使用量を抑えなければいけない。コーラは飲みたいけどカロリーは抑えたいという人向けに販売されているのがカロリーゼロ、または糖質ゼロのコーラだ。しかし砂糖の使用量を抑えている、または不使用のカロリーゼロのコーラでも十分に甘みを感じることができる。この甘さの正体は人工甘味料である。人工甘味料は砂糖と同等または砂糖よりも強い甘みをもっているが、カロリーの低い甘味料の総称である。有名な人工甘味料にアスパルテームというものがある。そのためカロリーゼロコーラと普通のコーラを比較した場合、カロリーゼロのほうが砂糖の使用量は少ない。

砂糖の摂取量を抑えるという目的でいうならばカロリーゼロはおすすめだが、デメリットもある。人工甘味料という言葉からも分かる通り、自然由来の糖類ではないため人体に与える影響が不明であるという点だ。正確な結論は出ていないものの身体に悪影響を与える可能性があることも指摘されている。

4. コーラを飲みたいけどどうすればよい?

砂糖の摂り過ぎを抑えたいならばコーラを飲まないのがもっとも手っ取り早い。だが、コーラを飲まない代わりにほかの炭酸飲料やジュースを飲んでしまっては意味がない。コーラを飲みたくなったときは、砂糖が入っていないコーヒーや紅茶または砂糖を入れて飲むことがない緑茶などを飲むようにしよう。コーラは飲み始めると止まらなくなってしまうため、意識して飲む量を調整するのはなかなか難しい。そのためコーラをまったく飲まないようにする必要がある。

とはいっても我慢をし続けた結果ストレスが溜まってしまったとなってはしょうがない。そんなときはコーラを飲む日と量を決めるのがおすすめだ。あらかじめルールを作っておけば自制がしやすい。飲み過ぎないよう注意しながらうまくコーラと付き合っていこう。

結論

コーラに砂糖は多く含まれており、500mlあたりの砂糖の量はなんとスティックシュガー18本分だ。コーヒーや紅茶を飲むときに使う砂糖の量と比べると圧倒的に多いのが分かる。健康志向の人のために砂糖の代わりに人工甘味料を使ったカロリーゼロのコーラも売られている。しかし人工甘味料にはデメリットがあることを認識したうえで上手に活用しよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >