このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
肉うどんの作り方を紹介!下処理や簡単レシピアイデアも!

肉うどんの作り方を紹介!下処理や簡単レシピアイデアも!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年3月10日

うどんにはあっさりとしたアレンジが多いが、ボリュームたっぷりで食べごたえを十分に感じたいときは肉うどんがおすすめだ。店で肉うどんを食べることはあっても、家ではなかなか作れないという人も多いだろう。ここでは、肉うどんの作り方について詳しく解説していきたい。

  

1. 意外とシンプル?肉うどんの食材の選び方

それではまず、肉うどんにはどのような食材が使われるのかを見ていきたい。

うどん

肉うどんに必須のうどん。うどんには乾麺や茹で麺、冷凍麺などさまざまな種類がある。それぞれ手軽さや味、食感などに特徴があるので、好みで選んでみよう。

肉うどんに使われるのは主に牛肉や豚肉の薄切り肉だ。関東では豚肉、関西では牛肉を使われることが多い。薄切り肉といってもいろいろな部位があるが、スーパーではもも肉やロース、バラ肉をよく見かける。

めんつゆ

うどんのつゆは、出汁と醤油、みりん、砂糖などを加えて作る。もし出汁をとるのが面倒な場合や、味付けに自信がないときは市販のめんつゆを使うのもよいだろう。

野菜類

基本的には肉うどんには玉ねぎや長ネギを使うが、量が少量なので1食分の野菜の摂取目安量と比較すると少なめだ。人参やもやしなど、冷蔵庫で余っている野菜を玉ねぎと一緒に追加してみよう。

2. 肉うどんの下処理のコツとは?

肉うどんにのせる肉は、玉ねぎと一緒に炒めて調味液で煮る作業が必要だ。この作業はうどんが仕上がるまでにしておきたい。必要な材料は、醤油、砂糖、みりんであり、先に肉を油で炒めてから玉ねぎを追加し、やわらかくなったところで調味液を足して煮る。ポイントとしては、みりんにはアルコールが含まれているため一度煮立てるという点だ。その後弱火でじっくりと煮込んで、肉や玉ねぎにしっかりと味をしみ込ませよう。
乾麺を使用する場合、麺を茹でるときのポイントは、鍋にたっぷりとお湯を沸かすことだ。麺が湯のなかで循環するのでムラがなく茹であがる。鍋が小さいときは、麺の量を減らして少しずつ茹でよう。また、茹でたうどんは流水で洗ったあとザルにあげて、しっかりと水をきるとよい。ぬめりがとれ、なめらかでツヤのあるうどんが味わえる。

3. 肉うどんの簡単な作り方とは?

肉うどんは麺を茹でてスープに入れ、具材をトッピングするだけの簡単な料理である。しかし、忙しいときや疲れたときにはより簡単に作りたいと思うかもしれない。ここでは、肉うどんをより簡単に作る方法を紹介していきたい。

牛丼の具を作り置き

肉と玉ねぎで作る肉うどんのトッピングは、牛丼の具と同じものでもよい。牛丼を作った際にまとめて作っておき、保存しておくと便利だ。牛肉や玉ねぎを調味料と一緒に耐熱ボウルに入れ、電子レンジで加熱して具材を作る方法もある。片付けをスマートにしたい、なるべく火を使いたくないという人は試してみよう。

冷凍うどんをレンジで加熱

ここ近年の冷凍うどんは、電子レンジで加熱して温めることも可能。水を沸かす必要がないので片付けがしやすく時短にもなる。ただし、すべての冷凍うどんがレンジ加熱可能というわけではない。パッケージを確認してから使うようにしよう。

めんつゆを使う

うどんのつゆは、和風出汁に醤油やみりんを入れて作るのが普通だ。しかし、出汁をとるのが面倒なときや、味付けがうまく決まらないときは市販のめんつゆをおすすめしたい。めんつゆはストレートで使えるものやお湯で割って使うものがあるので、くれぐれも使う量には気をつけよう。

結論

肉うどんはほかのうどんに比べると家で食べる機会は少ないかもしれない。しかし、ポイントさえおさえれば手間をかけず簡単に作ることも可能である。めんつゆや冷凍うどんなど、時短アイテムをどんどん使って手軽に美味しい肉うどんを作ってみてほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月10日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ