このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カイザーシュマーレンについて知ろう!名前の由来や作り方を紹介

カイザーシュマーレンについて知ろう!名前の由来や作り方を紹介

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年3月29日

カイザーシュマーレンという言葉を聞いたことがあるだろうか。おそらく、あまり耳にしたことがないと答える人が多いのではないだろうか。ここでは、カイザーシュマーレンについて詳しく解説していくとともに、実際の作り方まで紹介していくので、ぜひ興味をもってもらいたい。

  

1. カイザーシュマーレンはウィーンのパンケーキ

カイザーシュマーレンとはどのような食べ物か、詳しく紹介していくので、ぜひ知ってもらいたい。

単語の意味

はじめに、カイザーシュマーレンの単語の意味について説明していく。まず、カイザーは皇帝という意味をもっている。そして、シュマーレンには引き裂いたもの、こすりつけたもの、つまらないもの、切れ端といったさまざまな意味をもつ。この2語を合わせて直訳すると「皇帝がこすりつけたもの」という少し分かりづらい意味になるが、次にあげる発祥や歴史を知ってもらうことでイメージがつかめるのではないだろうか。

発祥や歴史

カイザーシュマーレンには、興味深い発祥や歴史があるので、注目してみてもらいたい。それは、宮廷の料理人がパンケーキを焼いていた際に引っくり返そうとした時に失敗してしまい、パンケーキが割れてバラバラになってしまったそうだ。失敗作となってしまったパンケーキだが、皇帝がそれを気に入りそのまま好物となったという歴史をもっている。
これらのちょっと変わったおもしろ歴史から「皇帝風パンケーキ」という呼び名が付いた。カイザーシュマーレンは、ウィーンのパンケーキとしてカフェやレストランなどで温かいデザートとして食べられ、多くの人から親しまれている。

2. カイザーシュマーレンの作り方

カイザーシュマーレンの基本的な作り方や、美味しく作るためのコツについて紹介していくので、参考にしてもらいたい。カイザーシュマーレンは家庭的なお菓子である。通常のパンケーキよりもサクッと軽い食感となっていて、表面はとくにサクサクとした美味しいデザートである。カイザーシュマーレンという名前だけを聞くと家で作るのは少し難しそうに感じてしまうが、じつはとても簡単に作ることができるので、ぜひ挑戦してみてもらいたい。

材料

  • 薄力粉
  • 卵黄
  • グラニュー糖 (卵黄用)
  • 牛乳
  • 卵白
  • グラニュー糖 (卵白用)
  • ラムレーズン
  • 有塩バター
  • いちごジャム
  • 粉糖
  • ミント (葉)

作り方

ボウルなどに卵黄、グラニュー糖、塩を入れ、泡立て器で混ぜ合わせていく。さらに、薄力粉をふるいながら入れて、ゴムベラで混ぜ合わせる。全体的に粉っぽさがなくなってから、牛乳を少しずつ加えて混ぜ合わせる。別のボウルに卵白を入れて、ハンドミキサーで泡立てていき、途中でグラニュー糖を加えて8分立てのメレンゲにする。卵黄と薄力粉を混ぜたボウルにメレンゲを3回に分けて加えながら、ゴムベラで泡をつぶさないように混ぜていく。フライパンにバターを入れて中火で熱し、溶けたら弱火にして生地を流し入れラムレーズンを散らす。表面にフツフツと穴が開いてきたら、裏返して中までしっかりと火が通るまで弱火で3分ほど焼いていく。中まで火が通ったら、火からおろし、菜箸やフライ返しなどで生地を細かく切り分ける。皿に盛り付けて、いちごジャムをのせ、粉糖をかけてミントを添えたら完成となる。

コツ

ダマになりやすいので、薄力粉をしっかりとふるいながら加え、牛乳も少しずつ加えていくのがポイントだ。生地が柔らかいため裏返しにくいが、最終的に細かく切り分けるのでとくに気にする必要はないだろう。また、生地を焼き過ぎてしまうと硬くなり美味しさが半減してしまうので、ふんわり焼くようにするとよい。

3. ホットケーキミックスで簡単カイザーシュマーレン

ホットケーキミックスを使用して作る、簡単なカイザーシュマーレンの作り方や美味しく作るためのコツについて紹介していく。

材料

  • ホットケーキミックス
  • 卵黄
  • 卵白
  • 牛乳
  • 砂糖
  • ジャム
  • 粉砂糖

作り方

ボウルに卵白を入れて、泡立て途中で砂糖を加えながら、8分立てのメレンゲを作っておく。別のボウルに卵黄、牛乳を入れて混ぜ、ホットケーキミックスを加えて混ぜる。泡立てたメレンゲを3回に分けて加え、ゴムベラで切るように混ぜる。フライパンにバターを溶かして生地を焼き、表面にフツフツと穴が開いてきたら裏返して中までしっかりと火が通るまで焼いていき、そのままフライパンの中でフライ返しなどで切り分ける。ジャムを全体に絡めて、皿に盛り粉砂糖をふったら完成となる。

コツ

ホットケーキミックスを使うことで、薄力粉をふるうというひと手間を省くことができるので、時短につながるだろう。また、ジャムを絡めるときは生地のふんわり感を崩さないように、優しくフライパンをゆすりながら混ぜるとよいだろう。

結論

本記事では、カイザーシュマーレンについて詳しく紹介してきた。おもしろい発祥や歴史から、少し親近感がわいた人もいるのではないだろうか。そして名前からは想像がつきにくいが家でも簡単に作れることを紹介してきたので、お菓子作りに活かしてもらえたら幸いである。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング