このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
椎茸

しいたけには消費期限や賞味期限がない?傷みを見分ける方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2022年4月14日

しいたけは、きのこの定番だ。干ししいたけは加工品としても活躍してくれる。そんなしいたけだが、ほかの野菜同様、消費期限や賞味期限が記載されていないことがほとんどだ。一体なぜだろう?実際にしいたけの消費期限や賞味期限はどれくらいなのだろう?今回はその正解と傷みを見分ける方法をリサーチしていこう。

  

1. しいたけの消費期限や賞味期限について

椎茸
しいたけには、消費期限や賞味期限が記載されていない。しかし干ししいたけには賞味期限が記されている。その理由はどこにあるのだろうか?疑問に答えていこう。

記載されていない

厚生労働省で定められている食品の表示に関する内容を見てみると、乾燥した野菜や果物には賞味期限の表示が義務付けられているが、野菜や果物には表示が義務付けられていない。このため生のしいたけには、消費期限も賞味期限も記載されておらず、干ししいたけには賞味期限が記されているのだ。(※1)

2. しいたけの消費期限は実際どれくらい?

干し椎茸
しいたけは消費期限の表示が義務付けられていない。とはいえ、腐らないわけでない。ここでは、しいたけの消費期限、そして干ししいたけの賞味期限について解説をしていこう。

保存方法と期間

しいたけに限らず、きのこは洗わずに食べるのが基本だ。これは洗ってしまうとせっかくの風味が落ちてしまうから。水分が付くと腐敗にも繋がりやすいので注意したい。汚れている場合のみ、湿らせたキッチンペーパーで拭こう。
また、しいたけを買ってきたら、そのまま冷蔵庫に入れてしまいがちだが、キッチンペーパーで包んで保存袋に入れるとぐっと長持ちする。軸側を上にしてキッチンペーパーで包み、野菜室に入れるといい。日持ちは1週間ほどだ。
さらに、しいたけをはじめとするきのこは冷凍にも向いている。この場合は石づきを取りのぞき、軸とかさに分けて、軸はまとめてラップに包む。あとはすべてを保存袋に入れて冷凍庫にしまうだけ。冷凍をすると旨みがアップするだけでなく、味もしみやすくなる。日持ちは1か月ほどだ。
また干ししいたけは、保存性が非常に高い。干すという技術は冷蔵や冷凍の技術がまだ発達していない頃から活用されてきた保存方法で、その歴史は1500年以上だとされている。干ししいたけは常温で1年ほどは保存できるとされていることから、毎日の暮らしにはもちろん、非常食としての可能性にも注目が集まっている。

3. しいたけが消費期限切れになったら?

木製ブロックにNGの単語
しいたけには消費期限の表示義務はないが、日にちがたつと腐敗したり、美味しさが半減する。ここでは食べられなくなった=傷んだしいたけの見分け方を解説していこう。

傷んでいるか判断する方法

しいたけが傷んでいるかどうかを見分けるのはなかなか難しい。判断材料となるのは見た目と臭いだ。
  • カビが生えている
  • 水分がでている
  • 異臭がする
  • 糸を引いている
  • 全体に黒ずんでいる
新鮮なしいたけは、かさの内側や軸が白っぽい。さらにハリがあり、ぬめりなどがない。全体的に黒っぽくなり、手で持つとぎゅっと水分を感じる場合は腐敗の可能性が高い。無駄にしないよう、すぐに食べられない場合は冷凍保存するのが正解だ。

結論

しいたけは消費期限の表示義務がない。しかし、日が経てば腐敗するので注意が必要だ。冷蔵庫で保存できるのはおよそ1週間。それ以上になる場合は、冷凍保存するのが断然おすすめだ。すぐに食べない場合は、一旦冷凍するといいだろう。解凍せずそのままで使うことができる。また、干ししいたけは常温で約1年保存が効くので、うまく活用したい。
(参考文献)
  • 更新日:

    2022年4月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧